本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング用語事典

グリコーゲン 【 glycogen 】

glycogen

血液中、肝臓、筋肉組織に貯蔵される糖の一種。
グリコーゲンは必要に応じてブドウ糖に分解され、生体のエネルギー源として利用される。とくにランニングのような持久系スポーツの場合、長時間にわたるトレーニングを行うと、「急に力が出なくなる」といったケースが見受けられる。これは肝臓や筋肉にあるグリコーゲンが枯渇し、ガス欠のような状態に陥るからである。この状態を改善するためにレース前に筋肉により多くのグリコーゲンを蓄えておく栄養摂取法がグリコーゲンローディング、またはカーボローディングという。
この方法を行うと、持久力のアップにつながり、効果的にパフォーマンスが上がることが期待できる。
グリコーゲンが体内に貯蔵されるときは約3倍もの水分も誘引するため脱水状態を防ぐことが期待できる一方で、体重増加のデメリットもある。
→ ※カーボローディングの項を参照

  • BSI