ランニング用語事典

足底筋膜炎 【 plantar fascitis 】

足底筋膜とはかかとの骨(踵骨)の下側と足の指の付け根にある骨をつなぐ扇状の膜のことで、ここに炎症を起こした状態を足底筋膜炎または足底腱膜炎という。走行時、足底筋膜はバネの役割を果たし、着地の衝撃を吸収する。ここに負荷がかかることで次第に炎症を起こし、痛みを誘発する。特にランニングやウォーキングなど、繰り返し足をつく動作を伴うスポーツに多い傷害のひとつとされている。痛みを生じたら、まずは炎症を抑えることを優先させる。足裏に衝撃が加わる動作を行わないことが大事である。ランニングの場合、トレーニングを中止するか、痛みがひどくない場合は練習の量や質を落として様子を見る。また、衝撃吸収やクッション性の高いシューズを選んだり、インソールを使って土踏まずのアーチを補助することで予防ができる。


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | TOP |

ランニング便利帳2013

ランニング便利帳2013
全国ランニング大会100撰の各大会紹介、ランニング用語辞典、2012年度本誌で紹介したストレッチ&エクササイズ、ランニング障害、栄養素辞典、困ったときの治療院、ショップリストなど。あなたのランニングライフで役立つこと請け合いの一冊です。

RUNNETリンク

  • ランナーズクラブ会員募集中!
  • 女性のためのランニング情報RUNNERS WOMAN
  • RUNNET TRAIL
  • ランナーのクチコミ、大会レポート&評価「大会レポ」
  • メールマガジン
  • 海外マラソンガイド