本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.27844
カテゴリー
?
ウエア

質問者
beagle[7429386]
投稿日時
2018/04/15 16:48
回答期限
2018/04/29 16:48
状態
    終了
不適切な質問として報告する
暑い時期に快適に走る方法
これから暑くなってきますが快適に走る方法を教えてください。例えばタイツは履いて直射日光を避けた方が良いでしょうか。冬も夏も同じタイツは暑いような気がするのですが。あとキャップやバイザーの工夫も教えて頂けるとありがたいです。


    20件中  1~20件目表示  
回答No.1
回答者
亀[13059]
回答日時
2018/04/15 17:54:52
不適切な回答として報告する
     
こんにちは、beagliさん。

そうですね。暑い時期の練習は極力快適に走り、夏の途中で嫌気がささないように工夫は必要ですよね。
多くの方が同様の意見をするかもしれませんが、一応の対処法をお話します。

まず、時間帯を選んでください。可能ならば午前10時には練習が終わるように逆算して開始して下さい。
夜間は日中の熱気を残しているので暑さはマシと感じないかもしれません。
ウェアの内のタイツですが、トレーニング中は履かないというのも一策です。
タイツは機能性を使用される方が大半でしょうし、私自身もそうです。つまり、レースには必要で身体づくりのトレーニングには不要と考えています。
もっとも、膝を傷めているとか肉離れ後などのケアが必要な場合はテーピングやサポーターを使用されると熱は発散できるでしょう。

キャップはメッシュを使用して下さい。バイザーはあまり関係ないと思います。
クールネック等の水(汗を含む)と風で熱を取り除くアイテムもあれば良いと思います。

よほど暑ければトレッドミルというのも手段ではあると思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/15 21:37:13
不適切なコメントとして報告する
亀さんこんばんは

詳しくアドバイス頂き有り難うございます。
やっぱり朝ランですか。休みの日は出来るだけ早朝に走るようにするのですが仕事のある日は夜に走っていましたので、これからは工夫して朝走れるように頑張ります。
メッシュのキャップも考えた事がなかったので早速探して今年の夏は暑さに心が折れないように頑張ります。
ありがとうございました。


回答No.2
回答者
キッシー[6987210]
回答日時
2018/04/15 21:11:19
不適切な回答として報告する
     
夏はランシャツ、短パンだと思います。日焼け止めをしっかりぬればいいと思います。サンバイザー又は帽子のほか、目を傷めないよう、サングラスも必要です。時間が許すなら、夜ランがお勧めです。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/15 21:50:19
不適切なコメントとして報告する
キッシーさんこんばんは。

アドバイスありがとうございます。
お薦めは夜ランなんですね。仕事のある日は夜ランをするのですが真夏の8時半から9時半頃は結構暑くて心が折れそうになります。薄着にして頑張ります。



回答No.3
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2018/04/16 09:59:03
不適切な回答として報告する
     
beagleさん、早くも暑い時期の準備とは素晴らしい!
このやる気は見習いたいです。

さて、暑さ対策。
まずタイツはやめましょう。走力にもよりますが不要です。
次に帽子、これは必須ですね。速乾性の帽子は心地よいです。
あとはラン用スカーフ。
水を含ませて首に巻くと涼しいです。
あと保冷剤。ウエストポーチに入れて走ると汗が減るようです
(僕はやりませんが)

サンバイザーを例に出されてますので女性でしょうか?
男性ならば、途中で公園の水道などに立ち寄り
Tシャツを洗います、汗臭さがなくなりひんやり気持ちいいです。
では脱水にケアしながらうまく調整しましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 21:12:31
不適切なコメントとして報告する
吉田十段さんアドバイスありがとうございます。

ラン用のスカーフは気持ちよさそうですね。
ウエストポーチの保冷剤は初めてですが自分なりにアレンジして取り入れたいと思います。
最初に褒めていただきましたが、準備不足を言い訳に暑い時期にトレーニングをさぼりがちな自分へ気合入れです。
^_^;


