本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

大会情報

第1回猪苗代湖畔ハーフマラソン

  • 2010年9月5日 (日)
  • 福島県(会津若松市)
Information

種目:ハーフ,10km,5km,3km,2km,1km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
 


46.8

(現在の評価数103人)

評価&ランキング

■みんなの評価

レース前

分かり易い最終案内
大会WEBサイト
アクセスが便利
充実した施設
充実した誘導・案内
応援者でも楽しめる

レース後

すばらしい参加賞
いち早い記録発表
表彰対象者が多い
熱意ある大会運営
独自の特色を持つ
適切な参加料設定

レース中

障害者に優しい
適切なコース幅
緩やかな制限時間
楽しめるコース設定
的確な距離表示
充実した給水所
熱心な沿道応援
走路の安全確保

みんなのレポート

評価者:103人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

第一回だから?

出場種目:

厳しいコメントあります。そのとおりでした。
来年も...参加したいなぁ。

このレポートは共感度になりましたか? 321

地元の大会で参加しました!

出場種目:

ハーフに参加しました。アットホーム的でよかったです。特に選手宣誓が。 係や地元の人は、よくやってくれてましたが、当日の受付開始が6時過ぎでした。前日の受付でも不手際があったとか?開会式の代表者挨拶が二人も代理者(理由が、区の運動会参加のため)とは!。ハーフの8km折り返し選手と8kmへ向かう選手とが、ぶつかりそうになっていた。見通しの悪いカーブに係員もいなければ、真ん中にコーンもない。狭い道路に路上駐車の車が。狭い道をジェットスキーを牽引した車がやってくる。9kmのエイドから水切れ。駐車場と駐車場の間の道路をコースにしているので、ゴールした選手が帰れない。等など、私が見聞きしただけでもこれだけありました。これまで何回かの大会に参加しましたが、これだけあるのは、稀ですね。来年、改善されること望みます。もちろん来年も参加しますから・・・・・。

このレポートは共感度になりましたか? 476

がっかり

出場種目:

今年からいろいろなレースに参加してますが、今回が最悪でした。まず、給水が少ないのは残念でした。自分でゼリー持参していてよかったです。無ければ多分倒れていたかもしれません。途中の給水ポイントでコップの使いまわしもありました。あと、傾斜が15度もある坂を越えてすぐに折り返しというセッティングは危険だと思います。コースにマリンスポーツの人たちのクルマが路駐でコースが狭い。そもそもコースに路駐があるレースは初めてです。最悪はレース中にクルマがコースに入って来てました。障害者の方に不親切な大会です。来年は皆さんが言っている指摘事項の改善をもとめます。改善したら、ホームページ上で報告してください。それがなければ来年以降は参加しません。初めての大会といえども酷すぎです。

このレポートは共感度になりましたか? 293

すごい大会でした。

出場種目:

ハーフに参加しました。
・開会式が長すぎる。選手宣誓はいらない。
・スターと地点が分からない。スタートが笛であった。
・コースに「いろは坂」があり、この猛暑ではかなりきつい。せめてフラットとは言わないが、暑い時期に行うのであれば、もう少しコース設定を考えるべき。
・確かに給水はなかった。給水所の中学生が「水はありません」と一生懸命謝っていたのが印象深かった。
・途中スポンジはあったが、水はなかった。スポンジで汗を拭けということですか。
以上、次回があるならば考えてほしい内容です。
※途中で足が痙攣し、タイム的にも満足のいかない大会でした。個人的にはもっと練習をしなさいということを教えられた大会と思っております。

このレポートは共感度になりましたか? 332

遅ればせながら

出場種目:

厳しい評価が多いとは言えこれだけの投稿数はある意味すばらしいと思います。私も一言言わずには済まない気がして遅ればせながら投稿します。大会要項を見て「5k折り返し地点に係員の名前が明記されていなかった時点で、主催者に尋ねておけばよかったのか」とか「アップで下見に行った時、折り返し点を確認したので、自信を持って折り返せばよかったのか」とかいろいろ自分なりに反省しましたが、現場でできることではなかったのです。それにしても最も主催者に読んで頂きたいことは、『片手落ち』だということです!わいわい騒いだ5k女子の部は、自己申告の表彰などして頂きましたが、一緒に走った中学生男子の部は全く違った形で表彰しています。女子と同じように上位者は、折り返し地点を通り過ごして、10k走って戻ってきたのです。初めのクレームの時には、その場にいた中学男子の上位者も、あまりにもめているので、「表彰などどうでもいい」と帰ってしまったようです。(一般女子の1位の方も)新潟から来たあの2位か3位を走っていた中学生・・ごめんね。このランネットに載っている中学生記録はでたらめ。他も参考記録とは言えいい加減

このレポートは共感度になりましたか? 352

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    199件投稿
  2. 2位 hiro_run さん
    160件投稿
  3. 3位 meru_ron さん
    147件投稿
  4. 4位 こここ さん
    144件投稿
  5. 5位 ハセP さん
    135件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2017/08/21
    ゲレンデ逆走マラソン2017 3時間ゲレンデ・・・
    3時間耐久レースという過酷なイメージとは異なり、 逆走マラソンの場合、ちょっと“・・・

  2. 2017/08/20
    ゲレンデ逆走マラソン2017 磐梯山ハーフマ・・・
    ゲストランナーとして昨年まで巨人で活躍した“走塁のスペシャリスト” 鈴木尚広氏が・・・

  3. 2017/08/04
    第3回 奥比叡・仰木棚田トレイルラン大会
    暑い中、たくさんのご参加誠にありがとうございました。 次回、開催時の参考にいたし・・・

  4. 2017/07/31
    Mo-FESTA2017大阪
    ひげを身に付け、走ったり、歩いたり・・・ユーモラスに男性のがん、男性の健康を考える・・・

  5. 2017/07/25
    2017花蓮太平洋縦谷マラソン
    雄大な太平洋の側からスタートして静かな海岸山脈の県道193号を通り、眼下に望む花東・・・