日刊ランナーズ

マラソンの後にちょうどいい! れんこんのおみやげ

 日本で2番目の面積を持つ霞ヶ浦で行われた、かすみがうらマラソン。当日、参加者にTシャツとともに贈られたのが、地元土浦名産のれんこんめん。
 これは、霞ヶ浦で生産したものを小麦粉に練り込んでうどんにしたもので、なめらかな食感とスルっとしたのどごし、れんこんの風味が楽しめて、なかなかの美味。土浦は生産日本一とあって、このほかにもサブレーやお茶など、れんこんのお土産が豊富に取り揃えてありました。
 れんこんは、鉄分やカリウムのミネラルの他、疲労回復のビタミンB12やビタミンC、さらには胃の粘膜にもやさしいムチンなども含んでいる、栄養豊富な野菜。レース後は、身体も胃も疲労しきっている状態とあって、ランナーにとっては、まさにちょうどいい食材のひとつ。地元の特産を活かした参加賞としてランナーにも好評でした。

(2010年4月20日 ランナーズ編集部/新井 栄)

かすみがうらマラソンのコース後半にはれんこんが栽培されている蓮田が一面にひろがっている

かすみがうらマラソンのコース後半にはれんこんが栽培されている蓮田が一面にひろがっている

バックナンバー確認