ランニング用語事典

腸脛靱帯炎 【 ちょうけいじんたいえん 】

腸骨という骨盤の骨と、脛骨というすねの骨とをつなぎ、ひざの外側を支えている靱帯で、腸骨と脛骨をつないでいることから腸脛靱帯の名前がある。ここに痛みが出ることを腸脛靱帯炎といい、ランニング障害でよく見られることからランナーズニーともいわれる。多くの場合、ひざの外側に痛みが出て、トレーニングを続けると症状が悪化することが多い。痛みが治まらない場合は軽くなるまで、炎症を抑え、休むことが必要。


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | TOP |

ランニング便利帳2013

ランニング便利帳2013
全国ランニング大会100撰の各大会紹介、ランニング用語辞典、2012年度本誌で紹介したストレッチ&エクササイズ、ランニング障害、栄養素辞典、困ったときの治療院、ショップリストなど。あなたのランニングライフで役立つこと請け合いの一冊です。

RUNNETリンク

  • ランナーズクラブ会員募集中!
  • 女性のためのランニング情報RUNNERS WOMAN
  • RUNNET TRAIL
  • ランナーのクチコミ、大会レポート&評価「大会レポ」
  • メールマガジン
  • 海外マラソンガイド