本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30764
カテゴリー
?
怪我

質問者
KAZU[7082874]
投稿日時
2019/07/28 22:29
回答期限
2019/08/11 22:29
状態
    終了
不適切な質問として報告する
膝裏からふくらはぎにかけての痛み
35歳男です。ランニング歴は8年くらいで、ここ2~3年はウルトラを年10本以上走っており、月400~600km走っていました。
1ヵ月ほど前から走るとわずか200mほどでふくらはぎがつったような状態となり、その後痛みで動けなくなります。また、階段を登るときにも若干の違和感を感じます。症状がでるようになってから1ヵ月経つのですが、全く症状がよくなる気配がなく、全く走れない状態となっています。
整形外科に行ってレントゲン、MRIを撮ってもらい、ふくらはぎの若干筋肉の損傷のようなものがみられるとのことでした。ただ、発症直後から安静時や歩行時に痛みはなく圧痛もありません。筋肉の損傷でこのような症状がでることはあるのでしょうか?また、他に考えられる原因はあるのでしょうか?アドバイスをいただけたら幸いです。


    6件中  1~6件目表示  
回答No.1
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/07/29 14:42:46
不適切な回答として報告する
     
腫れや皮下出血、熱を持つなどがあれば、筋断裂の可能性が大です。
2~3日はストレッチ、マッサージ禁止。痛みが引いてきたら温めてストレッチしましょう。痛みが引いたらランニング再開できます。また、筋肉の修復を進めるため、たんぱく質を多くとることもだいじです。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/07/29 22:52:53
不適切なコメントとして報告する
こそ練TAY-IKUノ介さん、ありがとうございました。
たんぱく質を摂取するよう、食事も気をつけてみます。


回答No.2
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2019/07/29 16:44:46
不適切な回答として報告する
     
走歴26年、月間300kmほど走っている(今は故障が癒えたばかりで200km弱)男性市民ランナーです。ウルトラは未経験です。その上で、ご回答いたします。

まず、筋肉の損傷がMRIで見られたという事はふくらはぎが相当に痛んでいると考えられます。普通、筋肉の損傷って画像ではほとんど分かりません。ですから筋断裂のような激しいものでない限り映らないわけです。筋疲労は顕微鏡レベルの筋肉の繊維(ミクロン単位の筋原繊維という細胞が集まった束)が切れることで起こります。その損傷が癒える前に再び同じ刺激、つまり同じ走りをすれば、同じ部分をさらに損傷します。これが繰り返されるといわゆる故障につながるわけです。慢性的な故障です。肉離れのような突発性のケガではありません。KAZUさんの場合は、いわゆるオーバーユース、使いすぎでしょう。年間にウルトラマラソンを10本以上。1000km以上でしょう。そのための練習で月に400~600km走り込んでいるのなら、同じ個所を痛め続けていることになります。当然、故障につながる可能性は大なわけです。
実業団の選手は月に1000km以上も走っていますが、この人たちは中高生の頃から走り込んでいて、地脚ができています。一般の人で走歴8年くらいでどの程度の距離を走り込まれているのでしょうか?私もサブ3を本気で狙っている頃から300km以上、レース前の月などは400kmほど走っていました。でも、夏の走り込みの時期などは走りだけでなくプールで体重をかけずに(ひざを酷使し過ぎないように)歩いたり、他の人はバイクで同じくひざを傷めないようにこいだりして脚の筋肉を鍛えています。走る筋肉は走らないとダメとは言います(特異性の原理)が、走る動作と似た動作(歩く、自転車をこぐ)などでも鍛えられるし、ひざを酷使しないのでいいと思います。
まずは走るのをやめて痛みがなくなるのを待ちましょう。それから、スイムやバイクを組合せて(いわゆるクロストレーニング)ひざやふくらはぎを酷使しないように練習してください。
あと、ひざよりもふくらはぎに無理が来たということは、走るフォームに直接の原因があるかもしれません。ビデオで自撮りしてみるとか、トレーナーさんにアドバイスしてもらうとかした方がいいかもしれませんね。前足部着地、いわゆるフォアフット着地だとふくらはぎを痛めます。NIKEの流行りのシューズの走りに必要な着地ですけどね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/07/29 23:02:35
不適切なコメントとして報告する
はっちゃんさん、回答ありがとうございます。
体を酷使し過ぎたこと、反省してます。
体動かしてないと落ち着かないので、アドバイスいただいた、スイムやバイクに挑戦してみたいと思います。


