フルマラソンでサブスリー〜3.5時間(キロ4分〜4分半ペース)

レースで速く走ることを目的とした軽量性フィット性が高いシューズがお勧めです。ピッチを刻んで走るピッチ走法のランナーはフラットなソールのシューズ、路面をしっかり蹴って大きなストライドで走るストライド走法のランナーはグリップ力反発性の高いシューズというように、それぞれ最適なシューズが変わります。

ピッチ走法向きのシューズ

ピッチを刻んで走るピッチ走法のランナーの場合は、フラットなソールでクッション性の優れたシューズにすると、疲労が出やすいレース後半にもピッチを維持することができます。

ミズノ ウェーブアミュレット3 ¥13,650(税込)→ ¥12,285(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
新作は前足部アウトソールの厚みが0.5mm厚くなって、適度なクッション性を感じます。アッパーの素材配置も絶妙で、サポートを必要とする中足部やかかとには耐久性に優れた素材でシューズ内で足が遊ぶのを防ぎ力が逃げるのを防いでくれます。そして屈曲部には足あたりの良い柔らかな素材を使用。重量も約220g(26.0cm片足)と軽量で、キロ4分を切るペースから4分30秒くらいまで気持ち良く走ることができます。サブ3を目指しているけどレース後半にペースダウンしがちなランナーにも試してみる価値大とみました。
その他のピッチ走法のためのシューズを見る

ストライド走法向きのシューズ

路面をしっかり蹴って大きなストライドで走るストライド走法のランナーなら、グリップ力と反発性の高いシューズによって力を最大限に引き出せるでしょう。

アシックス ターサジール TS ¥13,650(税込)→¥12,285(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
このレベルのランナーの定番ターサーの新作“ジール”のトレーニングモデル。アッパーのサポートテープとアウトソールの擦り減りやすい前足側内側と蹴り出し部に耐久性に優れる素材を使用している。はき口はマラソンシューズに近い形状をしていて浅そうに見えるが、足入れ感は今までのターサーよりも収まりが良くなっている。走ってみると、アウトソールは耐久性重視とはいえグリップ性も十分。さらにかかと部は形状こそ前モデルの“ブリッツ”と違うが、このモデルにも高硬度素材を搭載し、着地時の安定性をもたらしてくれる。トレーニングモデルだが、軽量でグリップ性、耐久性に優れるため、トレーニングからレースまで十分対応してくれるだろう。
その他のストライド走法のためのシューズを見る

フルマラソンで3.5時間~4.5時間(キロ4分半〜6分ペース)

軽量性を重視しながら、ほどよいサポート性(クッション性安定性)のシューズがお勧め。プロネーション(着地時に足首の関節位置が内側に倒れ込む現象)を防止するためのサポートが入った、サポートタイプのシューズと、特にそのためのサポートを入れていないニュートラルタイプのシューズとに分かれます。

プロネーションの有無をチェックしてみよう

ニュートラルタイプのシューズ

軽くサポート性のよいシューズですが、プロネーションが気にならないランナーならば、そのためのサポートが特にいらないニュートラルなシューズがよいでしょう。

ニュートン Men's DISTANCE ¥16,800(税込)→¥15,120(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
フォアフット(前足部)走法シューズで人気のブランド。蹴り出し時に指の付け根にある4つのアクチュエーターラグと呼ばれる突起部に体重を乗せるとグッと前に進む感覚を得ることができる。それだけではなく、かかと部にもしっかりクッション性があるため、足裏全体で着地する方はもちろん、かかとから着地する方でもグンと前に進む感覚を得ることができる。ラストは前側は比較的幅が広めで中足部からかかとに関してはフィット感に優れるので、サイズを前側の幅で合わせて選んでいる場合はワンサイズ下を、それ以外の方は他のナショナルブランドと同一でOKだろう。前足部に体重を乗せ前に進んでいく感覚を身体に覚えさせるトレーニングをすればレースでの使用も可能。
その他のニュートラルタイプのシューズを見る

サポートタイプのシューズ

軽くほどよいサポート性のシューズでプロネーションを緩和するためのサポート機能を内蔵したシューズなら安心して走れるでしょう。

アシックス フェザー ファイン2 ¥12,075(税込)¥10,867(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
個人的に好きなモデルでLSDなどのトレーニングでは使用している。軽量ながらクッション性に優れ、さらにミッドソール中足部内側に過度な倒れ込みを防ぐ機能を内蔵している。ミッドソール素材にも衝撃吸収性と反発性に優れた“SPEVA(スピーバ)”素材を使用し路面からの衝撃をしっかりと吸収してくれる。はき口部に内蔵された低反発のP.H.F.素材により、くるぶし下部をしっかりとホールドし、足入れ時はもちろん走行時のフィット感も高めてくれる。幅広いレベルの方に安心しておススメできるモデル。軽量なためサブ3.5レベルでいつもレース後半にペースダウンしてしまうという方には是非ともこのシューズを試してみてほしい。
その他のサポートタイプのシューズを見る

