本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.5400
カテゴリー
?
トレーニング・メニュー

質問者
nyanccoo[6509992]
投稿日時
2009/06/13 13:30
回答期限
2009/06/27 13:30
状態
    終了
不適切な質問として報告する
ランニング中に起こるわき腹の痛みについて
 今年の2月くらいからランニングを始めたビギナー
(20代女性)です。最近、練習中に起こるわき腹の痛み
(主に右側)の痛みについて聞きたいことがあり質問させて
頂きました。

わき腹の痛みは毎回必ず起こるというわけではありません。
調子がいいときには10km以上連続して走れます。(1km/6分台前半
~中盤ペース)

自分なりに調べ、食後直後はランニングを避け、オーバーペース
にも注意し、ウォームアップ等もしてから走っています。
それでも痛くなるときは痛くなるんです。

せっかく走ることが楽しくなってきたので、これからもずっと
続けたいと考えています。

そこで、お尋ねしたいのは、、

①上記のことに注意して走っているとしたら、わき腹の痛みの
 原因はなんだと思いますか?

②痛くなる原因はビギナーだから、ということはありますか??
 経験をつめば(練習を重ねれば)、痛くなくなる、なんてこと
 ことはあるんでしょうか??

③ランニング歴の長い方、エリートランナーのような方でもわき腹
 が痛くなることがあるんですか??
(ビギナー時代はどうでしたか?)

④痛くなるのは腹筋が弱いから、というのも聞いたことがあるんで
 すか本当ですか??だとしたら腹筋は鍛えたほうが良いのですか?

質問が多くてすみませんがご回答お願いします。
また、私のように、ビギナーの頃はよくわき腹の痛みに悩んでたけ
れど、今ではそんなことなくなった!という方の経験談等もお待ち
しています。

宜しくお願い致します。


    18件中  1~18件目表示  
回答No.1
回答者
ilovebeer[6019182]
回答日時
2009/06/13 20:33:23
不適切な回答として報告する
     
簡単に言えば、走り始めのペースが速いことが原因と思われます。私も以前は、同じ症状が出ましたが、食後(できれば走らないほうが良いと思いますが)でも、極端にペースを落とせば腹痛はでませんでした。ご存知のとおり胆臓の血液循環が不足して腹痛を起こすわけですから、血液循環ペースを落とせば腹痛はなくなるはずです。ゆっくりでもトレーニングに影響はないと思います。痛くなりそうであればペースを落とすことで解決できると思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 13:02:48
不適切なコメントとして報告する
 ご回答ありがとうございます。

なるほど、走り始めのペースも問題あるかもしれませんね。
そのことにも注意して走ってみようと思います。

どうもありがとうございました。


回答No.2
回答者
よしお[6509692]
回答日時
2009/06/13 22:32:37
不適切な回答として報告する
     
①左でしたら、あまり心配いらないのですが、質問者様の場合、右ですので要注意かと思います。
 右の場合の原因として、胆道系の機能異常によって起こる痛みで、痛みはあまり長く続きません。また鈍い痛みならば、肝臓の病気も考えられます。
 どちらにせよ、専門医の受診が必要かと思います。

 ②③④については、そのような事実は、個人的に聞いたことがありませんね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 13:06:25
不適切なコメントとして報告する
 ご回答ありがとうございます。

胆道系の機能異常ですか。初めて聞きました。

今後もわき腹の痛みが続くようであればその可能性も
疑ったほうがいいかもしれませんね。

どうもありがとうございました。


回答No.3
回答者
ヨッシー[254235]
回答日時
2009/06/14 09:35:00
不適切な回答として報告する
     
私は走歴30年になりますが最初の頃はよくケイレンをしました。
脇腹が痛くなる原因は筋肉のケイレンですね。
酸欠によって筋肉がケイレンをするので、深呼吸をしながら軽く叩き筋肉に刺激を与えることにより回復しますよ。
身体が未だ走る身体になっていないのでしょうね。
それと腹筋背筋は鍛えて悪いことはないですからする方が良いですね。


    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 13:09:46
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

身体が未だ走る身体になっていないのですね。
これからも練習に励んでいこうと思います!

