本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.28664
カテゴリー
? ?
コンディショニング /テクニック・技術・ノウハウ

質問者
haru[6747449]
投稿日時
2018/11/06 17:14
回答期限
2018/11/20 17:14
状態
    終了
不適切な質問として報告する
レース中やゴール後の胃の不調
ラン歴約7年の46歳男性、年間2~3回フルマラソンに参加し、ベストタイムは3時間20分です。
最近レース中やゴール後に胃の不調に悩まされており、レース中でも給水が喉を通らなくなり、嘔吐することも度々あります。
調べると原因は内蔵疲労のようですが、このような状態になるとレース中は歩くのがやっとで、ゴール後はしばらく動けません。
ただ、1~2時間休むと普通に食事ができるくらいに回復します。
以前は30kmすぎてからこのような状態になっていたのですが、最近は20kmすぎに苦しくなり、だんだん状態がひどくなっています。

対策として、ガスター10やセルベールなどの胃腸薬を試し、10km毎に1錠飲んでみたり、一度に2錠飲んでみたりといったこともしてみました。
また、エイドでの給水を少なめにしたり、多めにしたり、水分の吸収をよくするため電解質パウダーを飲んでみたりしましたが、いずれも効果ありませんでした。
念のため胃腸内科や循環器科を受信しましたが、全く問題ありませんでした。

レース当日の朝食はスタート3時間位前にとり、ごはんやバナナ程度です。

トレーニングは月間走行距離200km程度、ビルドアップ、LSD、30km走など取り混ぜて、筋トレなども入れています。
問題なかった頃よりトレーニング強度を上げているくらいなのですが、胃の状態は悪くなっています。

正直ちょっとお手上げ状態です。
ペースをキロ5分以下位まで落とせば大丈夫なようですが、なんとかもっとタイムを狙えないか、と思っています。
何かいい克服方法などがありましたら、教えてください。


    17件中  1~17件目表示  
回答No.1
回答者
batty[213637]
回答日時
2018/11/06 18:43:20
不適切な回答として報告する
     
haruさん、こんばんわ。
フルマラソン、途中で給水できないとなると、相当お辛いですよね、、

給水は、喉が渇いてからとっていませんか?
5km毎に給水ポイントがあるところが多いですが、毎回少しずつでも摂るようにしてください。

もうひとつ、厳しいようですが、年齢的なこともあると思います。ベストタイムを出した3時間20分は何年前ですか?
マラソンのもう1つの楽しみ、「ファンラン」。初心の頃に返って、楽しんで完走めざしてみませんか?

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/06 21:41:29
不適切なコメントとして報告する
早速の回答ありがとうございます。

給水は全てのエイドで取るようにしています。毎回コップ1杯飲んだり、3口程度にしてみたりなど試しましたが、あまり変化はなく、胃がむかついてくるとほとんど飲めなくなります。

年齢の要因は、確かにあるのかなあ、と思ってました。いつかはファンランに切り替える時が来るのでしょうが、もう少し挑戦してみたいと思います。


回答No.2
回答者
あしくり[8281395]
回答日時
2018/11/06 19:08:09
不適切な回答として報告する
     
haruさん初めまして。あしくりと申します。胃ではないですがきつい練習後、レース後しばらく動けないというのは私もありますね。完全に内臓疲労ですね。

以前より練習強度も上がっているということですので、慢性的に内臓疲労が溜まっているのではないでしょうか?練習と同じかそれ以上に休息と普段から内臓疲労を取り除くことを考えてみてはどうでしょう?魚介類に豊富に含まれるタウリンを積極的に摂取してみたり、私は内臓がやられたな~と思った時はよくウコンを飲みます。どのくらい効果があるかは個人次第ですが試してみる価値はあるかと。

あと胃腸薬はスタート前に飲む程度で。ウルトラならまだしもサブ3.5なら1回位飲めば十分でしょう。逆に飲みすぎる方が危険かと…

みなさんの意見も参考にして克服できるといいですね。いろいろ試して頑張ってください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/06 21:51:01
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

普段の生活では胃腸に全く問題なく、慢性的な内蔵疲労考えにくいのですが、自覚症状がないだけということもあるのでしょうか。ウコンは全く試したことがありませんでした。参考にしてみます。

