新しいランコミュニティのかたち

Garmin Sports

top-imagetop-image

誰もができるトレーニング改善!

信頼できるコーチ
自分に合ったメニュー
ここに!

Garmin Sportsは、「コーチのノウハウがつまったトレーニング
メニュー」をいつでも、どこでも受けることができるサービスで、
GARMINウォッチの機能を120%活用するためのアプリです。

利用は無料!
まずはダウンロードを!

image
image

Garmin Sports
はじめよう

「忙しくてトレーニング時間が確保できない」「トレーニング計画って、
そもそもどう作ればいいんだろう?」「私の目的にこのトレーニングは合ってる?」
「ひとりで走っていてもつまらない」「励ましあえる仲間がほしい」
…こんな悩みはありませんか?

Garminユーザーとコーチが集うトレーニングプラットフォーム、
Garmin Sportsにはこれらを解決する答えがすべてあります。

image

計画的なトレーニング

Garmin Sportsの中のトレーニングキャンプに参加し、自分の目的に合ったトレーニングメニューを手に入れましょう。メニューをガーミンウォッチに送信すれば、あとはウォッチの指示に従って走るだけでOK!

image

正しい知識

トレーニングメニューは、ガーミンのスポーツサイエンスと、経験豊かなコーチ陣の指導実績にもとづいたもの。トレーニングの強度の違いや効果に関する私たちの理解を深めてくれます。

image

一緒にがんばる仲間

「スポーツソーシャル」機能では、トレーニング情報の交換やお互いの応援をすることができます。また、「コンペティション」に参加すれば、全国のGarmin Sportsユーザーと競い合い、励まし合える仲間に。

コーチから

継続したコーチングにより
ひとりひとりの課題が
見えやすくなりました

クラブの練習会に参加するランナーさんとGarmin Sportsでやりとりしていますが、コーチ側からみて1番よいのは、その人のトレーニングの達成度が数値で掴めるところです。ポイント練習を週に1回もしくは2回の頻度でやりますが、1週間を通しでみると「それ以外の日」のほうが多いわけで、その間にトレーニングメニューをどの程度こなしてきたかが大事。それが事前にわかると、その人の課題も見えやすくなり、次の時に練習の中身を変えるなどの対応ができます。

また、オンラインでまずトレーニングキャンプに入ってもらうというコミュニケーションでは、対面したことはないけれども、そのコーチの練習の組み立て方やアドバイスから「合う・合わない」「理解しやすい・そうでもない」などがわかりますよね。コーチを比較検討する、トレーニングメニューを選ぶ、それらが自由にできる敷居の低さは、より効果的なトレーニングを知りたい、やってみたい、というランナーのニーズに合っていて、とてもよいと思います。指導者側としても、もっとコーチングスキルをアップしなくちゃ、というモチベーションになります。

image

八木勇樹 コーチ

早稲田大学時代、競走部の主将として大学駅伝3冠を達成。旭化成陸上部での競技経験を経て、2016年に株式会社OFFICE YAGIを設立する。日本各地とケニアに拠点を持つ「RDC RUN CLUB」を主宰し、広く活動中。

ランナーから

自己流でがんばるには
限界があったと思います

7年前から走り始め、性に合っていたのか、すぐランニングにハマりました。ガーミンのForeAtelete 220Jを使い始めたらますますおもしろくなって、現在は2代目として235Jを活用中。でも1年前ぐらいから、やってもやってもスピードが身につかない…というジレンマが出てきたのです。自分で考えたインターバル練習をしてもなかなか速くならないし、これからどうしたらいいのか? その悩みがきっかけで、八木コーチの定期練習会に参加するようになりました。

練習会に入ったことによるメリットは数えきれないですが、いまはそれにGarmin Sportsもある毎日。ランニングライフがとても充実しています。アプリ上で、チームメンバーとお互いのトレーニング進捗が共有でき、切磋琢磨したり、メッセージ機能で励まし合えるのがいいですね。

