本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

横腹痛 【 よこばらつう 】

よこばらつう

ランニング時に脇腹に起こる痛みのこと。腸内にたまったガスや、オーバーペースによる内臓虚血(血液が筋肉や皮膚に優先的に流れ、消化器系の血液量が減少し、腸痙攣が起こる)などが原因。予防には、レース前日から、腸にガスがたまりやすい食品を口にするのは避け、スタート前に排便を済ませておくこと、オーバーペースに注意することなどが有効。レース中に腹痛が起きてしまった場合は、まずはペースを落とし、ガスが原因の場合はお腹をさすってガス排出を促進する。オーバーペースが原因の場合は深呼吸を繰り返して、身体に酸素をたくさん送り込み、脇腹が痛まない範囲で少しずつペースを上げていくとよい。

  • BSI