胃腸薬を多めに飲むのはやっぱりやりすぎでしたね。結局効果ありませんでしたし・・・


回答No.3
回答者
ヒロ[7039510]
回答日時
2018/11/06 21:17:50
不適切な回答として報告する
     
 haruさん、はじめまして。内臓疲労ということですが、この疲労が抜けていないのではないでしょうか。私自身がそうだったわけではありませんが、1年間内臓疲労が抜けなかったという人もいます。まずはしっかりと疲労を抜いてください。そのためにはしっかりと睡眠を取ることや、鶏の胸肉(イミダゾールペプチド)を食べること等があります。参考になったか分かりませんが、復調することを祈っています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/06 21:58:18
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

普段の生活で内蔵疲労の自覚症状がなく、トレーニングでも胃が不調になるほど追い込むことはあまりないですし、レースは半年以上間隔を開けることもあります。でも気が付かないだけで疲労がたまっているのでしょうか。普段の生活でもどこかで無理しすぎているのかもしれませんが・・・


回答No.4
回答者
syuidasya[6395810]
回答日時
2018/11/06 21:38:07
不適切な回答として報告する
     
haruさん、こんにちは。胃の負担とのことですが、もしかしたら肝臓に負担がかかっている可能性もあるのでは。
僕もレースの数日後に献血をして、血液検査を確認したところ、肝機能の上昇がありました。肝機能が上がると自覚症状がとぼしいことも多いですが、場合によっては食欲不振等の症状が出ることがあります。対策として、大会前はアルコールやカフェインの摂取を控えてみてはいかがでしょうか。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/06 22:08:47
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

肝機能の要因は考えたことがなかったです。
ただ、コーヒーは毎日飲みますのでカフェインは取りますが、アルコールは日頃からほとんど飲みません。
人間ドックは毎年受けていますが、肝機能は正常値のようです。
肝臓に限らず、年齢的にいろんな臓器に多少衰えがきている可能性もありますね。

回答者からのコメント
回答日時
2018/11/07 19:13:09
不適切なコメントとして報告する
現在39歳ですが、35歳過ぎてからレース後に劇的に肝機能が悪化することがあります。特に坂道が多いレースで顕著で、医師の診断を勧められたこともあります(異常なしでしたが)。


回答No.5
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2018/11/06 22:01:50
不適切な回答として報告する
     
内臓疲労ではないか、というのはご自身の判断ですか?それとも胃腸内科や循環器科の医者が言ったのでしょうか?
今までにとった対策を拝見すると、投薬、給水、給食、当日の朝食も、これといった原因として思い当たるものがないですね。もともと、子どものころからお腹が弱い体質だったという事はないですか?そうではないなら、日頃の練習強度が高くなったことで、疲労が抜け切れていないまま大会当日を迎えているということだと推察します。
つまり、調整が巧く行っていないということですね。日頃の練習では体調が悪くならないなら、そうだと断言しても間違いはないでしょう。ポイント練習として、ビルドアップ走、30kmの距離走などをしているようですが、速く走る、記録を縮めるという目標なら、つなぎのJOGが重要です。体調を整える意味が強いです。いわゆる、アクティブレスト(積極的休養)ですね。そして、インターバル走や短い距離のペース走で、目標とするペースよりも速い走りを取り入れましょう。その負荷の強いポイント練習の疲れをつなぎのJOGで取り除くのです。まったく走らない日も1,2回設けても良いです。疲れがたまる傾向にある人は、どの練習も大体同じペースになっている人が多いです。練習にもメリハリが必要。ポイント練習では頑張り、つなぎJOGはひたすらゆっくりと疲れを取る。仕事で疲れたら走らない。柔軟な姿勢で乗り切りましょう。
もちろん、睡眠、食事は大事です。頑張ってください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/06 22:38:26
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

他の方の回答にもあるとおり、やっぱり慢性的な内蔵疲労でしょうか。内蔵疲労はネットで調べた情報だけでの判断です。
そうだとすればはっちゃんさんの言われるとおりレース前にすでに失敗しており、レース中に胃腸薬を飲んだり給水を調整したりしても効果がないのは当然ですね。
ただ、普段のトレーニングはJOGがメインですし週2~3日位全く走らない日がありますので、休養は取れているのでは、と思いますが、自分で気づかないだけで疲労がたまっているのかもしれません。
胃腸の弱さを自覚するのは、この症状が出るようになって初めてのことで、今までは全く問題ありませんでした。