Garmin Sportsは、とにかくトレーニングメニューを考えなくていい点がラクで、その分、走りに集中できることが魅力です。自己流で考えた無理のあるメニューで故障することが避けられますし、パーソナルコーチがいるような感覚です。

image

山崎 哲 さん

陸上経験はないものの、30代に入り健康目的で始めたランニングにみるみるハマる。走歴7年。2018年秋より「RDC RUN CLUB」に参加し、初フルマラソン出場を今シーズンに控える。目標2時間40分。

利用ステップ

USAGE STEPS

image

<対応機種>
Garmin Sports のトレーニング機能を利用するためには、「ワークアウト機能」をサポートしているガーミンウォッチが必要です。ランニングウォッチ『ForeAthlete』はもちろん、ガーミンの主要なGPSウォッチシリーズで利用が可能です。

<ワークアウト機能対応付 ForeAthleteシリーズ>
945、935、920XT、910XT / 735XT / 645M、645、630、620、610 / 410、405、45S、45 / 310XT / 245M、245、235、230、225、220

「App Store」や「Google play」で「Garmin Sports」をダウンロード。

image
image

ログインする地域の選択から開始し、Garmin Connectのアカウントでログインしてください。希望するトレーニングキャンプ⇒コースorプラン(トレーニングメニュー)と進み、その内容をガーミンウォッチに送ります。ウォッチ側で「ワークアウト」を起動し、アクティビティを実行してください。

1

image

Garmin Connect の
アカウントでログイン

2

image

トレーニングキャンプに 参加

3

image

コース or プランに参加

4

image

ガーミンウォッチに
トレーニングメニューを送信

5

image

ガーミンウォッチで
ワークアウトを起動

リリース記念!! 知っ得情報 1

参加者募集!
Garmin Sports 公式
トレーニングキャンプ

GarminオリジナルTシャツ(非売品)プレゼント!

image

Garmin Sportsのリリースを記念して、GARMINランニングスクールを
東京と大阪で開催! ガーミンのウォッチとアプリの機能を120%活用する、
めったにない濃いトレーニングキャンプです!

大阪開催

大阪講師:松井祥文コーチ
(あすリード)

10/6(日)
平地でのペースコントロール力強化!
11/3(日)
起伏地でのペースコントロール力強化!
11/17(日)
マラソンペースのコントロール力強化!
12/8(日)
ハイペースでのペース
コントロール力強化!

東京開催

東京講師:八木勇樹コーチ、帆波圭斗コーチ(RDC RUN CLUB)

10/12(土)
体感と数値を知ろう!
11/16(土)
トレーニングの原理原則と種別・疾走期と休息期の組み合わせ!
11/30(土)
トレーニング結果の振り返り・有酸素能力の向上と脚筋力強化!
12/14(土)
トレーニング計画とキャンプの選び方・マラソンに重要なLTトレーニング!

リリース記念!! 知っ得情報 2

2019101日~
20191030日開催

コンペティションに参加して
最新ForeAthleteを手に入れよう!

~第 1 回 GARMIN
1 カ月チャレンジ~

image

ForeAthlete 945

image

ForeAthlete 245 Music

ガーミンジャパン公式コンペティションを開催します!
最新のForeAthleteをはじめ豪華景品を用意しました。
『以下の順位』を獲得した方には景品を贈呈。奮ってご参加ください!

景品一覧 (各1名様)

★第 1 位  
ForeAthlete 945 Blue

★第20位 
ForeAthlete 245 Music Black Aqua

★第40位  
ForeAthlete 45S Iris

★第60位 
Garmin×goodr オリジナルサングラス(非売品)

★第100位 
Garmin Sports オリジナルTシャツ(非売品)

概要

開催期間:10/1~10/30
ルール:期間内に達成された最長距離を競う

※入賞者はコンペティションの「順位」をもとに決定します。
※入賞者は<garminsports.jp@garmin.com>からメールでご連絡差し上げます。
※不正が認められた場合は評価対象から外させていただく場合があります。
※同一順位の入賞者が複数人いらっしゃる場合は、厳正な抽選により入賞者を決定いたします。