「イミダが50代ランナーの
になりました!」

50代ランナー改造計画

狙ったレースは、
「イミダの力®」で出し切る!

※イミダの正式名称はイミダゾールジペプチド。
動物の筋肉(たんぱく質)に含まれており、アスリートにも
注目され、スポーツ分野で盛んに研究されている成分です。

image

「50代になっても自己ベストを
更新したい!」
その期待に応える決戦サプリ

image

イミダの力®

image

イミダの力®パウダー

「6年連続自己ベスト更新」中で、3月の東京マラソンに向けてトレーニングに励む井口裕之さん(54歳)は、「冬は免疫力が落ちますが今年は体調がよく、30kmほどの距離走やレースでも上昇するペースを抑えるのが大変です」

 また、毎朝の起床時やランニング中に「イミダの力®」を摂取する清水晶子さん(50歳)は「顆粒が小さいので、走行中でもむせることなく飲めます」と飲みやすさがお気に入りのポイント。

 日本ハムは、「鳥が休まずに飛び続けられる力」に着目し、鶏肉に含まれるイミダゾールジペプチド(以下、イミダ)について15年以上の歳月をかけて研究し、「イミダの力®」の商品化に成功しました。イミダは、2種類のアミノ酸が結びついた成分で、ヒトは誰でも持っていますがその濃度には個人差があり、加齢に伴い減少します。

「イミダの力®」は、残りのフルマラソンシーズンで自己ベストを諦めたくない、まだまだ挑戦し続けたいというランナーの方に、特にお勧めしています。

レースにたくさん
出ることができる!

image

井口 裕之さん(54歳)

レースにたくさん出ることができ、月間走行距離は昨年より2割増し。体重は高校生時の70kgを下回りました(身長は185cmです)。

自己ベスト
3時間10分33秒(2018東京)

周囲のランナーにも
勧めています!

image

清水晶子さん(50歳)

前向きな気持ちでトレーニングを継続できるようになりました。周囲のランナーにも積極的に勧めています。結果的に走行距離を増やせたところが嬉しいポイントです!

自己ベスト
4時間4分24秒(2018東京)

「キツいけど元気」
という状態が持続!

image

井上 朗さん(57歳)

距離走の20kmあたりで脚がパンパンになっても踏ん張れて、「キツいけど元気」という状態が続きます。また回復が早まった感じがして、練習量を増やせているのが嬉しいです。

自己ベスト
4時間20分0秒(2016さいたま)

「富士山マラソン」を
大会記録で優勝!!
兒玉雄介さんも「イミダの力®

勝つレースの決め手は、ラスト10kmのロングスパート

「本当に、イミダの力®
『力』になりました」

 と昨年11月の富士山マラソンを振り返って話すのは、同年4月にコモディイイダ(実業団チーム)を退職し、朝霞市役所で市民ランナーとして再スタートした兒玉雄介さん(32歳)。昨年10月の水戸黄門漫遊マラソン(2時間21分22秒)と翌月の富士山マラソン(2時間21分36秒)を大会新記録で制した。

 実業団時代から月間500km以上走ってきた兒玉さんは、「練習で距離を走らないとレースは自信を持って走れない」ため、平日は午前4時からペースを決めずに走り週6日間のトレーニングでは1日の走行距離が20kmを下回らないように気をつけている。また、勝負レースへ向けては、フルのラストスパートをイメージして、メイン練習終わりにキロ2分45秒のペースで1km走を行っているという。

「普段のレースだと、30km過ぎで1km3分20秒のペースから10秒ほど落ちてしまうのですが、富士山マラソンではそれがありませんでした。『気持ちはキツいけど身体を動かせる』不思議な感覚で、ラスト10kmでロングスパートを仕掛けることができました。3月に出場する東京マラソンでは自己ベストを更新して、今回のロングスパートが『まぐれ』ではなかったことを証明します。そのために、これからもイミダをとっていきたいです」

image

こだま・ゆうすけ(32歳)

2018年の4月にコモディイイダを退職し、朝霞市役所に勤務。拓殖大学の4年生時には、箱根駅伝で復路のアンカーを務めた。夫人と子ども2人の4人暮らし。自己ベストは東京マラソン(2015年)での2時間16分16秒(東京マラソン2015年)。千葉県出身。

イミダの開発

口溶けがよく、レース中でもストレスなく飲めます!

「多くのランナーの方から使用した感想をいただいて分かったことは『口溶けがよく、レースなど走行中でもストレスがなく飲むことができる』ことです。ランナー目線での『イミダの力®』開発を目指し、私たち自身も、フルマラソンやトレーニングに合わせてイミダを摂取しています」(河口さん・写真中央)

image

イミダの開発担当者たちは、自らイミダを摂取し、
レースを走りながら研究を重ねている

image

「イミダの力®

1箱5本入り 3,240円(税込)

1本にイミダ500mg配合。

前作からマスカット風味になりランナーに好評。
スタートの30分前にとるのがおすすめ。

image

「イミダの力®パウダー」

1箱10包入り 3,240円(税込)

1包にイミダ250mg配合。

ヨーグルト風味のパウダーで、水なしで飲めて口溶けも良いと好評。レース中におすすめ。

購入はこちらから