回答No.6
回答者
亀[13059]
回答日時
2018/11/06 22:56:45
不適切な回答として報告する
     
こんにちは、haruさん。

内臓疲労を避けるための幾つかの注意点があります。
まず胃腸の疲労を避けるには、冷たい飲み物や極度に熱い物は避ける必要があるでしょう。
脂質を摂ることは重要ですが、質を工夫する必要があるかもしれません。
サラダオイルよりもオリーブオイル、ごま油等のオメガ3系が良いかもしれません。ラードやバター、脂肪分の多い肉類は脂肪分解のために胆のうや肝臓に負荷をかけます。
油分の多い便は時として胃腸の働きがオーバーワークになり、これまた疲労の原因になります。
あと、アルコールは摂っているようでしたら控えるのが良いでしょう。

睡眠も十分に取る必要があります。その為には就寝2時間前は食物は避け、飲み物は常温のお茶や水・少し温めたスポーツドリンク等が優しいかもしれません。

余談ですが、今年の夏は酷暑を過ぎていました。スタミナの消耗は日常生活でも激しいものだったでしょう。
筋肉の疲労は少なくても、人間の体は状態を一定に保つ機能があり(恒常性)それは酷暑において生活しているだけでもダメージがあったはずです。
その状況で例年よりも練習量を上げたとすると、身体はどうなるか想像はつくと思います。
今シーズンは夏の疲労が蓄積した影響か私は内臓疾患を悪化させてしまい、レースは棄権となりました。

今年のトレーニングシーズンで運動と仕事と家事の合間にどれだけ休養が取れてそれが異常な酷暑を乗り切るために必要な休養の量だったかを振り返るのもひとつでしょう。
どうぞお大事に。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/08 00:49:43
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

僕も暑さに弱く、夏場や気温が高い日は早く足が止まってしまいます。暑さに対する弱さと、内蔵に疲労がたまることに何か関係があるのかもしれません。
でも自覚症状がなく、病院での診察や人間ドックの数値も問題がなく、疲労具合を知る方法がわかりません。

回答者からのコメント
回答日時
2018/11/08 01:21:29
不適切なコメントとして報告する
疲労の程度は血液データに出にくいかもしれません。
西洋医学のデータという形に出るものではなく東洋医学の気の流れを読みとる感覚的なものが疲労の度合いは測ることが得意なような気がします。
内臓疲労が程度を超すと入院加療が必要なまでになりますが、ここまで来るとデータに現れます。

東洋医学で疲労の度合いを知るには鍼灸師等が得意と思います。


回答No.7
回答者
らったった[8503639]
回答日時
2018/11/07 09:11:15
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。
自分も以前はタイムを気にしていました。
どれだけ早く走れるか、どうやったらタイムを縮めることが出来るかを、
今は楽しむことに重きを置いています。
多少の負荷をかけ、笑顔でゴールする。景色を楽しみながら、
自分は悪あがきとして、アミノバリューを飲みます。
走ることを楽しみましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 20:40:45
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

次回はペースを落として、レースを楽しんでみようと思っています。
初めてファンランにしてみますが、エイドの食べ物や沿道の応援など、新しい楽しみ方に気づけるかもしれません。


回答No.8
回答者
極楽ハゼ[10689]
回答日時
2018/11/07 10:32:30
不適切な回答として報告する
     
消化器内科で胃カメラ検査をお勧めします。フルマラソンの場合エネルギー補給も必要な運動時間になるので補給ができないのは辛いですね~💧、運動中は消化器系の血流を絞って、筋肉に血流を配分するために、内臓機能は低下します。運動強度が上がれば尚更です。食事も3時間前に済ませて見えるとの事で消化時間は配慮されて見えると思いますが、消化器内科の医師の診断次第ですが、当面は補給の要らない、ハーフや10km迄の距離にして走ってみては如何でしょうか?それでも消化器系に異常が有るようなら運動中の胃の状態を調べる必要が有ります。フルマラソンは消化のいいもので4時間前に食事してもらい補給食無しで行けるペースまで落として胃の状態を見ながら練習程度で走ってみてどうなのか?検証してみるのも良いと思います。37キロ過ぎてから行ける様なら4分40秒程度まで上げて一度試してみてください

