本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.30064
カテゴリー
? ?
コンディショニング /怪我

質問者
たむ[8707811]
投稿日時
2019/04/14 21:07
回答期限
2019/04/28 21:07
状態
    終了
不適切な質問として報告する
初心者です膝の痛み
2019年2月から走りはじめました。6年程前に走るのとは関係なく道で転倒して、右膝を打ち付けてしまってから、負担がかかると腫れたり痛みがあったりする事があります。走りはじめるまでは痛みもなく最近まで走れていたのですが、先日信号まちから走り出した時に痛みが出ました。湿布を貼ったり患部を冷やしたりしていますが、経過は良くありません。走る前に調子が悪かった時、整形外科に行くとレントゲンは異常ありませんでした。また行っても湿布出されて、様子見だと思います。速く走ったりしたいけど負担もかかるし、ゆっくり走り続ける方がいいのでしょうか?膝を痛めている方は、どうされてますか?


    19件中  1~19件目表示  
回答No.1
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2019/04/15 08:16:24
不適切な回答として報告する
     
たむさん、ランニングの世界にようこそ。
走ると気持ちいいですよね。走らないとわからないです。

さて、ひざの痛み。
そもそもの打撲の様子や体重などがわからないので
あまり確定的なことは言えません。
ただ基本は同じ。ひざ周辺の筋肉を鍛えることと
ストレッチで筋肉をリラックスさせることです。

湿布は炎症を抑えるだけですから、
そもそものひざを改良しましょう。
必ず走れるようになりますから、焦らず対処を!
走る喜びを諦めないでください!

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:25:27
不適切なコメントとして報告する
吉田十段さん、ありがとうございます。
昨日整骨院に行った所、太ももの筋肉が内側に向かっているのに対し、膝から下はまっすぐとの診断結果でした。
しばらく整骨院に通いつつ、散歩からして行き、また走れるようにしたいです。


回答No.2
回答者
ヒロ[7039510]
回答日時
2019/04/15 09:15:31
不適切な回答として報告する
     
 たむさん。はじめまして。走暦9年目で今年49歳のヒロと申します。私は学生時代、ハンドボールを専門的にやっていたので、スポーツによる様々な外傷や障害を経験していますし、ランニングを始めてからもひざや筋肉、足底部などを痛めています。その経験からですので、参考になるか分かりませんが、読んでみてください。
 ひざを打ち付けた時の症状はどのようなものだったのかでも対処法が変わってくると思われますが、一般的にひざの負担を軽くするためには太ももの筋肉(大腿四頭筋やハムストリングス)を鍛えたえて衝撃に耐えられるようにすること。疲労蓄積や柔軟性の低下による痛みに対してはマッサージやストレッチが大切です。特に柔軟性についてはいろんな個所の怪我につながります。股関節周り、大腿部、下腿部、足底部を中心にランニング効率アップにつながる肩甲骨周りもストレッチしましょう。
 これらを継続することで少しずつスピードをつけて走ることができるようになっていきます。コツコツ継続してみてください。楽しいランライフを送れることを願っています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:22:28
不適切なコメントとして報告する
ヒロさん、ありがとうございます。
昨日整骨院に行った所、太ももの筋肉が内側に向かっているのに対し、膝から下はまっすぐと言われました。この状態を治さないと、痛みがでなくなっても又再発されると思います。整骨院に通いつつ、散歩から様子見で行きたいと思います。


