本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

NOZAWA TRAIL FES

  • 2019年8月3日 (土)
  • 長野県(野沢温泉村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.nature-scene.net/nozawa/
種目:トレイルラン27km,トレイルラン12km(ダウンヒル),トレイルラン2km,トレイルラン1km 

  • RCチップ
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
 


67.6

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.0 pt

(現在の評価数56人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

装備品の明示
分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

■大会のおすすめポイント

  • 家族で楽しめる
    12
  • 友達・同僚と楽しめる
    27
  • 記録が狙える
    4
  • 初心者向き
    11
  • シリアスランナー向き
    18
  • 自然満喫
    42
  • 観光名所とセット
    23
  • おもてなし
    8

みんなのレポート

評価者:56人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

ダウンヒル最高!

出場種目:トレイル

今年のKTFの大会には、ほぼ毎回エントリーさせていただいています。ほかの運営会社の大会にも参加させていただきますが、やはり初心者にもアットホームな雰囲気はほかの運営団体にはない魅力だと感じています。これからもずっと魅力的な大会を開催していって欲しいと願います。

このレポートは参考になりましたか? 4

下りと酷暑

出場種目:トレイル

夏のスキー場を生かしたコースレイアウトと野沢温泉の地形を生かしたトレイル。どちらも素晴らしいですが、ちょっと下りがエグすぎ。そして暑かった。

天候は仕方ないけど、久しぶりに汗かいたなーって。

多分また出ちゃうんだろーなー

このレポートは参考になりましたか? 1

下りの坂は快適!

出場種目:30kmマラソン

最初の下りは、快適に下り快調ですが、後半の上りは非常に登りがいのある大会でした。苦しみながらも、楽しめた大会でした。また是非参加したい大会です。

このレポートは参考になりましたか? 0

とにかく暑かった!

出場種目:トレイル

野沢トレイル初参加です。ダウンヒルスタートの気持ちの良いレースと思っていましたが、その後、北竜湖を回って小菅神社への長い参道の階段がめちゃきつく、休憩を入れながらやっとの思いで登り切った後は、ブナ林の原生林の中を気持ち良く走りきることが出来、調子の良さを感じていたのもつかの間、激坂下りで、相当足に負担をかけてしまい、その後の林道では走ることも出来ず、ひたすら歩いて第二エイドに到着。休憩後、歩いているよりは走っている方が風を受けて気持ち良いことにきづき、何とか最後は走りきってゴールすることが出来ました。完走後は地元の焼肉屋さんやバーにて野沢温泉村の夜を楽しみ、翌日は朝市や共同浴場めぐりを4軒回って、野沢を後にしました。

このレポートは参考になりましたか? 3

サディスティックなコース

出場種目:トレイル

ロードレースの少ない夏場のトレーニングに位置付け、昨年に続いてロング2回目の参加です。昨年は、分岐点に掲示してある茶色の下地に白の矢印のコース表示を2度見落としてルートを間違え、2.3km余分に走ってしまいました。原因は、濃いめのサングラスをしていたため走行中にいつの間にか現れる分岐点で表示が見にくかったことにありました。今回は分岐点の表示に気をつけ、急な登りは歩いて後半に脚力を残すことを心がけました。終盤に失速はしましたが、昨年の記録を15分短縮し、思いがけず年代別で入賞することができました。サディスティックなコースで、フルマラソン以上に過酷です。大会2日後も筋肉痛で走れません。しかし、「喉元過ぎれば」の諺どおり、来年のゴール後のビールと温泉を楽しみにしています。

このレポートは参考になりましたか? 0

大会ランキング(種目・フルマラソン)

  1. 1位 第2回 長崎Trial Marathon
    50.3点

大会ランキングの続きを見る

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    88件投稿
  4. 4位 マルピー さん
    72件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    66件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  2. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  3. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  4. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  5. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・