ランニング用語事典

無酸素性運動 【 anaerobic exercise 】

エネルギーを代謝させるのに、酸素を利用しない運動のことで、アネロビック・エクササイズとも呼ばれる。運動強度が高く、短時間で終わるのが特徴。陸上の短距離系、ウエイトリフティング、ゴルフのスイングなどがそれにあたる。無酸素運動のエネルギーは、①アデノシン三リン酸(ATP)そのものとアデノシン二リン酸(ADP)によるATPの再合成、②クレアチンリン酸の分解、③グリコーゲンの分解からなる。運動する時間は理論上①と②で7.7秒、③33秒の合計40.7秒で終わる運動である。その後は酸素の関与が始まる。フルマラソンでは、走り出しの60 90秒の間、フィニッシュライン目前のラストスパート時のダッシュなどもこれに相当するが、多くは無酸素性運動である。


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | TOP |

ランニング便利帳2013

ランニング便利帳2013
全国ランニング大会100撰の各大会紹介、ランニング用語辞典、2012年度本誌で紹介したストレッチ&エクササイズ、ランニング障害、栄養素辞典、困ったときの治療院、ショップリストなど。あなたのランニングライフで役立つこと請け合いの一冊です。

RUNNETリンク

  • ランナーズクラブ会員募集中!
  • 女性のためのランニング情報RUNNERS WOMAN
  • RUNNET TRAIL
  • ランナーのクチコミ、大会レポート&評価「大会レポ」
  • メールマガジン
  • 海外マラソンガイド