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 20:57:20
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

フルよりペースは早くなりますが、ハーフ以下の距離では問題ないようです。フルでもペースを落とせば問題ないです。
そのため原因はペースなのか距離なのかよくわかりません。
普段フルマラソンでは、5kmくらいまでペースを抑えて、そこからペースを上げるようにしていますが、後半で胃腸の苦しみに襲われています。
後半までペースを抑えて、そこからペースを上げる、という方法は試したことがありませんので、やってみようと思います。


回答No.9
回答者
けいすけ[6915061]
回答日時
2018/11/07 11:52:53
不適切な回答として報告する
     
食生活はどのようなものなのでしょう?
単純な内臓疲労ではお医者さんは異常なしと診断します。
もともとが胃腸の弱い方ではないでしょうか?
給水が通らなくなるとか嘔吐するというのは、胃腸が疲れているからです。
この状態が続いている間は長距離は走らないほうが無難なほどなのです。
食の太さは内臓の強さと言いますが、高橋尚子さんはランニング後に食べる事ばかり考えていたそうです。
すぐには難しいかもしれませんが
1.ランニング前には消化のいいものを食べる。
2.食べるものは揚げ物、スナック類、繊維の多いものを避ける。
3.満腹になるまで食べない。
4.ランニング3時間前には食事を終える。
これを行うだけでもランニング中の不調はかなり避けられると思います。
また、食事はよく噛んで消化に時間がかからないようにすることも大事です。
冷たいものも胃腸の動きを悪くしますからよくないですし、運動後のビールなどは最悪の組み合せです。
普段からの食生活の見直しをして、体調がよくなってきたら記録狙いをすればいいと思います。
ランニング中に胃薬を飲んでも吸収されにくい状態ですから、気休め程度にしかなりませんよ。
4.

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 21:07:42
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

食生活については、特に問題ないと思うのですが・・・
3食食べていますし、極端な偏食などもないです。揚げ物や消化が悪い物が多いわけでもないと思います。
普段の生活では胃が不調になることはほとんどないです。
フルマラソン前の朝食は消化のいいものやゼリー飲料などにしています。

ランニング中に胃薬を飲んでも吸収されにくいことは考えていませんでした。確かに胃の動きが低下するので当然ですね。


回答No.10
回答者
ぬかさ[108246]
回答日時
2018/11/07 15:04:10
不適切な回答として報告する
     
僕も、給水ができなくなる(すぐに戻してしまう)症状に悩まされてきました。特にトレランで、胃が揺すられると戻してしまい、補給ができないためリタイヤすることがありました。
僕の場合は、ガスター10をスタート1時間前に飲むことで、完全に解消できました。即効性がありますが、胃がむかついてからではなく、事前に飲むようにしています。トレランやトライアスロンなど、レースが12時間以上になるようなレースでは、レース中にもう1錠飲む場合もあります。

ガスター10などH2ブロッカーは、非常に強い薬ですので、1日2回まで、8時間以上間隔を空けて飲むように用法が決められています。10kmおきに飲む、一度に2錠飲むなどということは自殺行為です。レースでの完走と引き換えに胃潰瘍になってしまいますよ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 21:19:31
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

同じ症状の方もおられて、ちょっと安心です。自分は特異体質かと思ってました。
でも自分はガスター10は効かないんです。やはり個人差があるんですね。
規定量以上に飲むのは、結局効果はありませんでしたし、もうやめています。

トレランは1度だけ40kmのレースに出たことがあるんですが、28kmでリタイアしました。
その時は胃は大丈夫だったのですが、暑さにやられてしまったようです。





回答No.11
回答者
チャッピー[7033088]
回答日時
2018/11/08 00:28:46
不適切な回答として報告する
     
私も同様の症状があります。暑い日に一定のペースよりスピードを上げると危険信号(私の場合、気温25度以上)。また、消化に悪いもの(海藻類、野菜など)も胃の不調になります。
 牛乳を朝に飲むと大丈夫でしたが、2杯飲むと今度はトイレに行きたくなります。牛乳やお茶は利尿作用があるので、タイムを狙われる場合は取りすぎに注意しましょう。
 また、エイドでは水とスポドリを同時に取るのは勧めません。前半は水、後半はスポドリと分けた方がいと思います。そして、早めに固形物を口に入れておいた方がいのむかつきがないことに最近気づきました。
 参考になるものがありましたらお試しください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 21:28:09
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

