本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30484
カテゴリー
?
怪我

質問者
ハル[306363]
投稿日時
2019/06/04 08:44
回答期限
2019/06/09 08:44
状態
    終了
不適切な質問として報告する
ウルトラマラソン後の体調について
約2週間前に初ウルトラとなる『八ヶ岳高原野辺山ウルトラマラソン』に出場しました。
大会後は体を休めようと思いほぼ練習はしていませんが、10日後位に、腰、手首、膝、首回り、手の指等色んな部分が痛くなり身体も微熱が出てだるくなりました。過去にフルマラソンは何度も出ていますがこういうことは有りませんでした。

ウルトラマラソン経験者の人に伺いたいのですが、走った後10日もたってから身体の調子が悪くなるものでしょうか?
それとウルトラマラソン出場後の良い身体のケアが有りましたら是非教えてください。
よろしくお願いいたします。




    7件中  1~7件目表示  
回答No.1
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/06/04 09:33:25
不適切な回答として報告する
     
フルマラソンの直後は、筋肉のみならず、内臓など全身にもダメージが来ています。
肝機能を示すGDPも元に戻るのに1ヶ月かかるといわれています。
また、感染症などの抵抗力も下がっているので、栄養(特にタンパク質、アミノ酸)をしっかりと摂る必要があります。
なお、レース翌日でも、ストレッチ程度のことは行ってもかまいません。ただし、無理に曲げたり伸ばしたりはせず、体に負担のかからない範囲で動かしましょう。
筋肉痛があるうちはランニングをするにしても、できるだけゆっくり走るのが鉄則。普段は10kmの距離を走っていたところを、1㎞、2㎞の距離から始め、2週間後くらいから、いつものペースへと少しずつ戻していきましょう。それくらい時間が経てば、足の痛みもなくなっていると思います。

ただし、痛みが長く残るようなら、整形外科を受診しましょう。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/06/04 12:15:30
不適切なコメントとして報告する
アドバイスどうもありがとうございます。
初ウルトラということもあり、大会後のケア、練習方法はあまり理解していませんでした。

GDPの数値が戻るのに1か月かかるというのも初めて知りました。
今後の大会の事も考えてしっかりケア致します。


回答No.2
回答者
とっく[7878814]
回答日時
2019/06/04 14:09:17
不適切な回答として報告する
     
毎月1~3回ウルトラ走っている23歳男性です。

10日後の場合、さすがに別の原因かと思われます。
暑さと距離で胃袋をやられて次の日までぐったりすることはありますが、9日まで何もなく10日後から体調を壊すといったことは今までありません。

ウルトラ後のケアとしましては、
私は水風呂で全身アイシングとグルタミン摂取と次の日必ず披露抜きJOGをしております

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/06/04 19:52:40
不適切なコメントとして報告する
月数回ウルトラとは凄いですね。
水風呂、グルタミン摂取など今後の参考に致します。
返信ありがとうございました。


回答No.3
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2019/06/06 21:34:33
不適切な回答として報告する
     
今回の体調不良はウルトラマラソンの疲労からくる身体の免疫力の低下が原因ではないかと思います。
レースの後にしっかりとケアしておけば、防げるものだと思います。

    

回答No.4
回答者
チャッピー[7033088]
回答日時
2019/06/06 22:25:20
不適切な回答として報告する
     
今年、野辺山100kmに出ましたが、右足の足底筋が痛いくらいでそのまま中6日で東尋坊103kmマラニックに出て完走しました。暑かったので、熱疲労が出てきたのでしょうか。若い人は当日または翌日すぐに筋肉痛や痛みが出ますが、私は水曜日には元に戻ります。 
 ケアとしては、風呂上がりにストレッチをし、平日は完全休養にあてています。腰、膝、首周りの痛さは長時間同じ動きをしていたことからくる痛みかと思われます。アイシングと温めることを繰り返してみてはいかがでしょうか。

    

回答No.5
回答者
PIG[6952419]
回答日時
2019/06/06 23:08:41
不適切な回答として報告する
     
体力消費して免疫力が低下したことによる感染症かと。
ウルトラは30回以上走ってるけどそうなったことはありません。でもフルでは数回あります。
自分の場合ウルトラは一生懸命走るより走ることを楽しんでる。それに対してやっぱりフルは一生懸命走る。
毎回ではありませんが結果的にフルの方がダメージ大きいこともあるのでそれが原因かなあと。

最大の対策は体力を使い切らないことですが必死に走る以上はなかなか調整も難しい。
なので回復方法をいくつか。
まずは酸素水。コレ、最近まで私もバカにしてましたがウルトラ級になると効果大。飲んでおけば筋肉痛予防、なってもしばらくジョグモードすれば軽減できると優れもの。ドロップバッグに必ず入れてます。ラン後も飲みます。今年の鹿行やUTMFでも使いましたが、ラン2日目から練習再開できました。柴又は失敗したので3日かかりましたが。
次は定番のOS1。これも足攣り軽減、脱水緩和と重宝します。これもドロップバッグ、ラン後には必ず飲みます。
走った後はきっちりした食事をとっておくこと。自分は絶対肉食べます。酒も飲みます。だめなら時はサプリメントですね。アミノバイタルも顆粒のやつを水分と一緒に流し込んでます。ラン当日にしっかり補給をしておけば回復も早いです、次の日の仕事も何とかこなせます。
疲れたからすぐ休むのではなくしっかり補給してから休みましょう。ウルトラの基本はエネルギー摂取とその循環ですから走った後もその基本を忘れずに。

    

回答No.6
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2019/06/07 10:19:02
不適切な回答として報告する
     
ハルさん、その後いかがでしょう?
時間がたって快復してるのではと思います。

さて、症状の原因はわかりませんが
ウルトラの走りが直接の原因ではないでしょう。
走った後に内臓や体の機能が回復するために
一時的に抵抗力が落ちます。
そのため、日ごろは何でもない細菌やウイルスに
侵された可能性があります。

そもそも走る人は日常的に抵抗力が低くなります。
大学駅伝やサッカー選手は外出時にマスクは必須ですし、
僕も電車は避けるようにしています。

逆に言いますと、抵抗力が落ちるまで
ウルトラで力を出せた、
素晴らしい走りだったということです。
ナイスランでした。

    

回答No.7
回答者
らったった[8503639]
回答日時
2019/06/08 09:33:53
不適切な回答として報告する
     
お疲れ様です。
ウルトラマラソン、僕は参加したことがありません。
村上春樹の
走ることについて語るときに僕の語ること、という本に
著者がウルトラマラソンを経験した日のことが詳しく書かれてあります。
是非参考にしてください。ご自愛ください、失礼します。

    

    7件中  1~7件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