本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

腸脛靱帯炎 【 ちょうけいじんたいえん 】

ちょうけいじんたいえん

腸骨という骨盤の骨と、脛骨というすねの骨とをつなぎ、ひざの外側を支えている靱帯で、腸骨と脛骨をつないでいることから腸脛靱帯の名前がある。ここに痛みが出ることを腸脛靱帯炎といい、ランニング障害でよく見られることからランナーズニーともいわれる。多くの場合、ひざの外側に痛みが出て、トレーニングを続けると症状が悪化することが多い。痛みが治まらない場合は軽くなるまで、炎症を抑え、休むことが必要。

腸脛靱帯炎 【 ちょうけいじんたいえん 】

  • BSI