回答No.3
回答者
○○○パパ[9096338]
回答日時
2019/04/15 11:49:34
不適切な回答として報告する
     
初めまして 走歴5年の52歳の男性です。現在の走力はハーフ1時間26分台です といっても過去に
全国高校駅伝を走り 卒業後は今で言う市民ランナーとして県代表、郡市代表として駅伝を走った競技歴が別にあります
また 引退していますが一人娘は短距離選手として 全国中学、インターハイ、国体と出場していました。
私は30歳からサッカーを8年間しましたけど 何度も怪我をして 最後は右膝外側靭帯を断裂し(怖くなって辞めました)右膝の靭帯が少し伸びた状態で現在に至っています ですので右足の接地は置く感じで左足に頼った走りになっています そのせいか
右足ランナー膝や足底筋膜炎等 故障もいろいろしています(現在は左足腓骨筋腱付着部炎)
たむさんの練習量がよくわかりませんが レントゲンに異常は無いらしいので 私なりに考えると
まず1つにランナー膝の可能性です この場合太もも外側の膝から腰骨を通る太い筋を強めに擦ったり揉んだりしてみて 痛みがあればランナー膝になっています(治療は入浴中にひたすら痛みに我慢して揉み込み 筋の張りを取り除きます)
もう1つは よく陸上を始めた新入生に多いシンスプリント(向こう脛の内側の縦筋の痛み)になり膝に痛みがきている可能性です
この場合は練習量を軽くして あまりに痛みがあれば中止です(無理すると疲労骨折します)
その他も色々考えられますが シューズのクッション性はどうですか? 軽いからと薄いソールで走られると筋力不足でこれもまた膝を痛めます。また走る前のストレッチなどウォーミングアップ不足状態からスピードを上げて走ると古傷にきます
娘の競技サポートで私は3日に2回マッサージなどしていましたが
(これは練習のケアと言う考えではなく 良い状態で練習に挑むと言う考え方です)気を付けていても故障しました(笑)
私自身もです(笑)あまり深く考えるとキリがありません 走る為の筋肉アップなど 今出来る事を前を向いて進んでみて下さい
そしてきっと笑顔でゴールして下さい 応援します! ランニングの世界へようこそ!

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:30:03
不適切なコメントとして報告する
詳しく回答頂き、ありがとうございます。
膝が悪いのは、今に始まった事ではない為、気をつけて走っているつもりでした。
整骨院に行った所、太ももの筋肉が内側に向かっているのに対し膝から下はまっすぐになっているとの診断結果でした。
しばらく整骨院に通いつつ、ゆっくり散歩から始めます。


回答No.4
回答者
Supporter[6500608]
回答日時
2019/04/15 12:10:22
不適切な回答として報告する
     
膝の痛みに関する改善の方法や、考え方をご自分の足の改善の経過をたどりながら、ご自分で本を出版された医者の話があります

膝が痛いと言って膝ばかり診ていても良くならないことが多いようです
https://ameblo.jp/iwashiro253421/entry-12369316285.html

こんなブログもありました

何か参考になるといいですね!
ここにあるフィンランド式フットセラピーは効果がありそうです


    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:35:18
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。
膝ばかり見ていてもダメなんですね!
参考にさせて頂きます。


回答No.5
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2019/04/15 15:52:20
不適切な回答として報告する
     
安静時でも膝が痛むならば、治るまで安静にするしかありませんが、走るときだけ痛いのであれば、スクワットなどの筋トレをして、ひざ周りの筋肉をつける(膝への衝撃の緩和になる)ことが有効なリハビリ、次回のけが予防につながると思います、ポイントは、速くやらない、ゆっくりストレッチを意識しながら行うことです。
あとは、水中ウォーキングや、水泳(平泳ぎは不可)も、脚周りの筋力維持に効果があります。
少なくとも1か月は「ジョグ:週に最大2回まで、走る速度は1km7〜8分、一度に走る距離は最大で7kmまで」と、筋トレ:「ハーフスクワット」と「スプリットスクワット」をゆっくり20回×2〜3セット で、リハビリをしましょう。
そうすれば、1ヵ月後には(初めはゆっくりだけど)回復するはずです。長い目で見て、焦らない方が得策です。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:38:42
不適切なコメントとして報告する
詳しく練習内容など教えて頂いてありがとうございます。
昨日整骨院に行き、痛みが楽になったので、散歩や筋トレからして行きたいと思います。


回答No.6
回答者
白き鷹[9380837]
回答日時
2019/04/15 19:54:29
不適切な回答として報告する
     
こんばんは。一般的な考えで申し訳ございませんが、以下の対策はどうでしょうか。

①別の整形外科を受診する。
②整骨院で診てもらう(骨ではなく筋肉痛の可能性もあり、歪みを矯正するのもあり)
③ダイエットで減量して膝の負担減を図る(太っている場合)
④病院で膝の水を抜く
⑤膝のサポーターを着用する(練習やレースにて)
⑥まずはゆっくりウォーキングして様子見する(走り始めということで筋肉をつけてから)
⑦ストレッチでほぐし、トレーニングで筋肉をつける
⑧靴やインソールを見直す(足の負担減)


該当しないのもあるかもしれませんが、参考までにご検討ください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:41:44
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

