本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30364
カテゴリー
?
フルマラソン

質問者
ドアラ[8258565]
投稿日時
2019/05/22 09:42
回答期限
2019/06/05 09:42
状態
    終了
不適切な質問として報告する
初フルマラソン回顧
前回、『初フルマラソン』で投稿した、ドアラです。
前回の投稿で多くの方々からアドバイスを頂き、
初フルマラソンに挑戦してきましたので、
アドバイスして頂いた方々への結果報告と
記憶が定かなうちに回顧しておく為に、
この場をお借りしたいと思います。

まずは、結果から・・・。
目標のサブ4.5は達成出来ませんでした。
(サブ5はクリアーできました)

・レース2週間前の過ごし方
→特別な事はしませんでした。
 2週間前からも、いつも通りの3回/週の10k走をたのしみました。
 しいてあげれば、疲労を残さない為に、
 いつものアップダウン多めのコースから平坦なコースに
 変更した程度です。ペースも6分/km程度。

・レース前日
→スタミナ切れを起こさない為に、米、うどんなどを意識して食べましたが、
 ほんの少し胃もたれしてしまいました。ちょっと食べすぎたかな(^^ゞ

・気温
→暑かったです。スタート時点で25℃、
 レース中は27℃まで上がったようで、ちょっときつかったです。
 サングラス、帽子、日焼け止めなどを暑さ対策で実施しました。

・ペース配分
~1k⇒7分14秒
(スタート混雑もあって、まあこんな感じです)

1k~14k⇒6分~6分20秒
(ほぼ想定内のペース)

15k~22k⇒5分59秒~6分15秒
(もっと、ペースを落とすつもりでしたが、自分をうまくコントロールできず、
 思い返せばここが失敗だったような(^^ゞ)

23k~27k⇒6分30秒~7分00秒
(少し疲労感を感じて、怪しい感じ・・・)

28k~33k⇒7分00秒~7分30秒
(疲労感たっぷりで、ペースダウン)

34k~42k⇒8分30秒~10分00秒
(ここからは、歩きが入って、まともに走れませんでした)

まあこんな感じです。
今の実力では、前半が早すぎたのか?
暑さのせいか?
ハーフ以上の距離を経験していなかったから
30kの壁に打ちのめされたのか?

自分の感じた30kの壁は、『足が動かない』と感じた事です。
初めて、ハーフを走ったときは、スタミナというよりは、
膝、ふくらはぎ、ハムストリングに激痛が走りましたが、
今回は、痛みではなく疲労なのか、とにかく足が動きませんでした(^^ゞ

あと、スタミナ切れや水分補給を意識しすぎたせいか、
レース中に胃の違和感があり、レース中のコンディションを整える
難しさも感じました。

個人的には不完全燃焼というのが正直なところですが、
あとから振り返った時に、これはこれで、よい想い出になるかと思います。

あと、レース後の晩酌も胃の違和感で思うように楽しめなかったので、
これも、今後の課題です(^^ゞ

前回の投稿にアドバイスして頂いた皆さん、
いろいろと参考になりました。
本当にありがとうございました。
これからも気分よく晩酌を楽しむために、
ランニングを楽しみたいと思います(^^ゞ


    16件中  1~16件目表示  
回答No.1
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/05/22 11:17:53
不適切な回答として報告する
     
完走おめでとうございます。

次回のレースに向けていくつか申し上げますと、

①普段のトレーニングでは、5㎞走のタイムを10倍(月間150km練習している場合)あるいは12〜13倍(月間走行距離100km未満)がフルマラソンの目標タイムということになります。
レースの2カ月前からはそのペースで走る練習をして、「これくらいの感覚で走ればいける!」ということを体で覚えましょう。
②中盤以降でペースが落ちるのは、前半に飛ばしすぎているケースがほとんどです。少なくともレース1カ月前から、ペースを意識した練習に取り組みましょう。
また、自分の実力を客観的に把握することも大事です。練習してきたペースよりも本番でのペースが速すぎると、後半につけが来ます。実力に見合った走りをキープすることが大切です。本番では、規模の大きな大会になるほど雰囲気に呑まれて浮き足だってしまうのが常。結果としてオーバーペースになりがちです。これを避けるためにはスポーツウオッチを携帯して、ペースを確かめながら走るといいでしょう。


