本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30789
カテゴリー
?
ストレッチ

質問者
ニックネーム未登録[9352380]
投稿日時
2019/07/29 18:56
回答期限
2019/08/01 18:56
状態
    終了
不適切な質問として報告する
ストレッチについて
マラソンに適した良いストレッチはありますでしょう?
できればで構いませんが、自宅で毎日できる簡単なやり方があれば教えてください。


    5件中  1~5件目表示  
回答No.1
回答者
ゲン[7602644]
回答日時
2019/07/29 22:46:23
不適切な回答として報告する
     
ゲンといいます。階段二段とばしの足裏伸ばしとラップの芯またはストレッチポールでの筋膜リリースです。

    

回答No.2
回答者
ヒロ[7039510]
回答日時
2019/07/30 17:23:12
不適切な回答として報告する
     
 ヒロです。私がほぼ毎日行っているストレッチは、
①ハムストリングスのストレッチで、仰向けになり、片足を上げて両手に持ったタオルを足にかけて頭の方向へ引っ張る。
②股関節と肩甲骨のストレッチにもなる股割り。なるべく開脚した状態で中腰になり、ひざに手を乗せて体をひねる。
③伸脚。曲げた脚のかかとをつけて行う。
④大腿四頭筋のストレッチ。横向きに寝た状態で片足の足首をもちできる限りひざが後方へ引っ張られるように行う。
⑤大殿筋のストレッチ。あぐらをかいた状態から片足の膝を立て、反対の肘で膝を押しながら体をひねる。
⑥股関節(前後)のストレッチ。アキレス腱伸ばしをするときのように足を前後に開き、後ろ足の股関節が伸びるように沈み込む。
⑦ふくらはぎのストレッチ。ひざを伸ばした状態とひざを曲げた状態の2種類でアキレス腱伸ばしをする。
以上を風呂上りや朝にできる限り行っています。
また、大会で走る前には動的ストレッチで股関節や肩甲骨周りをほぐしています。
ご自分のライフスタイルに合わせて取り入れてみてください。

    

回答No.3
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/07/30 21:11:11
不適切な回答として報告する
     
マラソンのストレッチは、アップとしては、ダイナミックストレッチ、クールダウンには静的ストレッチが基本です。
アップとしては、股関節回し、腰のひねり、スキップ、もも上げ等が有効です。

    

回答No.4
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2019/07/31 10:46:08
不適切な回答として報告する
     
ストレッチをやらない方が故障しないと
そんな説も出始めています。
「骨ストレッチ」がその解決法と言われています。

通常のストレッチは一部だけ伸ばすので
他の筋が痛むと言われてまして、
骨ストレッチは、全体をほぐすようです。
一度、お試しを!(ネット、本があります)

    

回答No.5
回答者
Spinnaker[9263626]
回答日時
2019/07/31 13:26:49
不適切な回答として報告する
     
ランニングに限らず収縮した筋肉を伸展することで、柔軟性向上・可動域の拡大でケガ防止やパフォーマンス向上につながります。各々の方法は書ききれませんが、重点的に行う部位は、先ずは下肢です。 臀部(大殿筋・中殿筋・梨状筋)、ハムストリングス(大腿四頭筋・大腿二頭筋・腸腰筋)、膝下(アキレス腱・ふくらはぎ・足首・足底筋)。 その他、上半身でも背中や肩甲骨周りなどもランニングに起因します。 日々のケアとしては各部位を、痛みの無い範囲で、じっくり時間をかけて実施します。

    

    5件中  1~5件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