昨日整骨院に行きました。診断結果は太ももの筋肉が内側に向かっているのに対し膝から下はまっすぐになっているとの事でした。しばらく通ってみようと思います。


回答No.7
回答者
ゲン[7602644]
回答日時
2019/04/15 22:21:54
不適切な回答として報告する
     
ゲンといいます。二年前に右膝靭帯炎をやり復活まで一年かかりました。月間距離100k ベスト3.25.19です。変えるのは練習内容、ラン、bike、体幹トレを主にしています。体ポイント練習でインターバルやペース走、LSDをします。肝はペースを変化させて練習すること。手っ取り早いのは膝周りの筋肉強化と体幹の強化で膝への負担が軽減できます。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:43:29
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

痛みが楽になっているので、散歩、筋トレを少しずつして行きたいと思います。


回答No.8
回答者
KADOWAKI[6623579]
回答日時
2019/04/16 15:14:04
不適切な回答として報告する
     
痛みが出る場合は安静第一です。痛みが消えたら短い距離からウォーキングを始め、ゆっくりジョグ、ジョグと長い期間で継続すると良いと思います。少しでも痛みがでたら走るのを中止し期間を延ばして安静第一から始めていくのが確実かと思います。
私の場合は、痛みが消えたらウォーキング(痛みなし)→ゆっくりジョグ(痛みなし)→3日間継続→ジョグ(痛みなし)→3~7日継続→ペース上げ。(違和感がでたら即ヤメして様子を見て段階を1つ2つ戻しています。)
骨に異常がないのであれば、膝の周りの靭帯の炎症が考えられます。膝の周りは血管が少ないため治りにくい箇所でもあります。温冷浴などをして血管を拡張して血流を良くすると治りが良くなるので試してはどうでしょうか。

痛みを我慢しても長期的に見てマイナスでしかないので完治最優先で焦らずいきましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/16 22:51:25
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

痛みが楽になっているので、散歩や軽い筋トレを少しずつして行ってます。

今考えると、走っている時、違和感や痛みがあっても少しくらいだし、走りたい気持ちの方が大きくて走ってました。

今後、走れなくなるのも嫌だしメンテナンスしながら楽しんで行きたいです。


回答No.9
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2019/04/17 12:02:07
不適切な回答として報告する
     
走り出す前に、ある程度の時間をドリルとか動的ストレッチで体を温めてから走ると良いと思います。
また、膝周りの筋肉を鍛えるため、筋トレをすることをオススメします。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/17 17:26:06
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今までストレッチはサッとする位でした。筋トレはしてなかったので、様子見ながらして行きます。


回答No.10
回答者
かぎちゃん[7148471]
回答日時
2019/04/18 18:43:12
不適切な回答として報告する
     
こんにちは

痛みはともかく、「腫れる」というのはちょっと不思議ですね。
よく整形で相談なされたらと思います。異常がないなら普通あり得ないように思います。
6年はあまりに長い気がします。

それと痛みがあるなら、水泳か自転車がお勧めですけどね・・・


    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/18 20:42:58
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今は整骨院に通っていますが、スポーツ整形にも行ってみようかと考えてます。


回答No.11
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2019/04/18 19:40:20
不適切な回答として報告する
     
膝の痛みという事ですが、膝のどこなんでしょう?内側?外側?正面?膝の内側が痛い?
詳しいことが文面で分からないので、基本的な回答になります。

痛みがあるときは基本、走らないことです。走っているうちに痛みがなくなる場合はケガではなく、体のバランスが悪くてどこか狂った走りになっているだけです。まあ、そのまま走り続けると、へんな癖がついてしまったり、慢性的な痛み(故障)につながりかねません。根本原因を探って、バランスを直してください。
ゆっくり走れるなら、痛みが出ないのでしたら、問題なく走れます。走り続けると、体重が落ちて楽に速く走れるようになってきます。それからスピードを出せばよいです。今は焦らずに原因を探りましょう。

走れない場合は、水泳などクロストレーニングをして膝に負担をかけないことです。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/18 20:46:49
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