    

回答No.2
回答者
ヒロ[7039510]
回答日時
2019/05/22 11:35:00
不適切な回答として報告する
     
ドアラさん。お疲れさまでした。サブ4.5は残念でしたがレースを楽しめましたか?不完全燃焼ということなので、チリベンジする気持ちがメラメラとしているのではないでしょうか。今回の経験がきっと次につながると思います。これからもランライフを楽しみながら目標達成できるよう頑張ってくださいね。

    

回答No.3
回答者
カノン・トムワン[7963727]
回答日時
2019/05/22 16:44:47
不適切な回答として報告する
     
ドアラさん、初フル完走お疲れ様でした。そしておめでとうございます。
初フルですから思い通り行かなくて当たり前です。
30kmの壁も体感されたようで。
ここから少しずつ自分なりに進歩です。
楽しみながら頑張ってください。

胃の不調は仕方ないですね。私も現時点でも悩まされます。
激しい運動の為、血液が胃まで回らなくなるんで起こるらしいですよ。
ランニングの後のビールが最高なんていいますが、私の場合ハーフまで。
フルになるとちょっと飲めない時もあります。
先日ウルトラマラソンに参加したのですが、ゴール後、ゴール近くのコンビニに液キャベを買いに行きました。
前に並んでた若い女性もゴール直後の様でしたが、手には500mlのビール。
タイムでは勝ったんですが、なんとなく敗北感でいっぱいでした。

    

回答No.4
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2019/05/22 17:58:34
不適切な回答として報告する
     
ドアラさん、完走おめでとうございます。
ナイスランです。
初めてでこの気温、それで完走は素晴らしいですよ。

さらに学習効果が抜群です。
これだけ学べば次は進化できますね、太鼓判押します。

誰に説明されるより自分の経験が一番でしょう。
そうなんです。だからまた走りたくなります。
次は寒い時期の大会を選びましょう、全然違うものですよ。

最後に、内臓は3週間程度ダメージが残りますので
晩酌は軽めでお願いします(笑)ナイスラン!!

    

回答No.5
回答者
Spinnaker[9263626]
回答日時
2019/05/22 18:41:14
不適切な回答として報告する
     
まずは初フル完走おめでとうございました。

>2週間前からも、いつも通りの3回/週の10k走をたのしみました
それなりに疲労は残っている状態ですね
>暑かったです
30K未経験なことと暑さが大半の要因でしょうね。それでも
>今回は、痛みではなく疲労
ということはハーフを走った時(時期不明)よりは脚が出来つつあるのかと思います。
>胃の違和感
飲食に因らずとも、長距離を走ると振動等でも内臓疲労となることもありますね

課題があるのは伸びしろが豊富(笑)とも言えますので、継続してランライフをエンジョイしてください

    

回答No.6
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2019/05/22 19:03:45
不適切な回答として報告する
     
レース前の補給食、レース中の補給食はどうされたのでしょう?途中でハンガーノック(体内の栄養分が少なくなって、脳に糖質(ブドウ糖だけ)が行き届かなくなってしまい、もうろうとしてしまう、運動障害が起きフラフラする、最悪死に至る)状態になる手前だったかもしれません。前日に炭水化物をいつも以上に食べたようですが、胃もたれしたようですね。普段がお茶碗1杯なら、1杯半にするくらい。または食後に羊羹やお饅頭を食べるとか。2倍、3倍も食べると重くなって(炭水化物を食べると水分も同じくらい貯めてしまうため)走るときに余計にエネルギーを使います。
サブ4よりも時間がかかるランナーは、走り出す前に補給していても、途中でエネルギー不足になる心配があるので、補給食(エネルギージェルや飴、羊羹など)をもって走ります。10kmごとや12kmごとに補給しましょう。

    

回答No.7
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2019/05/22 21:11:56
不適切な回答として報告する
     