走る前に牛乳は飲んだことがありませんでした。一度試してみようと思います。
同じくジェルなどは前半早い段階で少しずつ口にいれるようにしています。
とにかく後半はジェルの味だけで吐きそうになり、全く食べられなくなりますので。

いろいろ試しましたが、どれも全く効果がないのが悲しいです。


回答No.12
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2018/11/08 11:55:15
不適切な回答として報告する
     
レース中の給食の取り方について、水はすぐに飲んでかまわないが固形物を食べるのはしばらく走ってからの方がよいと
されています。
かといって、空腹過ぎても胃酸が胃を痛めやすいので、ジェルなど少量飲む位はした方がよいかと思います。

なお、一部の胃腸薬(チョウジ・ヒゲナミン・ホミカ・ストリキニーネを含むもの)はアンチドーピングで禁止薬物に指定されていますので、成分を確認の上、服用してください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/09 21:32:03
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今までレース中に固形物はほとんど食べたことがないです。ジェルもかなりいろいろな種類を試しましたが、どれも中盤以降は口にしただけで吐きそうになり全く食べられません。


回答No.13
回答者
KADOWAKI[6623579]
回答日時
2018/11/08 16:08:25
不適切な回答として報告する
     
スポーツ腹巻付けてみてはどうでしょうか?ある程度内臓の揺れを押さえつつ腹冷え予防にもなります。
内臓疲労の原因には走ることによる内臓の揺れと走ることで内臓に血が行きにくくことにあります。
ですので上下運動の少ない走り方や体幹の強化も効果はあるはずです。
また、ペースを上げれば上げるほど筋肉に血液が持っていかれてしまうので前半ペースを抑えて後半に上げるという走り方をすれば幾分内蔵へのダメージは抑えられると考えます。
全部、本やネットの知識なので参考程度になればと思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/10 21:51:46
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

スポーツ腹巻きというものは初めて知りました。寒くない時期でも症状は出ますので、冷えが原因ではないと思います。内蔵の揺れを防ぐために体幹のトレーニングなどもしていますが、今のところ効果ないです。前半のペースをもっと落とすことは一度試してみようと思っています。


回答No.14
回答者
Spinnaker[9263626]
回答日時
2018/11/08 21:25:50
不適切な回答として報告する
     
ランニング中の胃の不調にはいくつかの要因があることは十分にご存知だと推測しますが「物理的問題:振動によって揺れ続ける」「生理学的問題:血流が内臓に行きわたらない」に大別できるかと思います。

前者はいわゆる体幹を鍛えて揺れを防ぐ力(内臓を支える力)を強くするのが効果的と一般的に言われています。但しこの「体幹」は主に腹筋や背筋(主にはアウターマッスル)と想像しがちですが、実際に内臓を支えるのはインナーマッスルです(トレーニング方法は様々ありますのでネット等でご確認ください)
後者はすでに対策されている点に加えて、エネルギー枯渇によるもの低血糖の疑いはないでしょうか? 給水に関しては書かれていらっしゃいますが、レース3時間前に「ごはんやバナナ程度」を採られた以降のエネルギー補給有無が不明ですので申し上げました。内臓疲労状態でも吸収しやすいエナジージェル系で適宜補給されているのであれば杞憂かもしれません。 
また「だんだん状態がひどくなっています」という点とトレーニング強度を上げたことの相関は如何でしょうか? トレーニングによっても(特に距離走では)内臓疲労は発生することはご理解されていると思いますが、表面的には表れていなくても蓄積された疲労によりレース本番での胃の不調タイミングが早まる可能性として気になった次第です。

以上、明確な克服方法をお伝えできておりませんがご容赦ください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/10 22:08:49
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今のところ原因は内蔵の血流不良や疲労の可能性が高いと思っています。
エネルギー補給は、胃の不調が出てくるとジェルでさえ口にすると吐き気がするのでほとんどできなくなります。
胃に問題がない前半のうちに補給するようにはしていますが、低血糖の可能性もあるかもしれません。

