本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

関節★ 【 a joint 】

a joint

関節の痛みを治したい、強化したい

ランニングフォームが悪かったり、体重が重かったり、オーバートレーニングになると、軟骨がすり減るなどの原因から関節痛が起こる。軟骨を生成するのはコラーゲンなので、これをとることで、すり減った部分を再生できる。また、軟骨の成分であるグルコサミン、コンドロイチンにも関節の痛みを抑える働きがある。いずれも就寝中に吸収が良くなるので、夕食時に意識的にとるのがよい。

コラーゲン
【効果的なとり方】
食品から摂取したタンパク質は、消化されてアミノ酸となる。そのアミノ酸を材料として体内でコラーゲンがつくられるが、ある一定のアミノ酸を材料としているので、十分な量は確保しにくい。そのため、サプリメントの活用は効果的。コラーゲンを生成するためにはビタミンCも必要で、同じタイミングで摂取するとよい。
【多く含む食品】
鶏皮、豚足、牛スジ、軟骨、ゼラチン

グルコサミン
【多く含む食品】
動物の皮膚や軟骨、カニ・エビなど甲骨類の殻

コンドロイチン
【多く含む食品】
フカヒレなどに多く含まれるネバネバの物質。ただし、普段食べる機会が少ない食材のため、サプリメントの利用が有効。

  • BSI