マラソンは何度走っても反省点がある競技です。
失敗や課題を見つけてそれをクリアしていくのもマラソンの面白さなので、これからも頑張ってください。

    

回答No.8
回答者
すなふきん[6094425]
回答日時
2019/05/23 01:44:07
不適切な回答として報告する
     
暑い中の初マラソン、お疲れ様でした。
結果は惜しかったと思いますが、楽しまれたようで何よりです。
私は、加賀温泉郷マラソンが初めてだったのですが、前半はサブ3を目指し、後半は早々に挫折してエイドステーションでは、ほぼ食べ歩き、コーラ飲み放題で、ゲップしながら走る面白い大会でした。
お酒が楽しめないのは残念ですが、今後の酒の肴として、とてもいい経験をされましたよね?!
お互いに、また次も懲りずに頑張りましょう!!

    

回答No.9
回答者
mitsuon[6063654]
回答日時
2019/05/23 17:25:08
不適切な回答として報告する
     
初マラソン、完走、おめでとうございます。
課題もみつかってよかったですね。
次回は、是非とも完璧なぺースコントロールで、完全燃焼できるようがんばってください。

    

回答No.10
回答者
かっちゃん[7680819]
回答日時
2019/05/24 00:07:07
不適切な回答として報告する
     
ドアラさん、初フルマラソン完走お疲れさまでした。
前回も回答させて頂いた53歳、フルマラソン歴2回のかっちゃんです。
目標のサブ4.5達成できず、残念でしたね。敗因は、前半の飛ばし過ぎと気温上昇による脱水症状かと思います。
でもガッカリしないで大丈夫です。終盤に歩かなければサブ4.5は十分達成可能です。
それと何と言っても今回のフルマラソン完走した経験は、大きな自信に繋がります。
今回の反省点を生かして、次回リベンジ期待しています。

    

回答No.11
回答者
ようすけ[8274575]
回答日時
2019/05/24 16:58:36
不適切な回答として報告する
     
完走おめでとうございます!!
初フルマラソンでリタイアした私からすれば羨ましい結果です。

開催時期があと半年後くらいならサブ4.5は達成できたと思います。
気温25℃以上でのフルマラソンはきつすぎます。
(ハーフマラソンでもきつい気温です)

ペース配分や補給等はレース経験を積む事によって自然に身に付いてきますから心配する必要はないと思います。
ゴールまで辿り着く事ができたのは非常に大きいと思います。
とにかくお疲れ様でした!!

    

回答No.12
回答者
PIG[6952419]
回答日時
2019/05/26 22:29:36
不適切な回答として報告する
     
ドアラさん、初マラソンお疲れ様です。
自分も東京マラソンにあこがれて走り始め、初マラソンではサブ4目指すも4時間30分オーバー。
悔しかった。東京マラソンを一度でも走れたら終わりにしようと思い走ることを続けました。

で、2年前にフルマラソン以上距離大会100回以上完走しました。100kmも30回完走・・なんでこうなったか。東京マラソン当たらないのがいけない!
晩酌がおいしくないのは失敗レースだから。会心のレースだとタイムがアホみたにいいのに不思議と疲れもダメージもないものです。失敗レースでも晩酌を楽しみたかったらレース後の給水が重要。水ではなくOS1などの携行保水液を飲むと胃のダメージを抑えられます。あと巷では胡散臭いといわれる酸素水、水素水ですが、フルマラソン後に筋肉痛出るようならぜひ接種を。特に酸素水が効果あり。普通のトレーニングでは効果感じられないのでウソっぽいといわれますが、限界まで体力使った後のリカバリには最適ですよ。アミノ酸とかよりいいと感じます。最近ウルトラのドロップバッグでは必ず入れてます。100km走った後でも1日位で練習再開できてます。

以上、愚痴と妙なアドバイスでした。

    

