本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

高地トレーニング 【 high-altitude training 】

high-altitude training

酸素分圧が低く、酸素の希薄な高地でトレーニングを行い、ヘモグロビンの増加を促進させ、酸素摂取能力を高めようとするもの。酸素が薄い状態がしばらく続くと、身体はそれに適応し、酸素を取り込む能力が高まってくる。一般的には、標高1500m以上の高地に数週間から数カ月間滞在して行われる。最近の研究では1000m前後でも効果があるとする報告もある。日本のトップ選手も積極的に取り入れている。アメリカ・コロラド州のボウルダーや中国・雲南省の昆明などがトレーニング地として有名。

  • BSI