腹筋背筋も鍛えようと思います。

どうもありがとうございました。


回答No.4
回答者
ウルトラ_トモ[4366]
回答日時
2009/06/14 11:19:20
不適切な回答として報告する
     
わき腹が痛くなる原因は、内臓を支えている筋肉がまだ十分でないからだと聞いたことがあります。
特に食事後は内臓に食べたものが大きなかたまりとして残っているので
ランニングによる内臓の上下が激しくなるからだと思います。
また、ビギナーにありがちなぴょこぴょこはねて走る癖があると
上下運動が大きいので痛くなり易いのではないでしょうか。

練習を続けることで、内臓を支える筋肉も鍛えられ、更にランニングフォームも安定してくるので
次第にわき腹が痛くなることもなくなると思いますよ。
私は今では、食べながら走ってもわき腹は痛くならなくなりました。

あきらめずにトレーニングを続けることが解決も早道だと思いますのでがんばってください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 13:15:58
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

また、ビギナーにありがちなぴょこぴょこはねて走る癖があると
上下運動が大きいので痛くなり易いのではないでしょうか。

>無意識のうちにそういう走り方になっているのかもしれませんね。フォームに気をつけて
 走ってみます。



練習を続けることで、内臓を支える筋肉も鍛えられ、更にランニングフォームも安定してくるので
次第にわき腹が痛くなることもなくなると思いますよ。

>とても励まされるご意見です。頑張ってみます!


私は今では、食べながら走ってもわき腹は痛くならなくなりました。

>すごいですね!私もいつかそんな風になりたいです!

やっぱり練習あるのみですね!どうもありがとうございました。


回答No.5
回答者
よしちゃん[290472]
回答日時
2009/06/14 11:47:12
不適切な回答として報告する
     
脇腹の痛みは個人差があると思いますが、内蔵の血流が悪くなって痛くなる場合が多いのではないでしょうか?その場合であれば、走りながら、痛くない方(左)に体を曲げて、痛い方(右側の血管)を伸ばすようにして(それをしばらく繰り返します)走り続ければ治まると思います。効果がない場合は原因が別のところにあるかもしれません。ご参考まで。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 13:20:10
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

走りながら、痛くない方(左)に体を曲げて、痛い方(右側の血管)を伸ばすようにして(それをしばらく繰り返します)走り続ければ治まると思います

>やはりこれが痛みをやわらげる一番の近道ですよね!参考にさせて頂きます。

どうもありがとうございました。


回答No.6
回答者
hp[6237086]
回答日時
2009/06/14 18:51:15
不適切な回答として報告する
     
子供の頃よく起こったような「横っ腹が痛い」状態ですか?
だとすれば腸内でガスが膨張するのが原因らしいので、まずは食事とランニングの間をもっと広げてみては?(TVの実験番組で検証していました)食事直後をさけるというのが、30分〜1時間位をおっしゃっているのであれば、ちょっと短いと思います。あと、私の場合は急に止まった場合には横っ腹が痛くなります。道を聞かれたりするとどうしようもないですが、信号待ちはクールダウンと同じつもりで急に止まらないようにするとかなり違います。
筋肉痛かなという感じであれば、私も以前、ランニングを始めたばかりの脚の痛みがやっとなくなった頃にありました。
脚の対策として、整体師やピラティスインストラクターから色々アドバイスを聞いた後だったので「今まで使っていなかった腹横筋を使っているのだから当たり前、むしろ脚だけで走っていない証拠」と楽観的に考え、特に対策もせず、自然に起こらなくなるのを待ちました。腹筋を鍛える運動は、コアの筋肉を使う習慣の妨げになるという考え方もあるようなので、もう少しコアがしっかりするまで止めようと思い、今も特に行っていません。
この楽観論がどなたにも当てはまるかどうかは別として、私の場合には徐々に肋骨の下あたりの贅肉がしまってくるのと同時に痛みもなくなりました。ただ、体の中心がぶれていないかだけは走りながらでもよくチェックしないと、かえって変なくせがついてしまうので注意しています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 20:48:56
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

子供の頃よく起こったような「横っ腹が痛い」状態ですか?

