本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第5回 上州武尊山スカイビュートレイル

  • 2018年9月23日 (日) ~ 24日 (月)
  • 群馬県(川場村・みなかみ町・片品村)
Information

大会オフィシャルページ:http://yamadanoboru.com/
種目:120km(約129km),70km(約75km),30km(約32km)

  • RCチップ
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
 


80.4

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.3 pt

(現在の評価数67人)

主催者からのメッセージ

第5回 上州武尊山(ジョウシュウホタカサン)スカイビュートレイルにエントリーくださり、感謝・感謝です。
大会当日にお会いできますことを楽しみに、準備を進めていきます!

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

装備品の明示
分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

みんなのレポート

評価者:67人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

難所の連続に耐えきれず3連続KO、でも一歩前進

出場種目:トレイル

上州武尊スカイビュートレイル、山田昇メモリアルカップ120(YNMC)に3年連続出場。距離は約129km、累積標高差9200m以上で、特に標高差ではUTMF以上の難コース。

YNMCは川場村役場周辺の会場を起終点とする循環コース。W1付近で往復路の重複区間があるが、舗装路や林道なので幅は十分。

剣ケ峰や武尊山頂付近はタフでテクニカル。一方でゲレンデの直登も4回。気温や天候も含め様々な状況への対応力が求められるレース。

自分の結果は今年もDNFで3連敗。苦手の泥濘が昨年よりはましだったのでA4迄は順調に思えたが、その後も次々に繰り出される難所の連続に足が終わり、気力も打ち砕かれた。UTMFではなんとか持ちこたえて完走できたが、こちらは実力不足と精神面の弱さを見せつけられた。但し前向きに考えれば、過去最長のA5まで到達したので、徐々にゴールには近づいているはず。

大会自体は充実したエイド、1km毎の残り距離の表示、危険箇所の整備など、よく配慮された運営。完走できるまで挑戦したい。

写真はこの大会の為に設置されたW2直前の仮設橋(レースでは深夜に通過)。

このレポートは参考になりましたか? 3

120に参加

出場種目:トレイル

途中で胃をやられて走れなくなり、足をだいぶ残したまま完走。

悔いはないのですが、万全で走り切れるようリベンジしたくなります。
走った直後は二度と出ないと思いましたが(笑)

噂通りのハードなコースです。
鍛えていったつもりでもまだまだ足りていないんだな、と思い知らされます。

このレポートは参考になりましたか? 3

天気が落ち着けばいいコース

出場種目:トレイル

雨の心配もあったが程よい曇り空なのがとても走りやすくてよかった。コースは山・ゲレンデ・里山の三部構成で時間はそれほど厳しくなく、走れるところで走る余力を残せば十分完走できる。キーはおそらくA3到着時刻で、そこからだんだんと貯金ができてくる。
ITRAポイント重視の大会ながら、とても楽しいコースだし無理して100マイルで作らなかった点も好感がもてる。その土地にあったいいレースだとおもう。

このレポートは参考になりましたか? 3

素晴らしい大会です。

出場種目:トレイル

<素晴らしいところ>
・スタッフのレベルの高さ
 例えば、手荷物預けにてスタッフの方が「昼間この場所はランナーにとって目立たずわかりにくいらしい。来年は標識を増やすなどした方がいい。」の様な話をスタッフ間でされいたのを耳にしました。運営意識の高さには本当に頭がさがる思いです。
・コース整備
 竹藪を切り開いた本大会特別ルートは、難易度の高い難所であるものの、登山者との共生や、渋滞回避を考えるとやむ終えないと思います。その上で、その様な難所を切り開かれたスタッフの労力に何よりも感謝します。
・ハイカーとの共生
 第1回目から参加していますが、登山者からよく応援されとても嬉しく思いました。大会が地元に根付き始めていることを実感しました。

<改善してほしいところ>
・参加案内の改善
 唯一、会場アクセス方法がわかりづらいのはいつか改善してもらいたい。

このレポートは参考になりましたか? 2

マラソンから始めてトレランの大会出ました

出場種目:トレイル

30キロトレイルランデビュー戦です。楽しかったです。
しかしとにかくきつい大会でした。最初の2キロが登っても坂、坂、坂。もう辛すぎて膝も顔も笑っちゃいました。
そこを乗り越えれば下り!!と思いながら急すぎて逆に歩くのすらまともにできなくて。ストックが欲しくなりました。

そんなこんなでゴールテープ切ったら、主催者の横山さんに名前呼んでもらえたり、参加者みんなで集合写真撮れたり、普通の大会ではなかなか味わえない体験ができて楽しかったです。

有難うございました。

このレポートは参考になりましたか? 2

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    141件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    97件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    90件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    67件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・