説明不足でしたか、膝の内側が痛みます。今は整骨院に通っています。

痛みはかなり楽になりました。しばらく整骨院に通院しようと思います。


回答No.12
回答者
サトP[6714099]
回答日時
2019/04/18 20:25:33
不適切な回答として報告する
     
はじめまして、たむさん。
転倒時の骨は異常なしのようでひとまず安心ですが、継続的な運動時に痛みや腫れの症状が発生しているところをみると、膝関節の靭帯を損傷したりしているかもしれませんね、私は医者ではありませんので断言はできませんが、一度MRIやCTを撮ったほうがいいかもしれませんね、それと、医師自身がランニングをしているところや、スポーツドクターに診察をしてもらえばいいと思います。私も強度の捻挫で足首骨折の経験がありますが、骨折が完治しても一向によくならず、1年もリハビリに通いました。その後スポーツドクターを紹介していただき、即入院、手術でした。一般の整形の先生では発見しずらい状態だったようです。術後はリハビリご現在はレース復帰してます。
ご参考までに

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/18 20:51:13
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今は整骨院に通っています。しばらく通院してみて、あまり変わらないならスポーツ整形に行ってみたいと思います。


回答No.13
回答者
ニックネーム未登録[9101026]
回答日時
2019/04/18 21:50:16
不適切な回答として報告する
     
私の経験を記載します。
膝を痛めたとき「無意識に庇って左右のバランスが崩れているのでは?」というアドバイスをもらいました。
対策としてケイデンス管理を勧められました。耳にメトロノームを装着して左右の着地時間を同じくするというものです。この方法でどちらかの脚(膝)に負荷がかからないようにするのです。
私はこれで膝の痛みがなくなり、以降一度も痛めていません。ピッチを管理するのにも役立ちますよ。
「イヤーメトロノーム」で検索すると出てくると思います。
早く回復して快適なランニングができることをお祈りしています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/20 15:58:17
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

そうですね、右の膝を怪我したのですが、痛くて庇ってしまい左にも負担がかかり痛みが出た事もありました。

イヤーメトロノーム、初めて聞きました。ありがとうございます。

長く楽しんで、怪我なく安全に走りたいと思いますので、参考にさせて頂きます。


回答No.14
回答者
Cabos[9176388]
回答日時
2019/04/19 00:46:28
不適切な回答として報告する
     
私も定期的に膝の痛みが頻発するため、整形外科に行ったところ、レントゲンで異常はなく、電気と湿布で安静にとのことで、セオリー通りの回答しかかえってきませんでした。膝の痛みに関しては、レントゲンでは発見できない(写らない)場合がありますので、一度MRI検査を受けることをお勧めします。その結果次第で、その後の方向性を決められてはいかがでしょうか?まずは痛みの原因(症状名)をハッキリさせないと、どの程度の強度でランニングして良いか分かりません。転倒したことが直接の原因なのか、それとも別に原因があるのか。
膝の痛みに関しては、筋力不足・柔軟性不足・フォーム・シューズが合ってない・オーバーワーク等、様々な要因がありますので難しいですね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/20 16:07:01
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

膝を怪我したのは、かなり前で、その時たぶんMRIもしたと思います。
手術も言われましたが、怖いなと思ってしてません。

今は整骨院に通院していて、かなり良くなりました。

悪化させないように、走って行きたいと思います。


回答No.15
回答者
トモトモ[183913]
回答日時
2019/04/19 22:43:03
不適切な回答として報告する
     
すみません。失礼だとは思いましたが貴女のプロフィールで年齢も確認させていただきました。僕は走歴12年、病院勤務で、大会初参加も貴女と同じくらいの年齢でした。僕も走り始めの時に通った試練です。結果から言えば練習を継続して大腿四頭筋が鍛えられてきたら痛みはなくなります。
鍛え方ですがこのRUNNETの初心者集まれを参考にすると良いと思います。出来るだけ舗装道路よりも芝生や土の公園があればそこを走る。走り終わったら必ず最低10分はアイシングを!
またヒマなときにクォータースクワットをすると良いと思います。膝を90°曲げるのがハーフつまりそれよりも膝に負担の少ない45°程度しか膝を曲げないスクワット、大腿四頭筋のトレーニングです。日頃の生活でも膝を90°以上曲げて力を入れるような生活は送らないようお気をつけください。畳には座らず、椅子の生活に!
病院は走る人の気持ちが解るスポーツ整形に!普通の整形外科医では「あなたそこまでして走りたい?痛かったら走らなければ良いじゃないか!」と言われるのがオチ。荒療治の整体やカイロは絶対に受けないでください。基本的に医学の勉強をしていない人なので壊されます。
それから、飲むヒアルロン酸なんて絶対効かないですからね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/20 16:12:15
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

また詳しくスクワットも教えて頂いてありがとうございます。

スポーツ整形がいいんですね!今は整骨院に通ってますが、それは大丈夫なんでしょうか?