>まさにそんな感じの状態です!
 一応ランニングは平日が早朝、土日はお昼に主にやっています。

参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました。


回答No.7
回答者
むくむく[21897]
回答日時
2009/06/14 20:02:47
不適切な回答として報告する
     
初めまして!小生は5月24日大阪城ウルトラマラニック100Kmに参加し予想外に完踏しました(13時間8分8秒)。
 20年ほどトレーニングしています。走る目的によってメニューは異なります。私は①ストレッチを十分にすること(準備体操;ウオーミングアップ・整理体操:クールダウン)10-30分、②7-8Km/Hのスピードで始める(LSD:ロング・スロウ・ディスタンス)。5-10分③10.5-12.5Km/Hのペースラン1-2時間④インターバル12.5-15.0Km/H、自分なりのメニュを考えて下さい。
 特に①と②で解決が可能と思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/14 20:51:22
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

小生は5月24日大阪城ウルトラマラニック100Kmに参加し予想外に完踏しました(13時間8分8秒)。

>すごいですね!私もいつか出てみたいものです。私は今年の秋に初・ハーフマラソン挑戦の予定です。


特に①と②で解決が可能と思います。

>やっぱり走り出しのスピードは大切なんですね。

参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました。


回答No.8
回答者
黒電話。[6481199]
回答日時
2009/06/14 22:11:45
不適切な回答として報告する
     
ランナー歴半年の30代です。
長距離を走るためのメニューを組んでもらった時に腹筋・背筋強化もメニューの一つに入れられました。たしかに初めて何も考えずに走った10キロの時にはあとからわき腹も痛くなってきて途中でひざの痛みも重なって止まってしまいました。ワタシの場合はジムでの診断の結果、下半身は人並みの筋力だが上半身が平均以下の筋力という結果が出ました。全身の筋力バランスが崩れているとやはりいつかは脇腹の痛みにくるようです。もしスポーツクラブに通われているようであれば、インストラクターの方に一度相談してみるといいと思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/15 12:22:22
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。


長距離を走るためのメニューを組んでもらった時に腹筋・背筋強化もメニューの一つに入れられました。

>背筋の強化も重要なんですね!


参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました。


回答No.9
回答者
Mappy[184810]
回答日時
2009/06/14 23:49:54
不適切な回答として報告する
     
私もビギナーでは無いですが痛くなる時はたまにありますよ。
中学・高校と陸上部でしたが、その頃もたまにありました。確かに最初の頃の方が痛くなる頻度は高かったです。
腹筋が弱いと痛くなりやすいというのは確かに言われましたし、体感的にもそうかなと思っています。ただ、あくまで主観であり、根拠はないんですけどね。

個人的には変に腹筋に力が入っている状態が続くと、変なバランスで疲れると軽く攣ったような感覚なのかなって勝手に思っています。なので、筋力に余裕があれば多少の事は大丈夫になって痛みを感じないで済むのかなって思っています。ただ、これも何も根拠無しです。

いずれにせよ、走るのに腹筋は重要ですから、鍛えて悪いことはないですよ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/15 12:14:18
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

中学・高校と陸上部でしたが、その頃もたまにありました。確かに最初の頃の方が痛くなる頻度は高かったです。



>やっぱりそうなんですね。

いずれにせよ、走るのに腹筋は重要ですから、鍛えて悪いことはないですよ。

>腹筋は鍛えようと思います!


どうもありがとうございました。


回答No.10
回答者
hachi[153915]
回答日時
2009/06/15 07:25:06
不適切な回答として報告する
     
①食事直後は避けている、と言う事ですが、何時間ほど空けていますか?
内容にもよりますが消化には大体2-5時間かかる、と言われています。
他に考えられるのは、横隔膜の痙攣からくる痛み。
これは胸式呼吸の人に多いと聞きますし、脚が攣るのと同じく
体内のミネラルバランスの崩れも原因ではといわれています。

②それは多分にあるかもしれません。
ランニングを続ける事で、脚だけではなく、体幹部の筋肉である
腹筋や、呼吸筋も鍛えられ、負荷に耐えうる様強くなります。

③以前は冬場だけ走るだけでしたが、その頃は練習中に時々横腹の痛みで
歩かざるを得ない状況になった事はよくありました。
現在のように、通年で走る習慣が付いてからは思い出すのが難しいほど
横腹の痛みはレアケースになりつつあります。

④腹筋を鍛えてすぐに効果が出るかどうかは判りませんが、
補強としての腹筋の筋トレは非常に有効だと思います。腹筋は
正面にある腹直筋と横にある腹斜筋等で成り立っています。
通常の腹筋運動では、正面ばかりが鍛えられてしまうので
ひねる動きを加えた腹筋運動も入れると良いと思います。
http://homepage3.nifty.com/o-key/menu/menu4.html
動き方はこちらを参考にしてください。体を完全に
引き起こさなくても、肩甲骨を浮かせる程度迄上げれば腹筋には
十分効きます。ひねる場合は上げた所からグッとひねります。

最近は殆ど横腹が痛む事は無くなりましたが、痛くなったときは
手で痛む所を軽く押さえながら走ると、不思議に痛みがその内に
消えます。やってみてはどうでしょうか?