回答No.3
回答者
走老会爺&婆ちゃんづ[51384]
回答日時
2019/07/30 09:54:00
不適切な回答として報告する
     
自分も症状が全く同様でした。整形外科に行ってMRIとCTを撮って貰ったが発症する場所が全く別の場所でした。足で無く狭窄症と診断されまして6月19日入院検査MRIとCT検査の連続でした。検査の結果脊髄の神経の3番4番が圧迫していると結論が出ました。3日後に手術となって約40日間病院生活、昨日7月29日病院生活に別れを告げて帰ってきた処でした。今は全く症状が無く歩くことも問題なく健常者と同等な自宅療養しています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/07/30 22:11:40
不適切なコメントとして報告する
婆ちゃん爺ちゃん走老会さん、回答ありがとうございます。
退院おめでとうございます。
腰に原因があるかもしれないということですね。


回答No.4
回答者
Spinnaker[9263626]
回答日時
2019/08/01 11:42:35
不適切な回答として報告する
     
MRIでのふくらはぎの若干筋肉の損傷はランニング量の多さからくる筋肉疲労等かと思われますが、ただし膝裏からふくらはぎにかけて痛みがあるにも関わらず圧痛が無い、という点から別の要因がトリガーになっている可能性は有りませんでしょうか? 坐骨神経痛で下肢に痛みやしびれが発生するケースがありますので、その辺りの診察や治療を受けてみると改善するかもしれません。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/08/06 21:47:06
不適切なコメントとして報告する
Spinnakerさん、ありがとうございます。
腰の方で脊柱管狭窄症になっていることが判明し、
こちらの治療も並行して進めていくことになりました。

回答者からのコメント
回答日時
2019/08/07 10:15:46
不適切なコメントとして報告する
坐骨神経痛の要因である腰部脊柱管狭窄症ですね。原因が判明できたのは先ずは幸いですね。
患部の治癒が最優先となると思いますが、ランニングの代替トレーニングとしては、負担のかからない程度のスイミングやエアロバイクなどがあげられるでしょう。(背筋をまっすぐにのばした状態で神経を圧迫して痛み・シビレが起きる場合でも自転車を漕ぐ姿勢は大丈夫であるならば)

質問者からのコメント
回答日時
2019/08/07 21:59:27
不適切なコメントとして報告する
Spinnakerさん、再度コメントありがとうございます。
今はやれることしかないですね。泳ぐのは苦手だったので、この機会に泳げるよう、スイミングにも挑戦してみたいと思います。


回答No.5
回答者
官房長官[6224123]
回答日時
2019/08/02 09:05:16
不適切な回答として報告する
     
走り方改革「ふくらはぎにも夏季休暇を!!」
ハードランニングは、筋肉への酸素供給量が極端に不足し、十分に回復していない状態でトレーニングを再開した結果、炎症に炎症を重ね、筋肉が悲鳴を上げている状態だと思います。
走り過ぎにより筋肉が繰り返し強い衝撃を受けることで筋膜炎を起こしている可能性が大です。
35歳の若さ!ランニング人生は、まだまだ続きます。
この夏は涼しい時間のジョグに専念し筋肉を十分に休ませてください。 


    
質問者からのコメント
回答日時
2019/08/06 21:50:33
不適切なコメントとして報告する
官房長官さん、ありがとうございます。
ジョグすらできない状況なので、じっくりと体を休ませます。


回答No.6
回答者
ヨッシー[254235]
回答日時
2019/08/11 17:34:32
不適切な回答として報告する
     
初めまして、私も以前同様の症状で悩まさせられました
そのころ同じ月間600㌔から700㌔を走っていたのですが、フルを走った後ある日突然走り出すとふくらはぎとアキレス腱の境が痛くなり歩く分では痛くないのですが走り出すとその衝撃で痛み出しましたが、原因が走り過ぎの後のケアをシッカリしていなかったのだと分かり、毎日お風呂上りにその痛い場所を痛さを我慢してシッカリと親指で20秒位押圧をしその後弛緩を繰り返すこと5回位をし、その後テーピングとシップを忘れずにしていたら10日後ぐらいからは走れるようになりだしました、テーピングはキネシオですが、市販のは少しユリいので難しいですがしないよりはましでしょうか?
多分走り過ぎで筋組織が悲鳴をあげているのだと思うのでケアをシッカリ行うことによって又壁を乗り越えて更なる100マイルにも挑戦できるようになると思うので先ずは完治をさせ、更なる飛躍を期待しています!

    

    6件中  1~6件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