本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

無酸素性運動 【 anaerobic exercise 】

anaerobic exercise

エネルギーを代謝させるのに、酸素を利用しない運動のことで、アネロビック・エクササイズとも呼ばれる。運動強度が高く、短時間で終わるのが特徴。陸上の短距離系、ウエイトリフティング、ゴルフのスイングなどがそれにあたる。無酸素運動のエネルギーは、①アデノシン三リン酸(ATP)そのものとアデノシン二リン酸(ADP)によるATPの再合成、②クレアチンリン酸の分解、③グリコーゲンの分解からなる。運動する時間は理論上①と②で7.7秒、③33秒の合計40.7秒で終わるのが運動である。その後は酸素の関与が始まる。フルマラソンでは、走り出しの60?90秒の間、フィニッシュライン目前のラストスパート時のダッシュなどもこれに相当するが、多くは無酸素運動である。

  • BSI