回答No.4
回答者
ぼっちゃん[7624535]
回答日時
2018/04/16 15:27:45
不適切な回答として報告する
     
早朝ランニングは、気温も低く空気も澄んでいておすすめです。
朝ごはんを食べる前にランニングすると、空腹なので脂肪が燃焼しやすく、その後の生活もずっと身体がポカポカ燃焼するので、痩せやすい身体になりますよ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 22:25:13
不適切なコメントとして報告する
ぼっちゃんさんアドバイスありがとうございます。

休日には早朝ランをしてみます。


回答No.5
回答者
Rurun[7997060]
回答日時
2018/04/16 16:33:31
不適切な回答として報告する
     
はじめまして!ラン歴4年のアラフィフオヤジです。
暑い時期に快適に走りたいですよね。
ウェアの工夫の前に、やはりまずは陽が高い日中時間帯は避けることが第一かと思います。具体的には早朝か夜間がいいと思います。昼間ならなるべく日陰の多いコースを選ぶこと、また途中に水道があるところがより良いと思います。
次にウェアですが、ランシャツ、ランパンは吸収速乾性で通気性の良い素材のものを選ぶことは基本で、帽子は必須、タイツは日焼けを避けたいならやむなしですが、着用しない方が暑くない気がします(日焼け止めは塗る)。
特別に涼しいウェアがあるわけではないので、私はコースにある水道で頭から水を被ったり、腕や足にかけたりして走ります。また、すごく暑い日は小さい保冷剤を帽子と頭の間に入れたり、凍らせた小さいペットボトルを手に持って走ったりもします。手が冷やされるのと、顔や首や腕などに当てながら走れること、さらには冷たい水が飲めるのといい事だらけです。ただし氷がペットボトルの中で暴れて多少うるさいですけど(笑)。
ウェアについては役に立つ情報がなくて申し訳ありませんが、ペットボトルは是非試してみてください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 22:37:25
不適切なコメントとして報告する
Rurunさんこんばんは。

詳しくアドバイスありがとうございます。
凍らせた小さいペットボトル絶対やってみます。
とっても暑がりなのでこれは想像しただけでも涼しそうで良いですね。
ありがとうございました。

回答者からのコメント
回答日時
2018/04/19 08:49:13
不適切なコメントとして報告する
補足です。
凍ったペットボトルを手に持ち続けるのは冷たくて意外と大変かもしれません。
その場合、ペットボトルが入れられるウェストポーチで携帯してもよろしいかと思います。
そして凍らせる場合は容量一杯でなく8割位にしておかないと破裂の恐れありです。

質問者からのコメント
回答日時
2018/04/19 21:37:27
不適切なコメントとして報告する
Rurunさんこんばんは。

補足ありがとうございます。工夫して走りたいと思います。
ありがとうございました。


回答No.6
回答者
チャッピー[7033088]
回答日時
2018/04/16 21:58:16
不適切な回答として報告する
     
日中の場合ですと私は以前、タイツを履いていましたが、ランパンの方が風通しがいいです。日差しが強い日は防止とサングラスはあった方がいいでしょう。また、フェイスタオルをポシェットに引っ掛けて汗を拭いています。公園の水で浸して首筋にあてると火照った首筋とかも冷えてすっと楽になります。
 あとは朝晩の比較的に涼しい時間に走る、という時間帯での快適さもあります。ただ、車などからの視認できるものを身に着けてくださいね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 22:42:52
不適切なコメントとして報告する
チャッピーさんこんばんは

他の方達からもアドバイス頂きましたが、やはり走る時間帯と水道のある公園や日陰のある場所などコースは大事ですね。
ありがとうございました。


回答No.7
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2018/04/17 00:26:24
不適切な回答として報告する
     
