本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

柴又100K~東京⇔埼玉⇔茨城の道~

  • 2017年6月4日 (日)
  • 東京都(葛飾区)
Information

大会オフィシャルページ:http://tokyo100k.jp/
種目:100km,60km,2km,1km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
 


85.9

(現在の評価数267人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

スタッフやボランティア
大会の地元への浸透度
大会運営全体を通しての印象
来年も参加したいですか?

会場

会場へ(から)のシャトルバス
会場案内看板や場内アナウンス
会場のレイアウトと移動経路
荷物預かり所
トイレの配置と管理

スタート、コース、フィニッシュ

スタートエリアの管理
コースは混雑しなかったか?
距離看板
景色など楽しめるコースか?
沿道での応援
給水所の水、スポーツドリンク
ゴール後のドリンクフード

記録、表彰

ネットタイム計測
ネットやスマホへの記録配信
参加賞
年代別表彰について

インフォメーション

大会パンフ(募集要項付き)
当日案内(ハガキ、封書)
大会ホームページ

みんなのレポート

評価者:267人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

今年もお世話になりました。

出場種目:ウルトラマラソン

過去60キロ2回、100キロ2回目の参加です。
本当に毎回感じますが、エイドの方々・運営の方々・ボランティアの方々・沿道の応援の方々・私設エイドの方々 本当にありがとうございます。一体感が凄い。出場した人にしかわからないですよ。
このコメ欄で文句を言う人頼むからやめてください。継続してほしい大会なので。
1、砂利道がキツイ→案内に載ってましたよ。確認不足です。
2、トイレ少ない→自分で調整しましょうよ。待てばいいじゃないですか。それがウルトラ。
3、給食少ない→持って走ってはいかがですか。それがウルトラ。
4、スポドリ薄い→じゃ来年そこのエイドであなたがボランティアやってくださいね。濃いのを飲みに行きますから。

もうだめだ、もう辞めようと何度も何度も思って走ってました。

出場種目:ウルトラマラソン

80キロ地点で、貯金は3分、最後に真っ暗な砂利道があるので、このままでは絶体絶命のピンチだった。すると、なんと草のかげからカミさんが登場。小さな紙コップに砕いたうどんを食べろと。気持ち悪いけどとにかく飲み込んだ。すると90キロで貯金が7分に。99キロで手作りの完走旗を手渡され、それを大きく掲げて無心で走り、ゴールした。とってもとっても嬉しかった。皆様に感謝、柴又大好き、カミさんありがとう‼︎

100kのコースが固定した

出場種目:ウルトラマラソン

毎年少しずつコースが変わっていたが、今年は昨年と同じコースであった。昨年良いコースとなったと感じていたので、今後もこのコースでお願いしたい。
この時期のこのコースは暑さとの闘いがメインテーマとなるが、今年は風が強く、土手の上では気持ちよく走れた。しかし、50km以降のところでは風もなく、やや熱中症気味となり、お城のところで休憩を取らざる得なくなった。ここをどのようにクリアするのかは今後の課題となる。
その後は来た道まで戻って柴又まで帰るのだが、5回目となると昨年はここで苦労したなあとかいろいろ思い出のある場所が増えてきて、単調な中にも楽しみが増えてくる。これが毎年出場するモチベーションにもつながる(星の数も)。50歳を過ぎて後半のペースがどうしても落ちてしまうが、まだまだ新記録をどん欲に狙っていきたいものである。
一点ランナーに言いたい。イヤフォンはやめようよ。専用コースではありません。ロードバイクの人も楽しみにして走っています。お互いに楽しく走りましょう。事故になり、この大会の継続が難しくなるのを一番懸念しています。大会にでるのであれば外してください。

このレポートは参考になりましたか? 10

50代初のウルトラマラソン完走!!しかし14:00:25!!

出場種目:ウルトラマラソン

50代から走り初め、ハーフ2回、青梅2回、フル2回を経験。今度は100kmに参加してしまった。背中の言葉は「限界を確かめる!」でしたが、マイペースでも行けるかなと高を括っていたのが大間違い。現実は一言で言って「必死」。前半は30分台/5kmと予定ペースで走るも、中間辺りから膝が痛みだし、後半は次の5kmをどう走るかだけを必死に考え、何とか走り切りました。よく言う「人生考える余裕」なんて全くなし(笑)。最後の関門を通過したものの、フィニッシュまで14時間ギリギリで、最後の砂利道はほんとに死ぬかと思いました。しかし結果は25秒超過。
ただ悔しい思いもあるけど、不思議と嫌な思いはありません。単調どころか所々で色んな顔を見せてくれた広大な江戸川の風景、中間地点の芝生に寝転がって見た青空と新緑の美しさ。何よりエイドの方々の親切なご対応や、終盤じわっと湧いてくるランナー同士の連帯感は特筆するものがあります。勿論来年も参加します。だって+25秒のまま終わる訳ないでしょ、そりゃ。100Kの素晴らしさや苦しさも確りと頭に入れました。後は来年に向けてきちんと自分を鍛え、自分のレースをするだけです。

イヤホン使用の是非

出場種目:ウルトラマラソン

練習不足で不安でしたが、とりあえず制限時間内ゴールできました。
スタッフやボランティアの皆様には、とても感謝しております。

ただ、今回走っていて気になった点が1つ。ランナーの中にイヤホンを付けて走っている方が少なからず見られました。しかしこれは、係員の指示、後方からの自転車等、競技中に重要な情報を遮断するものだと思います。
特に以下の2点は、問題だと感じました。
・ロードバイクの方が、30km地点でスタッフの方に「ランナーがいきなり進路変更してぶつかりそうになった。見れば耳栓(恐らくイヤホン)している。こちらがいくら注意していても、とても危険だ」と報告してた
・スタッフの方が「キープレフトでお願いします」と言っているのに、右側を平気で走っている人がいる
コースはランナー専用ではないし、ロードバイクでトレーニングしている方々は私の見た限りでは、事故を起こさないよう注意してくださっていました。
もし事故が起きた場合、大会自体が開催できなくなる可能性があると思います。個人的には、イヤホンの使用を禁止した方が安全だと思います。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    89件投稿
  4. 4位 マルピー さん
    74件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    72件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  2. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  3. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  4. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  5. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・