長文失礼しました。



    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/15 12:18:34
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

>ランニングは主に平日の早朝、休日はお昼~夕方の時間帯が主ですが、走る3~4時間前は
 固形物を口にしないようにしています。

ランニングを続ける事で、脚だけではなく、体幹部の筋肉である
腹筋や、呼吸筋も鍛えられ、負荷に耐えうる様強くなります。

>やっぱりトレーニングあるのみですね!

現在のように、通年で走る習慣が付いてからは思い出すのが難しいほど
横腹の痛みはレアケースになりつつあります。

>羨ましいです。。私もそうなりたい。。

最近は殆ど横腹が痛む事は無くなりましたが、痛くなったときは
手で痛む所を軽く押さえながら走ると、不思議に痛みがその内に
消えます。やってみてはどうでしょうか?

>やってみようと思います!


どうもありがとうございました。


回答No.11
回答者
ふぁんらん[6000281]
回答日時
2009/06/15 11:11:36
不適切な回答として報告する
     
>①
下記は以前あったレース中のわき腹痛についての回答なので少し状況が異なりますが、一読してみて下さい。

https://runnet.jp/community/chiebukuro/questionContentsAc...

で、minacoさんの場合も、食事など注意し、主として右側が痛むということから「横隔膜の痙攣」などの横隔膜のトラブルの可能性が高いと思います。(一般に内臓の横隔膜との関係から、肝臓が影響している場合は右側、胃が影響している場合は左側が傷むことが多いようです。)

予防法としては意識して呼吸すること。無意識でジョギングしていると意外と口先だけで浅い呼吸をしていることが多いと思います。レース中などの速いペースならば2歩吐いて、2歩吸う(2-2)のリズムでいいと思いますが、普段のジョグなどのスローペースならば3-3のリズムでいいと思います。要は口先だけの浅い呼吸でなく、ある程度しっかりした呼吸を心がけることです。

またすぐには無理かもしれませんが、臓器の上下動が一因となっていることから、上下動の少ないスムースなランニングスタイル(ランニングフォーム)を心がければわき腹痛のリスクも小さくなるはずです。

なお、消化器内のガスの滞留が原因となる場合は、直前の食事のみでなく、前日あたりの食事でも食物繊維などガスの発生しやすいものを多くとっていないかも検討する必要があると思います。

>②
経験を積めば横隔膜も、そのストレスに次第に適応してくるはずなので、痛みが出る可能性は少なくなってくるはずです。(脚の筋肉などの痙攣しやすい人とそうでない人がいるように、人により多少の違いがあるでしょうが。)

>③
私はエリートランナーではないのでその実態はわかりませんが、わき腹痛も原因がいろいろあるので、皆無ではないはずです。実際、テレビ中継を見ていても、腹痛を起こしている選手は時々います。私自身は以前は時々(特にレース中)わき腹痛を起こたこともありますが、最近はあまり記憶にありません。

>④
今回の横隔膜のトラブルに起因するわき腹痛に関しては、臓器の上下動が問題になるので腹筋の強化はあまり関係しないと思います。実際に走っている時に腹部に手を当ててみてください。腹部はほぼ一定に緊張し、着地のたびに腹部が出っ張るなどということはないと思います。もし出っ張るほどに腹筋が弱いならば、腹筋の強化も効果があるかもしれません。私自身はここ数年腹筋や背筋の補強運動は一切していませんが、上記のとおりほとんどわき腹痛は経験しません。
ただ、一般的に、ある程度の腹筋の強化はランニングに好影響があるので、時間が許せば、腹筋の強化を否定するわけではありません。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/15 12:27:11
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。


一般に内臓の横隔膜との関係から、肝臓が影響している場合は右側、胃が影響している場合は左側が傷むことが多いようです。

>そうなんですね。参考になります。


口先だけの浅い呼吸でなく、ある程度しっかりした呼吸を心がけることです。

>やってみます!