自分でも調べてみます。ありがとうございます。

回答者からのコメント
回答日時
2019/04/20 18:23:08
不適切なコメントとして報告する
整骨院(柔道整復師)は一応は国家資格ですが医師と比べると知識は半分以下です。病名によっては診る事が出来ない疾患もあります。医者が足らない時代に応急処置的な施術をする為に生まれた資格です。いわば街中に学校の保健室があるようなものです。何か重大な疾患が隠れていた場合、見落とす可能性があると思います。僕だったら行きません。

回答者からのコメント
回答日時
2019/04/20 18:31:34
不適切なコメントとして報告する
医療なび で検索してみてください。

質問者からのコメント
回答日時
2019/04/22 12:36:58
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。

そうですか。スポーツ整形が近くにあるかわかりませんが、探してみます。


回答No.16
回答者
パンダ[9412532]
回答日時
2019/04/20 22:58:20
不適切な回答として報告する
     
本格的なランニングを始めて4年目のものです。自分も1年ほど前にランニング中に膝を故障し、しばらくは軽い段差を上り下りしただけで激痛が走るほどでした。整形外科でCTまで撮ったのですが骨や腱、筋肉も異常なしとの診断を受け途方に暮れていました。
そこで周りのランナーに相談して教わった方法を試したところ膝痛をかなり減らすことができ、走破距離も伸ばせる効果がありましたので是非試して下さい。
①走る前と後に膝裏の腱を入念にストレッチする。
②走る際には姿勢を伸ばし、前屈みにならない。
③脚を後ろに強く蹴り上げるようなフォームになっていないか意識する。
この3つを意識してみてください。後、質問にありましたが痛みが続くようでしたら休養をしっかりと取ってください。痛みを我慢したままだと中々思い通りに走れずストレスが余計に貯まりますし、痛みが消えるまで時間がかかってしまいます。
自分はランニングの翌日の階段の上り下り降りで痛みが出たら1週間は全く走りません。
痛みが消えたら上記の3つを意識してかなり低負担なLSDを何週間か行った後、徐々にペースを上げていけばいいと思います。
お互い膝痛持ちとしてあまり無理せず頑張りましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/22 12:33:53
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今は痛みもなくなり、少しずつ走るのを再開してます。

意識してストレッチ、姿勢に気をつけるなどして行きたいと思います。


回答No.17
回答者
なまこ[7003961]
回答日時
2019/04/21 15:39:53
不適切な回答として報告する
     
私も膝痛いことがよくあります。
骨盤の歪みから膝への負担がかかっていると言うことですが、整体でも何も言われないのであれはそういうことはないのでしょうかね?
あとは、太ももの筋力不足で膝上に痛みが来ることもあるようです。

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/22 12:43:59
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

整骨院でみてもらったら、腰や太ももの筋肉が結構固いとの事でした。

ただ、整骨院は医者ではないと、こちらで教えて頂いたので、スポーツ整形を探しています。


回答No.18
回答者
じゅんたろう[7660933]
回答日時
2019/04/24 15:38:06
不適切な回答として報告する
     
故障歴があっての事ですね。
筋肉とか靭帯とかは異常無いのでしょうか?

レントゲンでは写らない部分です。

一度MRIのあるところで診て貰った上で考えた方が良いかもしれません。

そこまで診て異常がない場合は。フォーム。
脚を前に着いている事が顕著なのかもされません。

前に着けば、膝への負担は増えます。
重心の下に脚を付くように心がけて見てください。

参考になりますでしょうか?

    
質問者からのコメント
回答日時
2019/04/24 19:44:46
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

MRIはたぶん検査したように思います。

軽い感じで行ける、ランニング教室やイベントに参加してみるのもいいかなと思ってます。


回答No.19
回答者
チキチータ[9058005]
回答日時
2019/04/28 20:28:14
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。たむさんのつらいお気持ちよく分かります。

走るとは歩くと異なり体重の何倍もが体に衝撃がかかります。
これは予想ですが、腹筋背筋が弱いため体幹でその衝撃が支え切れずに、脚(特に膝)への負担が大きくなっていると思います。
今後長くランニングライフを続けたいないなら
怪我の治療とともに体幹を鍛えるトレーニングと体幹で支えられるフォーム作りが必要になるでしょう。

You tubeで金哲彦さんの動画が多くございますので興味があればご参考にしてください。

    

    19件中  1~19件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