本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

2013越後湯沢秋桜ハーフマラソン

  • 2013年9月29日 (日)
  • 新潟県(湯沢町)
Information

大会オフィシャルページ:http://yuzawa-cosmos.jp/
種目:ハーフ(21.0975km),10km,2km,1km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
 


85.0

(現在の評価数104人)

評価&ランキング

■みんなの評価

インフォメーション

HPの大会前情報
大会間近の情報公開
大会後のHP更新
分かりやすい参加者案内

会場

会場案内
受付/ナンバーカード事前送付
スタッフ、役員
更衣室
荷物預かり
スタート前、フィニッシュ後の給水
飲食ブース

コース・スタートエリア

スタートエリア管理
楽しめるコース設定
見やすく正確な距離表示
エイドステーション/救護所
トイレ
応援

記録

年代別表彰区分
計測ポイント
オンラインの記録速報
後日発送の完走証
当日完走証

総評

レース以外のランナーサービス
来年の参加

みんなのレポート

評価者:104人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

美しい新潟を楽しめる大会☆″

出場種目:ハーフ

○4年連続で参加しています。1年で最も楽しみにしている大会です。初秋の新潟は美しい。様々な色の秋桜、シュウメイ菊、百日紅、薔薇、花々だけでなく、青空と緑も美しい。○参加賞が魚沼産コシヒカリと柔らかなタオル。越後湯沢の駅構内で前日受付可。しかも無料温泉券を2枚も頂ける。○コースが素晴らしい。スキー場、魚野川沿い、大源太湖方面の登り、一気に下り坂、温泉街…これだけ変化に富んだコースはないだろう。○ゲストが最高!箱根駅伝で有名な上武大学の花田監督と選手達。監督自らの準備運動やアドバイスを頂ける。川端康成の雪国からミス駒子も走るし、今年は増田明美さん!流石のトークで会場が沸きました!○期待を裏切らない日本晴れ、そして素晴らしい大会です!

このレポートは共感度になりましたか? 60

毎年参加しています

出場種目:ハーフ男子

友人と年1回の温泉宿泊、RUN、おいしい昼食をたのしみに参加しています。
宿泊するホテルも荷物預かりから走った後の温泉入浴までいただけるのでありがたく、湯沢町全体のおもてなしの心を暖かく感じています。
毎年参加したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

このレポートは共感度になりましたか? 55

コース変更で更にきつくなった

出場種目:ハーフ男子

ゴール前の周回がなくなったことは知っていましたが、その分上りが長くなったことは知りませんでした。おかげで昨年までより余計きつく感じました。昨年に続く暑さで後半はバテバテでした。ゴール後の記録証発行はちょうどピークだったらしく大混雑でした。わたしは着替えを済ませてから行ったので待たずに済みました。
毎年参加しておりほとんど満点の大会ですが、1点だけ検討をお願いします。
ウェーブスタート第2グループの並ばせ方がまずい。(1)まずプラカードの出し方が遅い。(2)第1グループの人数から並ぶ位置は予想できると思うがプラカードの位置が前すぎた。
ネットタイムの順位は意見が分かれると思いますが、順位表はグロスのほうがよいと思います。

このレポートは共感度になりましたか? 55

坂・坂・坂

出場種目:ハーフマラソン

景色がとてもきれいで温泉街の応援は疲れた身体に元気を与えてくれる。
アップダウンがきつく、フルマラソンの練習として参加しています。

このレポートは共感度になりましたか? 50

新潟県で開かれる首都圏の大会

出場種目:男子ハーフ

故郷の大会に参加するのは100日ぶりであろうか。
秋桜マラソンは初めて走る大会であるが、脚が覚えている、同じような道を何度も走っていた事に気がつく。
村落の山際まで整備された水田地帯が広がっており、農道を山に向かって数分も走るといつのまにか山道を走っていることになる。この地勢は平らな所をすべて水田に変えてきた新潟の山間部独特のもので、その感覚を脚が覚えていたのであろう。
ハーフを走る間にも山、里、市街地を通り抜ける。
新潟県民にとっては当たり前の風景だが、首都圏の参加者には珍しいのであろう。東京からの移動時間が短いことも相まって新潟県からの参加者を東京都からの参加者が上回ったのは、もはや当然の事であるのかもしれない。
新潟県で開かれる首都圏の大会という趣であるが、大会運営も万人に受け入れ易いものになっているのは他のレポートを読んでも分かる通りで、誰でも楽しめる大会になっていると云えよう。

このレポートは共感度になりましたか? 46

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    89件投稿
  4. 4位 マルピー さん
    74件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    72件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  2. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  3. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  4. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  5. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・