回答No.13
回答者
lakilaki1965[8627202]
回答日時
2019/05/27 10:16:36
不適切な回答として報告する
     
目標未達とは言え初フル完走おめでとうございます。
継続して練習すればサブ4.5も間違いなく達成出来ますし、またまだ伸びしろ大きいですから頑張りましょう。
今回の経験を踏まえてステップアップを狙いましょう!!
次の目標は歩かずに完走ですかね?そうすればサブ4.5は自然に付いてくる気がします。
それか確実にサブ4.5のタイムを狙うなら”計画的に歩く”って作戦もありますが、継続的に走る習慣が出来ているから、ここからは距離を延ばして歩かず完走がお勧めです。
コレから暑くなりますから、練習方法は工夫して脱水や熱中症にはご注意下さい。

    

回答No.14
回答者
kenta[7148971]
回答日時
2019/05/27 19:57:02
不適切な回答として報告する
     
初フルマラソンお疲れさまでした。
初フルだとペースが分かりづらいですよね。
読んでいると自分の初フル時の記憶が蘇ってきたので、失礼ながらこの場を借りて少し書いておこうと思います。

私の初フルは約5年ほど前でしたが、数ヶ月前のハーフで2時間を切ることができたので、そこそこできるんじゃないかなという思いがありました。
ただ、1週間くらい前から右膝に痛みが出始めたため、前日受付の後にスポーツショップへ行き、ランニングタイツを初めて購入しました。

本番ではあまりペースなどは考えずに走っていて、中間点過ぎくらいまではわりと快調に走れていました(6分前半)。そこから少しずつペースが落ち始め、30kmくらいではかなりキツくなってきていました(6分後半~7分程度)。
31~32kmくらいからは不安だった膝が痛み始め、その先は寒さに震えながらほとんど歩いてゴールしました。

正直勢いだけでエントリーしたためあまりレースプラン等は考えておらず、膝の痛みがなくても終盤はほとんど歩いてたんじゃなかろうかと思います。タイムは5時間20分程度でしたが、色々記憶に残る大会でした。

    

回答No.15
回答者
shinchan[6160159]
回答日時
2019/05/28 11:23:59
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。私58歳男性。ラン歴19年、レース歴12年。フル3時間18分、
ハーフ 1時間33分です。
私見を述べます。ご参考になれば幸いです。
1.レース2週間前の過ごし方
 練習頻度を落とさず負荷を下げるが原則です。ご記載内容から、うまく
 いった部類なのではないでしょうか。
2.レース前日
 ドアラさんは私よりは若いですが、それでも中年には違いありません。
 いわゆるカーボローディングという「糖質を多めにとって体内のグリコ
 ーゲン量を増やしておく」という措置は取らないほうが良いと思います。
 ご記載通り「胃もたれ」して胃腸に負荷をかけるだけです。考慮すべき
 は「消化の良いもの」を食べることです。
3.ペース配分
 ご自身の反省通り「中盤で飛ばしすぎ」ですね。ペース配分って難しい
 ものです。30kmまでは「遅すぎる」ぐらいでちょうど良いかもしれませ
 ん。私自身も失敗ばかりです。(笑)
4.給水・給食
 給水は「給水所のたびに」が必須です。「取りすぎ」はありません。し
 かし給食は気を付けたほうが良いです。固形物は「胃もたれ」します。
 我々中年以降のおっさんには大敵です。私は、運営側が用意してくれる
 給食は取りません。自分で「エネルギージェル」を携行します。3本携
 行し12-13km毎に摂取します。
5.練習 
 前回のご投稿を拝見しました。「30km走」は絶対に必要です。脚づくり
 に加えて「ペース配分」の勉強になります。
長くなり恐縮です。ご参考になれば幸いです。

    

回答No.16
回答者
白き鷹[9380837]
回答日時
2019/05/31 15:08:05
不適切な回答として報告する
     
初のフルマラソンお疲れさまでした。
自分も先週37℃猛暑の中のハーフマラソンで倒れそうになりながら完走しました。
ハーフ以上の距離は未知の世界なので、10月の初フルマラソンに向けて私も鍛えたいと思います。
昨夜および今朝友人とランニングをしました。早朝マラソンは涼しく清々しいですね。
あと暑さ対策でサウナにも入っています。
30キロ走も来月試してみたいです。
それではお疲れさまでした。お互い頑張りましょう(^^)/

    

    16件中  1~16件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