本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.32644
カテゴリー
?
怪我

質問者
MATSU231[116169]
投稿日時
2021/04/07 09:34
回答期限
2021/04/21 09:34
状態
受付中    
不適切な質問として報告する
治療をやめるタイミング
鼠径部の痛みが1か月くらい続いたのでランナー仲間に教えてもらった治療院に通い、鍼灸とマッサージの施術をうけています。
1週間に1回通って3回目。施術の成果か自然治癒か通常のジョグ10㎞は出来るようになりました。こうなってくると治療をやめるタイミング。
「まだ完全な状態ではないのでもう少しこのペースで通いましょう」
とか
「ポイント練習ができるようになるまでまだまだ時間がかかります」
などと言わたり、
施術の間隔を開けたいというと
「治るのも遅くなりますよ」などと脅され(?)ます。
あちらもビジネスでしょうからなるべく多く通わせたいのだろうとは思いますが、何か腑に落ちません。毎回シューズ1足分の料金をこの先どれだけ払うのか? 趣味でやっていることで出費がかさみ家族にも申し訳ないと思います。

皆さんはどういうタイミングで治療をやめますか?


ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