本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

【月刊ランナーズの連載動画】コーチが市民ランナーのフォーム改善法を伝授!

編集部が毎月ランニングクラブや練習会を訪問して、「フォームを改善したい!」という市民ランナーのフォームを動画で撮影。改善法を市民ランニングコーチがアドバイスします! すぐに取り組める改善法ばかりなので、共感したものに取り組んでみよう!

第05回

猪瀬 祐輔さん(30歳)

今月の指導者

猪瀬 祐輔さん(30歳)

プロフィール

吉本ナショナルDreamsの選手兼コーチ。東洋大学時代に箱根駅伝のメンバーに選ばれ、4年間の会社員を経て独立。現在は市民ランナーの指導をしながら自らの記録更新も目指しており、フルマラソンの自己ベストは2時間26分28秒。栃木県出身。

サブ4 4時間以上&未経験

渡辺 綾さん(40歳)

フルマラソンベストタイム3時間27分25秒

自分の走りやフォームについて
腕を振る際に力むことがあるので、リラックスするよう意識。課題は上半身の筋力強化。目標はサブ3。
猪瀬コーチのレクチャー
地面を蹴る時に右足首が内側に入っているので、歩行をする時から足首が内側に入らないように意識しましょう。

高根沢 和哉さん(51歳)

フルマラソンベストタイム3時間33分13秒

自分の走りやフォームについて
体幹を強化して、疲れてからもフォームが崩れないようにしたい。
猪瀬コーチのレクチャー
かかとをしっかり引き上げられていますが、腰の位置が低いため、推進力が失われています。胸を開き、みぞおちを前方に出すイメージを持ちましょう。

沼部 真理子さん(54歳)

フルマラソンベストタイム3時間26分10秒

自分の走りやフォームについて
他人から「身体全体に力が入りすぎている」と言われる。呼吸が苦しくなるとアゴが上がる。
猪瀬コーチのレクチャー
ひじの角度をもっと狭くすると、リラックスしたフォームになり、スピードも自然と上がります。姿勢がとても良いです。

中里 正志さん(63歳)

フルマラソンベストタイム3時間53分54秒

自分の走りやフォームについて
とにかく固い!
猪瀬コーチのレクチャー
地面を蹴った脚が後ろに上がっていないため、効率的にスピードが生み出されません。地面を蹴った後、脚を素早く前に出す意識を持ちましょう。

サブ4 4時間以上&未経験

吉田 廣さん(51歳)

ハーフマラソンベストタイム1時間54分25秒

自分の走りやフォームについて
ランニングを始めて1年。自分のフォームが良いのか悪いのか分からない。
猪瀬コーチのレクチャー
肩のローリング運動がスムーズにできておらず、疲労を招く原因となります。まずは肩の力を抜くことを意識しましょう。

阿江 祥子さん(48歳)

ハーフマラソンベストタイム1時間50分48秒

自分の走りやフォームについて
疲れると顔が上を向いてしまう。故障のないフォームに改善したい。
猪瀬コーチのレクチャー
首が前に突っ込んでいます。胸を張り、身体の真上に頭が来る意識を持ちましょう。好ポイントは、ももがしっかり引き上げられていることです。

阿江 正徳さん(48歳)

フルマラソンベストタイム5時間17分00秒

自分の走りやフォームについて
ランニング後にふくらはぎが張るので、フォームが良くないと感じる。
猪瀬コーチのレクチャー
重心の真下で着地しており、素晴らしいフォームです。課題はストライドが狭いこと。腕を振る際、こぶしをもっと高い位置まで上げると、自然とストライドが広がります。


バックナンバー

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント