日刊ランナーズ

アオタイが変わった?!

 アオタイ(宮崎県・青島太平洋マラソン。主催者がプログラムでそう名付けていました)が一新した!! 前日からの大雨がウソのように晴れ上がったが、「雨の翌日は風が強い」と地元の人が言っていたとおり、一部強い向かい風もあったものの、コースと同時にレベルアップされた大会運営に、ゴール後の参加者は一様に「いい大会だった」の感想(ただしスタート・ゴール会場へのアクセスには難ありとの声も)。
 ランナーでもある東国原県知事の肝いり(?)で22回目の今回はコースがガラリと変わり、8km過ぎから広い市内目抜き通りを駆け抜けることになった。今や宮崎市の名所となった県庁前の楠並木道をもコースに入れるというニクイ演出も。知事だけでなく副知事もフルマラソンに出場し、沿道市民の応援にもひと際熱がこもる。応援はもちろんすべての参加者に向けられ、とりわけ、ボランティア係員を兼ねた高校生のランナー一人一人への熱烈ともいえる声援が大会を盛り上げた。コース上の給水、トイレ、距離看板なども改善され、ローカル大会が1年でこれだけリニューアルできることを証明した(フルマラソンには約7,000名が出場、制限は6時間30分)。

(2008年12月15日 ランナーズ編集部)

フルマラソンはスタート時少々渋滞も、ネットタイムで解決(?)

フルマラソンはスタート時少々渋滞も、ネットタイムで解決(?)

東国原人気で宮崎の新たな観光名所となっている宮崎県庁前もコースに

東国原人気で宮崎の新たな観光名所となっている宮崎県庁前もコースに

バックナンバー確認