状態がひどくなっているのにトレーニング強度を上げたのは、これまで内蔵の慢性的な疲労という意識が全くなかったからです。原因はトレーニング不足、くらいに思っていましたが、逆効果だったかもしれません。
トレーニング強度を上げるのではなく、方法を検討する必要がありそうです。


回答No.15
回答者
ENTDr[148325]
回答日時
2018/11/11 16:11:21
不適切な回答として報告する
     
頭痛持ちではありませんか?片頭痛・緊張性頭痛などはありませんか?内耳や脳内の病変はありませんか?鼻づまりはありませんか?
① 片頭痛を持っている方は異常な眼球の運動や眼振などが起こり、めまい感が生じる場合があります。長期にわたり頭痛のある方は頭痛や頭重感の状態がいつもの状態なので当たり前と思っているまたは気になっていないようです。そして、ときどき片頭痛の発作が起こると思っているようです。しかし、自覚的に症状がないと思っていても客観的に検査をすると片頭痛に伴う異常が検出できます。しかし、片頭痛のある方は眼から刺激が入るとき・・自分の見ているものや目に入るものが動いているときなど・・は、眼からの入力が脳の中で上手く処理できず異常な眼の動きが出現します。急にそのような状況になる場合にはめまい感を自覚するのですが、慢性的な片頭痛の方はめまい感を自覚しません。しかし、脳内では眩暈を感じているので、めまいが起こっているときの反応が出てしまいます。それが気持ち悪いとか唾液がいっぱい出るとか、乗り物酔いに近い症状です。20分ぐらい目を閉じて暗いところで休めば、改善してくるようです。このような方は、映画を観たあと辛くなったり、乗り物酔いが起こりやすかったり、船酔いが酷かったりする傾向にあるようです。
②慢性的な眩暈症の方も、前述の片頭痛の方と同じように、眼から入る刺激によって乗り物酔いの症状が出やすいようです。耳の病気が徐々に進行し知らないうちに眩暈の所見が出現していることもあります。ただ、この場合には、症状の回復は片頭痛の人より遅いかもしれません。
③鼻づまりがあるだけでは質問者の症状は出ないと思われますが、片頭痛持ち+鼻づまりで乗り物酔いの症状がでる人がいます。

結論としては、片頭痛またはめまい(難聴も含めて)のチェックが必要と思われます。
神経内科や脳外科では客観的な片頭痛所見のチェックは難しいかもしれませんが、脳内に異常が存在するかどうかのチェックは出来ると思われます。また、片頭痛に対する治療が可能かもしれません。
客観的なチェックとは、異常な眼の動きの存在を明らかにすることです。それなら耳鼻科でしょう。聴力も判りますから・・・しかし、耳鼻科の医者で片頭痛を得意としているのはごく少数かもしれません。

質問者の内容から、症状は乗り物酔いに類似しており、顕著で無い片頭痛や眩暈に特化した解答を記載しました。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/20 22:50:44
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

今のところ、頭痛やめまい、鼻づまりなどの症状はありません。
吐き気がする症状から、もしかしたら乗り物酔い止めの薬が効くかも、と考えたこともありましたが、試したことはありません。
何か関係がある可能性もありますので、参考にさせていただきます。


回答No.16
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2018/11/13 12:25:53
不適切な回答として報告する
     
普段のトレーニングで空腹状態で走ったり、満腹状態で走ったりしていると、自分の場合はいろいろな状況に対応できるようになりました。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/20 22:59:14
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

空腹状態で走ったことはありますが、満腹状態では明らかに気分が悪くなりそうで試したことはないです。
過酷な状態で胃が適応できるようになるかもしれないですね。


回答No.17
回答者
ミミ[8578947]
回答日時
2018/11/14 08:26:36
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。私は初心者ランナーでフルマラソンの経験は2回ですがいずれも5時間以上完走しました。ベストタイムが3時間20分は早いですね。
胃の不調は私も経験があります。20キロの給水後、胃が気持ち悪かったことがありました。
給水は少なめでこまめにした方がいいかもですね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/11/20 23:03:35
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。

給水方法は、少なめにしたり多めにしたりいろいろ試しましたが、今のところ上手くいったことがありません。
自分と同じように胃が不調になる方はおられるんですね。
なんとか克服方法を見つけたいと思います。


    17件中  1~17件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