エチオピアの大地に
広がるテフの草原!

実業団選手・大学競走部コーチも愛用!

エチオピア原産・
豊富栄養素持つ
穀物「テフ

テフは長さ1mm、幅0.8mmほどの小さな穀物だが、ミネラル、カルシウム、ビタミンB群、
タンパク質、食物繊維などが含まれていることからスーパーフードと言われている。
テフを体調管理に役立てているアスリートに、その魅力を聞いた。

「長距離王国」エチオピアの栄養源

image

 上はテフの写真だ。ゴマの約10分の1ほどのサイズの穀物ながら、栄養バランスに優れ、低GI、グルテンフリーの食材としても注目を集めている。

 原産国はエチオピア。1964年の東京五輪男子マラソンで優勝したアベベ・ビキラや元マラソン世界記録保持者のハイレ・ゲブレセラシエなど、有力なランナーを続々と輩出し、「長距離王国」とされている。

 エチオピアの国民食はテフを粉状に挽いてクレープのように焼いた「インジェラ」というもの。現地の人々は毎食のように食べ、エチオピアのランナーにとっても競技を支える栄養源となっているという。

※GI(グリセミックインデックス)・・・食品が体内で糖に変わって血糖値として上昇するスピードを示す指標。低GI食品は血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪の蓄積を促すインスリンの分泌も抑える。

豊富な栄養素を持つ
テフで体調管理を

「テフはほうれん草の8.4倍の鉄分、豆腐の2倍のたんぱく質、牛乳の1.6倍のカルシウムなど、栄養素が豊富でスーパーフードと言われています」

 そう話すのは八千代工業陸上部など実業団や大学で管理栄養士として選手をサポートする金井麻由美さんだ。継続的にテフを摂取することを勧めている。

「栄養素は一度にたくさん摂取しても吸収されなかったものは身体の外へ排出されるので、毎日の食事から過不足なく摂取することが必要。とはいえ、鉄分を取ろうと思って、レバーを毎日は食べるのは大変ですよね。しかしテフのフレークなら、ほかの料理と一緒に食べられ、多様な栄養素をプラスできます」

 また、テフは腸内環境を整える食物繊維が豊富。コンディショニングに大きく影響し、スポーツ栄養学の分野でも注目されていると金井さんは話す。

「栄養指導をしている実業団チームでも、テフのフレークを毎日食べ続けることで「便通が良くなりました」と言われることが多いです。腸内環境が良くなるとコンディションも安定し、練習も継続的に取り組めます」

 さらにテフは低GI食品なので血糖値の急激な上昇を抑え、体脂肪管理にも役立つ。

image

金井麻由美 (かない・まゆみ)

八千代工業陸上部など
実業団や大学で管理栄養士
として
選手をサポート。31歳

アスリートたちが愛用するラブリーテフ
詳細・商品購入はこちら!

アスリートたちも愛用
『ラブリーテフフレーク』を
食べて健康管理

 このテフをより気軽に食べられるようにしたのが、テフを焼き上げてフレーク状に加工した『ラブリーテフフレーク』。そのまま食べられ、味にクセがないので、どんな料理にも邪魔にならない。

 金井さんは「ティースプーン1杯を目安に1日3食、混ぜるだけで不足しがちな栄養素をとれ、料理をしない人でも手軽に継続ができます。合宿や遠征に持っていく選手もいるようです。市民ランナーの方にも簡単な体調管理のアイテムとしてお勧めしたいですね」と話す。

 日清食品グループの駅伝で活躍し、昨年7月から慶應義塾大学競走部でコーチを務める小野裕幸さん(33歳)は現役時代からずっと『ラブリーテフフレーク』を食べ続けている。

「現役時代は長時間の練習で内臓が疲労して便通が良くないのが悩みでしたが、『ラブリーテフフレーク』を毎日食べ続けるようになって胃腸の調子は格段に良くなりました。ごはんやヨーグルトに混ぜて食べるのが気に入っています。ヨーグルトはたんぱく質も多く、そこにテフを加えることでバランスの良い栄養で身体づくりができると考えています」

 NAHAマラソン2連覇などの実績をもつ資生堂RCの田中華絵選手(29歳)も『ラブリーテフフレーク』の愛用者。

「ごはん、おみそ汁、納豆、なんにでもふりかけられるので便利です。特に午前午後と練習が続き、お昼をたくさん食べられないような時に重宝します。テフフレーク入りのスクランブルエッグを作るのですが、それだけで十分に栄養をカバーできます。また、鉄分が豊富に含まれているからか、とるようになってからは血液状態が安定して良い結果になっています。体調が落ち込まなくなったのも、食べ続けることでバランス良く栄養をとれていることがプラスに働いているのだと思います」

image

小野コーチ、田中選手がともにすすめるのがテフフレークのふりかけごはん。
「シラスやアオサと一緒に食べると 美味しさも栄養も増します」(金井)

管理栄養士・
金井麻由美さん

ラブリーテフレシピ
こちら!

ランナーの支えになる!

テフの特徴

鉄などのミネラルや
たんぱく質が豊富

ランナーの大敵である「貧血」は血液中で酸素を運搬するヘモグロビンが不足している状態。テフは100gあたり7.6mgの鉄、13.3gのたんぱく質とヘモグロビンの材料を豊富に含んでいるため、発汗などでミネラルを失いがちな、長い距離を走り込むランナーにとって適している。

食物繊維が多く、
腸内環境に良い

近年、身体の免疫力は腸内環境と密接な関係があるとされている。腸内環境を整えるためには腸内細菌の餌になったり、便通を促す食物繊維が効果的。テフは100gあたり8g(ゴボウの1.3倍)の食物繊維を含んでおり、大事なレースに向け体調に留意するランナーにもうれしい。

第2回掲載はこちら

第3回掲載はこちら

image

Lovely Teff

(フレーク)

80g980円(税別)
300g3200円(税別)

ラブリーテフフレークはプレミアム製法によりテフを焼き上げているので、加熱することなくそのままお召し上がりいただけます。

詳細・商品購入はこちら