ランニング用語事典

有酸素運動 【 aerobic exercise 】

クーパー博士(米)によって提唱された運動。酸素を利用しない無酸素性運動に対して、酸素を使って生み出されたエネルギー(ATPの再合成)を利用して行う運動のこと。エアロビック・エクササイズとも呼ばれる。組織への酸素供給が十分なときに、細胞のミトコンドリアのなかで、主にブドウ糖と脂肪が分解されることによって、このエネルギーが生み出される。ジョギングは有酸素運動の代表で、心肺持久力、筋持久力、さらに全身持久力を高めることができる。ダイエットにランニングが有効なのは、この酸素を使ったエネルギー供給機構によって、脂肪が分解されるためである。←→アネロビクス


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | TOP |

ランニング便利帳2013

ランニング便利帳2013
全国ランニング大会100撰の各大会紹介、ランニング用語辞典、2012年度本誌で紹介したストレッチ&エクササイズ、ランニング障害、栄養素辞典、困ったときの治療院、ショップリストなど。あなたのランニングライフで役立つこと請け合いの一冊です。

RUNNETリンク

  • ランナーズクラブ会員募集中!
  • 女性のためのランニング情報RUNNERS WOMAN
  • RUNNET TRAIL
  • ランナーのクチコミ、大会レポート&評価「大会レポ」
  • メールマガジン
  • 海外マラソンガイド