L-カルニチンLabo.
L-カルニチンが選ばれる理由
L-カルニチンとは
L-カルニチンが注目される理由 L-カルニチンが注目される理由
L-カルニチンがないと脂肪が燃えない
脂肪は細胞の中にあるミトコンドリア内で燃えることでエネルギーに変わりますが、単独ではミトコンドリア内に入ることができません。L-カルニチンはエネルギー源である脂肪(脂肪酸)そのものと結合して、ミトコンドリア内に運搬する役目をしています。これができるのはL-カルニチンだけ。L-カルニチンがなければ脂肪は燃焼されず、再び体内に蓄積してしまいます。
図解
脂肪が
エネルギーのもとである脂肪や糖が燃焼すると必ずATPとよばれる物質が生じます。ATPは複雑多岐にわたる生命現象のあらゆるニーズに万能ぶりを発揮する「通貨」のようなもの。エネルギーがたくさん必要なスポーツをする人にとっても、色々なメリットがあります。
多くの方が
昨年行ったL-カルニチンのモニターアンケートでは、8割の方が「L-カルニチンを飲んで何らかの効果を実感した」と答えています。また「L-カルニチンを摂ってよかった」という声も多く寄せられています。
※詳しくは「L-カルニチン モニターアンケート」のページへ
ランナーの皆さんに ランナーの皆さんに
L-カルニチンでスタミナアップ
通常、体内でエネルギー源として最初に使われるのは主として糖質ですが、L-カルニチンを摂取すると、脂肪も使われやすくなるので、体内の糖質が温存され、持久力アップにつながります。エネルギーの不足は「疲れ」の主な原因の一つです。疲れを残さないことで故障を防ぎ、日々のトレーニング効率アップが期待されます。
L-カルニチンが筋肉痛を軽減
脂肪燃焼のほか、L-カルニチンの摂取によって筋肉痛が起こる原因である筋肉細胞の損傷を抑えることができるという研究報告があります。それは実際にはしばしば筋肉痛の緩和として体感されます。
※詳しい研究データは「L-カルニチンの魅力」のページへ
L-カルニチンの効果的な摂取 L-カルニチンの効果的な摂取
L-カルニチンは毎日
必要量は体質やライフスタイルによって異なりますが、1日200mg~500mgを継続して摂ることが効果的。これを食事から摂ろうと思うと、ビーフステーキ2人前以上が必要です。カロリーオーバーも気になるので、サプリメントやスポーツ飲料などから摂取するのがいいでしょう。 また、脂肪燃焼に必要かつ十分なL-カルニチン量を確保するためには最低でも1~2週間の継続的な摂取が重要となります。ランニングをする日、しない日、さらにコンディションを考慮し、1000mgを上限に調節しながら継続的に摂取することが効果的です。
朝ご飯にL-カルニチンを
アクティブな1日を過ごすためには通常の朝ごはんにL-カルニチンをプラスすることをお勧めします。L-カルニチン入りの食品を食べたり、L-カルニチンのサプリメントを飲むことで身体を動かすためのエネルギーが生み出されます。
L-カルニチンと他の
L-カルニチンと一緒に摂ることで相乗効果を期待できる栄養素もあります。 脂肪燃焼の働きを助けるにはコエンザイムQ10、共役リノール酸。筋肉や骨格を補強するにはBCAA、グルコサミン、プロテイン。エネルギーの源になるクエン酸、ブドウ糖。 日々の食事を基本に、L-カルニチンや他の栄養素をサプリメントとして摂取し、ベストコンディションの維持に役立ててください。
 
L-カルニチンについて詳しくは>>>