経験を積めば横隔膜も、そのストレスに次第に適応してくるはずなので、痛みが出る可能性は少なくなってくるはずです。

>やはりトレーニングあるのみですね。


参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました。


回答No.12
回答者
切磋琢磨[6500715]
回答日時
2009/06/15 22:40:17
不適切な回答として報告する
     
 「脇腹痛」は、非常に切ないものです。
 一般に食後1時間以内にマラソンなど、特に激しい運動を開始した場合に多く認められるようです。(Side stitch)
 原因としまして、①胃の内容物の停滞、②臓器の虚血状態、③胃腸の牽引痛、④ガス貯留、⑤横隔膜の痙攣、⑥腹部狭心症、⑦その他食物アレルギー、心理要因などが挙げられそうです。
 脇腹痛に対する予防としましては、
 ・運動前1~2時間は大量の食事摂取は控える
 ・腸内ガスが発生し易い芋類、炭酸飲料などの大量摂取は控える
 ・胃下垂で胃の停滞時間の長い人は右横臥位で腸への移行を早くする
 ・腹筋の強化、血行改善のための腹筋マッセージ
 ・横隔膜痙攣によるものは、トレーニングなどにより予防可能
 結局のところ、脇腹痛対策としましては、「マイペース走行」&「腹筋を鍛える」のが近道と言えましょう!(^^)v


    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/22 15:33:13
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

「脇腹痛」は、非常に切ないものです。

>本当にそうですね。気持ちよく走れていると思ってたら、、あれ??みたいな感じです。



結局のところ、脇腹痛対策としましては、「マイペース走行」&「腹筋を鍛える」のが近道と言えましょう!(^^)v
>やっぱりそうですよね!


どうもありがとうございました。


回答No.13
回答者
おー[105004]
回答日時
2009/06/17 21:37:01
不適切な回答として報告する
     
35歳男、走暦20年です。
私も中学生、高校生のときは、よくわき腹が痛くなりました。
決まって右側なんですよね・・。
私の場合は、オーバーペースの時に痛くなる事が多かったです。
食事直後でも痛くなかったりしたんで、ペースに問題がありそうです。
練習中でもレース中でも痛くなった経験がありますが、結局原因はわかりませんでした。
腹筋も鍛えましたが、そんなに関係なさそうです・・。
オリンピックランナーの川嶋伸次さんも、腹痛でテレビ中継のあるマラソン中にトイレに行ってます(笑)
川嶋さんいわく、「精神的な部分ではないだろうか・・?」という事でした。
私もそう思います。
私は体調が悪いと腹痛は今でもおこしますが、少しすると治ります。
要は「慣れ」でした。
あまりいい回答ではありませんが、練習を重ねることで克服できるのではと思います。
がんばって楽しく走って下さい。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/22 15:31:11
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

私も中学生、高校生のときは、よくわき腹が痛くなりました。
決まって右側なんですよね・・。

>そうなんですか!一緒だったんですね。



川嶋さんいわく、「精神的な部分ではないだろうか・・?」という事でした。

>それは確かにあるかもしれないですね。


練習を重ねることで克服できるのではと思います。

>そうなってくれるよう練習します!


どうもありがとうございました。


回答No.14
回答者
ganesha[6427120]
回答日時
2009/06/21 23:12:14
不適切な回答として報告する
     

私も素人ですが胃袋の右側にある脾臓(ひぞう)という臓器が原因のようです。

血液をためておく脾臓が、運動によって足りなくなった血液を補おうとして収縮して痛くなるそうです。

ヤフーの知恵袋で検索すると参考意見が、たくさん出てきますよ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/22 15:35:56
不適切なコメントとして報告する
血液をためておく脾臓が、運動によって足りなくなった血液を補おうとして収縮して痛くなるそうです。

>私もこれが原因かなあ??というのは考えました。
 ヤフー知恵袋もよく参考に見ています。
 でも、こちらでお答え頂いた意見の方が、やはりランニングに詳しい方にお答えいただけるので
 大変参考になっています♪



