本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30788
カテゴリー
?
トレーニング・メニュー

質問者
ニックネーム未登録[9352380]
投稿日時
2019/07/29 18:55
回答期限
2019/08/01 18:55
状態
    終了
不適切な質問として報告する
日々のトレーニングについて
去年からマラソンを始め、今年初めてフルマラソンを走りました。
秋にはまたマラソンを走りたいと思っていますが、日々のオススメのトレーニングなどありますでしょうか?
現在、週3日ほどプールにて泳いでいますが、足を鍛える、体力をつけるなど、マラソンに関して良いトレーニング方法があれば教えてください。


    5件中  1~5件目表示  
回答No.1
回答者
mitsuon[6063654]
回答日時
2019/07/30 15:45:11
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。
マラソンの練習は、やはり、走ることが一番だと思います。
走るのも、ゆっくり走るジョギングだけでなく、マラソンと同じはやや速いペースで走るペース走(10-20km)や、坂道を駆け上がる練習(100-200m x 10-20本)、ゆっくりと3時間とか長い時間走る練習などいろいろとありますのでこれらを組み合わせて、自分なりにスケジュールを組んで、マラソン大会に臨まれると、これまでとちがった達成感を得られると思います。

    

回答No.2
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/07/30 21:04:43
不適切な回答として報告する
     
やはりメインは、走り込みでしょう。ただ、暑い今はロング走は熱中症のおそれもありますので、短く距離を区切ってインターバルをしてみましょう。この時、速く走る時とゆっくり走る時とでフォームにメリハリをつけるように。速く走る時は腕振りやもも上げを大きく(ピッチはあまり上げない)
また、体幹の筋トレも大事です。膝回り、太もも、背中等、走りに重要な部分の筋トレも織り交ぜてみましょう。

    

回答No.3
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2019/07/31 10:43:17
不適切な回答として報告する
     
トレーニング。
ベテランランナーでも悩ましいものです。

ただ言えることは、積み重ねが大切。
マラソンに奇跡はないということです。
練習しないと走れません。。

また、いつも同じペースで走ると、同じ筋肉しか鍛えられないので
いろんなバリエーションに取り組む。
けっこう故障するランナーが多いですから
特に走ったあとのストレッチを丹念にしましょう。

では次のマラソン、いいレースを!

    

回答No.4
回答者
Spinnaker[9263626]
回答日時
2019/07/31 12:00:24
不適切な回答として報告する
     
マラソンは足以外の全身(強いていえば胸部は無くても構わない)の持久力も必要となる種目です。高重量で少ない回数(筋力を付ける)よりも中~軽重量で多い回数(筋持久力を付ける)の筋トレが効果的です
種目としては下半身強化のスクワット/ランジ/カーフレイズ等、体幹強化のプランク/シットアップ/ヒップリフト/バックエクステンションなど、自宅で出来る自重トレーニングでも継続すると良いと思います。お近くにジムがあればマシンやバーベル等を用いると更に鍛錬できます。 それぞれの方法はネットにも多数掲載されていますのでご参考になさってみてください

    

回答No.5
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2019/07/31 13:59:06
不適切な回答として報告する
     
なんにでもその種目ごとに特徴があります。マラソンにはマラソンの特徴があります。その種目独自の動きなどを練習するには、その種目の動きに合った動作を学ぶ必要があるのです。これを『特異性の原則』と言います。

つまり、マラソンは陸上競技の種目で超長距離をロードを使って走る種目です。トラックを走る短距離や中距離の走競技とは少し違いがあります。まず、アンツーカーのトラックではないので、スパイクピンのないシューズを使います。トラックと違い、ロードにはアップダウンや傾斜、でこぼこ、路面の素材(石畳、コンクリート、アスファルトなど)がありシューズにもトラックと違う素材や機能が求められます。最近、某N社の厚底シューズが話題になるのも、ロードが主戦場のマラソンならではだと思います。
マラソンを走るにはマラソンの距離を練習するのが最も近道です。でも、毎日42kmも走れません。実業団選手でも朝夕走ってようやく40kmくらいでしょう。中には20km以上は走らないとしている選手もいます。でも、特異性の原理から言うと、超長距離を走るマラソンはやはり短い距離でなく、長い距離を走る練習がいい訳です。週に1回は10km以上、できれば20km以上の距離を連続で走るといいです。あとは、週の真ん中あたりにポイント練習として大会で走るペースのスピードの練習を入れたいです。これは5~8kmくらい。間はジョギングでつないで、一週間に一回は完全休養日をつくるといいです。
外だと熱中症の危険がある夏場は、スポーツジムなどのトレッドミルやバイクをこぐ、プールで歩くなどのクロストレーニングで体力を維持しましょう。
できれば、週に2~3回は筋トレ(腹筋、背筋、腕立て、スクワット、ランジ)を10-20回、体幹トレを1分間ずつ数種目やるといいトレーニングになるでしょう。

    

    5件中  1~5件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