本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

アデノシン三リン酸 【 adenosine triphos phate 】

adenosine triphos phate

筋肉を動かすエネルギーとなる物質。英語表記の頭文字をとって「ATP」と呼ばれている。
これがADP(アデノシン二リン酸)とリン酸に分解される際にエネルギーを得て筋肉が収縮される。しかし、ATPの量がとても少ないため、ADPとリン酸から再びATPを合成する必要がある。再合成に必要なエネルギーは、ランニングでは短距離走から長距離走になるに従い、「ATPCP酸系」→「解糖系」→「有酸素系」と変わっていく。

  • BSI