どうもありがとうございました。


回答No.15
回答者
代表[252500]
回答日時
2009/06/22 07:05:16
不適切な回答として報告する
     
走暦2年半の素人市民ランナーです。35歳の男ですが参考に。
「わき腹の痛み」というのは「横っ腹が痛い」というやつだと考えてお話をします。
①注意していることはこれでOKだと思います。ようは「急に使いだすとダメ」なんですね。私は走る前は食事はしません。できれば走る30分くらい前から水かスポーツドリンクを飲むようにしています。これもわき腹の準備運動みたいなものです。
②痛くなる原因はビギナーだから?と言われるとそういう一面もあるかもしれません。走る動作に体が慣れてくれば「急に使い出す」とはなりませんから、走れば確実に痛みは軽くなると思います。
③私はエリートランナーだはありませんが(フルベスト3時間33分)、今でも痛くなることはあります。大体、前日にお酒を飲んだりして疲れている時ですね。「急に使い出す」感じなんでしょう。
④正確にはわかりませんが、経験的には直接は関係ないと思います。でも前で「走り慣れたら治る」と書きました。これも間接的に腹筋の必要な部分を鍛えていることになるのだろうと思います。
以上、好きに書きましたが、車酔いなんかと一緒で「気にしすぎると痛くなる」ような面もあるような気がします。「今日は痛くなるかな~」とかあまり気にせずにランニングライフを楽しんで下さい。あと痛くなった時の対処法を一つ(知ってるかもしれませんが)。そのまま走り続けながら、痛い箇所を思い切り押す!私は指を立ててグイ~ッと5秒ほど押します。案外効果がありますよ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/22 15:38:53
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。


車酔いなんかと一緒で「気にしすぎると痛くなる」ような面もあるような気がします。「今日は痛くなるかな~」とかあまり気にせずにランニングライフを楽しんで下さい。

>やっぱりそうですよね!痛くなってもあんまり気にしないほうがいいですよね。


私は指を立ててグイ~ッと5秒ほど押します。

>やってみます!


どうもありがとうございました。


回答No.16
回答者
カズマ[201957]
回答日時
2009/06/23 13:10:37
不適切な回答として報告する
     
走歴8年目の30代男性です。
わき腹の痛みということですが、私も走り始めた頃は毎回起こっていた様に思います。原因は解りませんが、私の経験から言えることは練習を重ねるごとに痛みの起こることが少なくなってきたという事です。
今では、定期的に週3~4日継続して練習をしているときはほとんど痛みは起こりません。でも、何らかの理由で1週間以上走らないでいると、練習再開の初日は今でも痛みが起こります。ちなみに、1回の練習量は平日で5~6キロ、休前日で8~10キロです。そんな私でも、ハーフ1時間50分前後、フル5時間前後、ほとんど歩かないで完走する事ができます。
私からのアドバイスとして言えることは、焦らず、無理せず、定期的に練習を継続して、自分の体力を十分理解して、徐々に距離を伸ばしていったら良いんじゃないかと思います。一気に長い距離を走ればいいというものでもないと思います。身体能力には個人差がありますから、自分にあった練習量を継続して楽しんでください。
ご健闘をお祈りいたします。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/25 11:03:58
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

私も走り始めた頃は毎回起こっていた様に思います。

>そうなんですか!



焦らず、無理せず、定期的に練習を継続して、自分の体力を十分理解して、徐々に距離を伸ばしていったら良いんじゃないかと思います。

>やっぱり地道に努力ですね。

どうもありがとうございました。


回答No.17
回答者
宇宙人[75248]
回答日時
2009/06/24 16:44:10
不適切な回答として報告する
     
私見ですが少し筋トレをしたほうがいいと思います、腹筋だけでなく背筋もあわせてすれば効果あるでしょう、筋トレをやり始めて直ぐには効果は出ないかもしれませんが気長に 苦手なら一日20回くらいからでもいいと思います、最初は腹筋と背筋だけで充分です。
あと考えられるのは呼吸系が弱いかもしれません その場合の対処は練習量を増やせば自然と改善されますよ、あまり重く考えないで「そのうち直るだろうと」というくらいに楽に考えたほうがいいと思います。
まだ走り始めたばかり もっともっと楽しくなっていくといいですね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2009/06/25 11:05:32
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

やはり筋トレですよね。少しづつやろうと思います。

順調に走れているときは本当に気持ちいいのでこれからも気長に頑張ります!


どうもありがとうございました。


回答No.18
回答者
ふくだ[6069874]
回答日時
2009/06/25 23:47:45
不適切な回答として報告する
     
以前N○Kで拝見したのですが、
①についてはランナーで脇腹痛のアンケート兼実験結果に基づいてだそうです。
脇腹痛は、大腸にガスが溜まり、外に排出しないことから他の内臓・筋肉を圧迫するため痛みが出ると放送していました。ちょうど大腸の角に充填しやすいそうです。
対策は、要所要所でガス抜きをすることだそうです。
でも、意外と難しいですよね。コレ。

②ビギナーだからと言って脇腹痛が出るとは限らないと思います。私も2年少しぐらいしか走ってませんが、インターバル練習する時は終盤の頃なんか常に脇腹痛です。

③のレベルに入っていないので、これは言えれませんが、
④は体幹の基礎なんでやって損は無いと思いますよ。

    

    18件中  1~18件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