ランニング用語事典

鉄 【 iron 】

酸素を運ぶヘモグロビンや、筋肉中で酸素を受け取るミオグロビンなどを作る物質で、貧血予防には欠かせない。体内の鉄は赤血球中のヘモグロビン、筋肉中のミオグロビン、肝臓や血清中に存在するフェリチンなどに含まれ、酸素の生成やエネルギー生産に関係している。フェリチンは体内にストックされている鉄で、血液検査による貧血診断の目安の1つにもなる。摂取不足が続くと、体内の鉄が足りなくなり、ヘモグロビンが生成されなくなる。その結果、運搬できる酸素が減り、組織の細胞が正常に機能しなくなる。スポーツ選手は運動時に大量の酸素を使うため、鉄欠乏の状態になりやすい。


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | TOP |

ランニング便利帳2013

ランニング便利帳2013
全国ランニング大会100撰の各大会紹介、ランニング用語辞典、2012年度本誌で紹介したストレッチ&エクササイズ、ランニング障害、栄養素辞典、困ったときの治療院、ショップリストなど。あなたのランニングライフで役立つこと請け合いの一冊です。

RUNNETリンク

  • ランナーズクラブ会員募集中!
  • 女性のためのランニング情報RUNNERS WOMAN
  • RUNNET TRAIL
  • ランナーのクチコミ、大会レポート&評価「大会レポ」
  • メールマガジン
  • 海外マラソンガイド