本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.28544
カテゴリー
?
怪我

質問者
ニックネーム未登録[9339554]
投稿日時
2018/09/27 00:31
回答期限
2018/10/11 00:31
状態
    終了
不適切な質問として報告する
踵骨疲労骨折
昨年からマラソンを始めた40代男ランナーです。160cm55KGです.29歳の時にフルマラソンに参加(タイム三時間半)し、その後は仕事が忙しく、運動をやめていました。昨年より、一念発起して再度マラソンを開始。最初は2km程度からスタート。徐々に距離を伸ばしました。その他の運動も始め、8月には120km程度走り、秋の10KM(目標タイム50分)とハーフの大会にエントリーをし、楽しみにしていました。ところが、2週間前から足首が痛み、MRIを撮影したところ、「踵骨疲労骨折」と診断され、数か月のランニング禁止を宣告されました。痛みが出た2週間前から、走ってはいませんでした。その間はジムで、水泳とエアロバイクのみしていました。もともと運動は好きなので、今まで週3:1時間のランニング、週3:1時間程度のスイミングまたはエアロバイクを行っていました。
とにかく、ショックでした。足首を安静にしてくださいと言われました。マラソンが一番好きですが、運動全般が好きなので、この間どのように運動しようか、模索です。僕は1日1時間から1時間半程度をトレーニングの時間に当てています。
クロールのバタ足は、負担が少ないのか?エアロバイクは足首への荷重は少ないのか?体幹を強化しようか、いつから走っていいのか?などいろいろ考えてしまいました。質問だらけですが、もし、良いアドバイスを頂けると嬉しいです。
もちろん、今回の原因をしっかり考え、次につなげようと考えております!


    4件中  1~4件目表示  
回答No.1
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2018/09/27 12:16:56
不適切な回答として報告する
     
治るまでの間の注意点としては、
①歩くとき踵を地面に接地しないこと。つま先歩きで。
②とはいっても、踵をついてしまうかもしれないので、靴は、ランニング・ウォーキング用の靴か、それに準じたクッションのある靴を履くこと。
③超音波治療をすること。
ちなみに、③はあのベッカム選手も骨折したときに行っていたもので、おかげで予想より早く復帰しましたので、期待大です。
ちなみに、エアロバイク・筋トレ・水泳 は、踵をつかなければOKです。
1日も早い回復をお祈りします。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/09/27 12:42:49
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。昨日はショックでなかなか眠れませんでした。ケガにはかなり気をつけていたのですが。踵にきをつけて普段の生活を送りたいと思います。エアロバイク・筋トレ・水泳どれも大好きなので、やりすぎないように行いたいと思います。それぞれの運動についてですが、エアロバイクはペダルをこぐ時に力が入りますが、つま先でこぐ感じでしょうか?ベルトを閉めれば、足がペダルに固定され、あまり踵に負荷はかからないような気もしました。また水泳ですが、クロールのバタ足のケガへの負荷は大きいのでしょうか?昨日エアロバイク30分、水泳30分行った感じではあまり負荷は無いのですが、水圧で足首は曲がるのでどうかと思いました。
皆様はケガの時にどんなトレーニングのメニューをしているのかと思いました。

回答者からのコメント
回答日時
2018/09/27 14:51:17
不適切なコメントとして報告する
リハビリとしての運動の目的は、①柔軟性の回復、②運動休止中の筋力や心肺能力低下の予防 があげられます。
そのために、ストレッチやエアロバイク、筋トレ(特に体幹、上半身)などは積極的にやってよいということです。
なお、エアロバイクは骨折部への負担が大きくならないよう荷重は軽めに、スピードを上げる為にペダルを強く踏み込んだり、長時間の走行はリスクがあるのでまずはスローペース、短時間(15~30分)から始めましょう。
またバイクの乗り降りの際は踵に衝撃がかからないように十分ご注意下さい。
水泳についても同様に、短時間、軽めから始めて徐々に増やしていってよいでしょう。(ターンで壁を蹴ることは不可)

質問者からのコメント
回答日時
2018/09/27 16:35:38
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。いきなり練習量やメニューが変わるので、気持ちの切り替えが追い付きませんが、とにかく気を付けて行っていきたいと思います。やりすぎないようにしないとですね。


回答No.2
回答者
ダッシュマン[6911666]
回答日時
2018/09/28 18:15:48
不適切な回答として報告する
     
「素晴らしい」の一言に尽きます。29歳の初挑戦で、いきなりサブ3.5でフルマラソンを達成したのは天晴れです。しかし、その後は運動していないとなると一筋縄ではいきません。自分は、年齢53歳、161cm、65kgなので、貴殿の場合は、少し運動すれば走れそうな気もします。ただし、世の中そんなに甘くないんでしょう。筋力の低下が激しいんだと思います。標準体重に比べて、痩せ型のようなので、少し太っても良いのかな?と思います。骨が弱いので、骨を太くする必要を感じます。60kgとは言いませんが、57kgぐらいがベストかと。秋から冬にかけて、ハーフマラソンのコースの試走とかで20キロ走とか、フルマラソンの練習として30キロ走を2週間に1回くらい盛り込むことをお勧めします。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/09/29 07:24:58
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。数日たち、やっと気持ちが落ち着きました。前向きにとらえ、体幹鍛えようと思います。


回答No.3
回答者
へろへろ[7589512]
回答日時
2018/10/04 16:14:28
不適切な回答として報告する
     
もし診断がそれで正しいのであれば、患側の踵に荷重しなければ問題ないので、水泳やエアロバイクは大丈夫なはずです。痛みがなくなっているのなら、階段昇降が有効ではないでしょうか。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/10/04 20:08:25
不適切なコメントとして報告する
コメントありがとうございます。どっちも行ってみたいと思います!あせらず時間がたつのを待ちたいと思います。


回答No.4
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2018/10/08 18:28:41
不適切な回答として報告する
     
はっちゃんと言います。走歴26年、月間300kmほど走っている男性ランナーです。

結論から言うと、完治してから走った方がいいです。骨折といっても疲労骨折はヒビが入っているだけでしょう。ですから、痛みがなければ走れます。でも、自分の思ったような走りではないです。ですから、今は完治するまで(レントゲンでヒビがくっつけばOK)はスイム、バイクでいいです。筋トレや体幹トレも有効です。ただし、医者が言うように、足首に負担が過剰にかかるものは避けましょう。
治るまで、体重を増やさないことです。できれば、筋トレなどでやせていく(筋肉は比重が脂肪よりも大きいので、筋トレでは体重が減らないが、脂肪は燃やせます)というか、体脂肪を減らしていきましょう。治ってから走り出すときに有効です。現在のBMIが21ちょっとですよね。これをもう少し減らしたいですね。運動量が減った分、食事量にも気をつけましょう。

以上が私からのアドバイスです。まずは治してからですよーー。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/10/11 07:14:03
不適切なコメントとして報告する
コメントありがとうございます。走るのをやめて一か月になります。今は水泳と体幹のトレーニングをしていますが、おっしゃるとおり、運動量の不足と、食欲が減らないことから太ってきました(1kg弱)。食事に気をつけて気長に待ちたいと思います。


    4件中  1~4件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