フルマラソンで4.5時間以上(キロ6分以上のペース)

軽さよりもサポート性(クッション性安定性)を重視したシューズがお勧め。フルマラソンで最後まで走りきることを目指すというレベルのランナーもこのカテゴリーでよいでしょう。オーバープロネーション(着地時に足首の関節位置が過度に内側に倒れ込む現象)を防止するためのサポートが入った、サポートタイプのシューズと、特にそのためのサポートが入っていないニュートラルタイプのシューズとに分かれます。

プロネーションの有無をチェックしてみよう

ニュートラルタイプのシューズ

全体的にサポート性の高いシューズです。プロネーションが気にならないランナー向けのニュートラルなシューズがよいでしょう。

アディダス adizero Boston3 ¥10,500(税込)→¥9,450(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
人気のアディゼロシリーズにあって、「フルマラソン4.5時間レベルの方にはコレ」という確固たる地位を築いているモデル。他ブランドの同レベルのものと明らかに違うのは“かかと”。作りは細く、足入れした際にしっかりとホールドするようになっている。また、ラスト全体のフィット感が高く、中足部は3ストライプでホールドしてくれるので、着用時の体感重量を軽く感じられる。さらにソールのかかと外側部は独立しており、着地時の衝撃を吸収してくれるという、足にやさしい作りが後半のペースダウンを最小限にしてくれるだろう。フルマラソン4.5レベルの方はもちろんだが、もう1レベル上の4~4.5レベルの方で「レースではいつも後半ペースダウンしてしまう」という方にも試してみてほしいモデル。
その他のニュートラルタイプのシューズを見る

サポートタイプのシューズ

クッション性、安定性ともに高く、プロネーションを緩和するためのサポートが付いたシューズがおすすめです。

ナイキ ズームストラクチャー+16 ¥10,290(税込)→¥9,261(税込)

商品情報を見る
波平店長コメント
クッション性重視の定番モデル。この16代目は“ランナー思い”な商品となっています。クッション性が優れているだけでなく、このモデルから『ダイナミックサポートシステム』を搭載。2種のミッドソールを一体成型し、内側への過度な倒れ込みを防いでくれる。中足部のアッパーにはしっかりとしたサポート性と耐久性を備えた素材を使用し、しっかり包み込むようなホールド感が得られ走行時のシューズ内での足のズレを防ぐ。さらに内側・外側のスウッシュやかかと部などに大型の再帰反射素材を使用しているため、ナイトランはもちろん早朝の薄暗い時なども安全。癖のないラスト(足型)でもあり、「これから走り始める」という方はきっと“走る楽しさ”を感じるのに最適なシューズなはず!
その他のサポートタイプのシューズを見る

足本来の機能を呼び戻す裸足感覚シューズ

ソールが薄く、裸足で走るような感覚のシューズです。速く走るために効率がよいとされる「フォアフット着地」(前足部から足中央部までで着地をする走法)を体得しやすく、人間の足が本来もっている機能を呼び戻すため、効率的なフォームづくりにもつながります。

アシックス BE(8KP-200) ¥12,600(税込)→¥11,340(税込)
波平店長コメント
5本の足指をしっかり使うことを意識付けしてくれるトレーニングシューズ。インソールの指のあたる部分の手前が少し高くなり、指の部分が1段低くなってます。足を入れるとその部分に指がはまり、歩いていると少しずつ指を使うようになる感覚があります。ランニングシューズにはきかえて走ってみると、今までよりもしっかりと5本の足指で路面をキャッチしている感覚があります。普段から5本指ソックスを使っている方は、このシューズを使用すればより足指を効率的に使えるようになるはずです。ブラックのシンプルなカラーリングで通勤やビジネスタイムがトレーニングになります。さらなる記録更新を目指す方にこそ試して欲しいシューズ。
商品情報を見る
その他の裸足感覚シューズを見る

ページトップへ

  • シューズを特徴づける 6つの要素
  • 正しいサイズの測り方
  • RUNNETショップへ