夏と冬に履くタイツやウェアは形は同じでも、機能が違うので同じものではなく、季節に応じたウェアを購入して着用すると良いと思います。
冬は保温、夏は冷却と機能が全く違うので、ショップで相談してみましょう。
夏はキャップは必需品です。おでこと首筋に直射日光が当たらないような工夫をすると良いと思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 22:55:40
不適切なコメントとして報告する
きむらんさんこんばんは。

真夏にタイツに長そでシャツ、キャップに顔も覆って走っている方を見ると暑くないの?と目が点になっていました。やっぱり夏用のタイツがあるのですね。
アドバイスありがとうございました。


回答No.8
回答者
こそ練TAY-IKUノ介[213235]
回答日時
2018/04/17 13:22:23
不適切な回答として報告する
     
夏用のランニングタイツは、冬用に比べ薄く通気性の良い生地で出来ています。
吸湿性が良いので、ランニング中にかいた汗を吸収し、そのまま熱と一緒に発散してくれます。
また、UVカットの機能のあります。ですのでタイツをはくなら夏用を使用するとよいです。
(冬用だと熱がこもって暑くなってしまいます)

キャップは白色でメッシュの通気性が良いランニングキャップがおすすめです。
白色は日光を反射させるので、頭部に熱がこもりにくく熱中症の予防に効果的です。
また、通気性が良いメッシュ素材の帽子を選ぶことで、涼しさを感じながら走ることが出来ます。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 23:01:05
不適切なコメントとして報告する
こそ練ジョグさんこんばんは。

他の方達からもアドバイスを頂きましたが、白色メッシュのランニングキャップで今年の夏は頑張ります。
ありがとうございました。


回答No.9
回答者
ゲン[7602644]
回答日時
2018/04/17 22:00:14
不適切な回答として報告する
     
ゲンといいます。快適に走るために耐熱順化をするべきと思います。暑さに順応してしまうのがてっとりばやいです。毎年夏にLSDを行ってます。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/17 23:12:52
不適切なコメントとして報告する
ゲンさんこんばんは。

ゲンさんすごいですね。
耐熱順化は聞いたことはありますが、長い距離はなかなか走れずにいます。
暑さに体を慣らして今年の夏は頑張ります。
アドバイスありがとうございました。


回答No.10
回答者
ヒロ[7039510]
回答日時
2018/04/18 21:32:13
不適切な回答として報告する
     
beagleさんはじめまして。紫外線対策をすると良いと思います。好みもありますが、帽子はキャップだと蒸れるのでサンバイザーの方が良いと思います。また、首の後ろを隠せるような布を取り付けるのも効果的です。長袖の紫外線防止シャツを着たり、サングラスをする必要もあると思います。下半身はタイツを履くよりも日焼け止めを塗る方が良いと思います。以上、参考になりましたでしょうか。トレーニングがんばってくださいね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/20 23:31:59
不適切なコメントとして報告する
ヒロさんこんばんは。

ヒロさんのお薦めはサンバイザーなんですね。メッシュのキャップを勧めてくださる方が多いので使い比べてみたいと思います。今までキャップも季節で分けたことが無かったのがダメでしたね。首の後ろの紫外線対策も忘れないようにしますね。
アドバイスありがとうございました。


回答No.11
回答者
ironmike[7923364]
回答日時
2018/04/19 13:32:53
不適切な回答として報告する
     
はじめまして。走歴約3年の50代男性です。暑さ対策、私は走る距離によって変えています。
長距離を走る時は時間帯は早朝5時~9時頃まで。インターバルなどのポイント練習は日中の暑い時間帯に。疲労をできるだけ残さないようにクールダウンを念入りに行います。
ウエアはノースリーブシャツにハーフタイツ、ランパン、キャップです。日焼け止めなどは特に使用していません。


    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/20 23:43:12
不適切なコメントとして報告する
ironmikeさんこんばんは。

時間帯によって練習を変えたり、クールダウンを念入りに行って疲れを残さない様にすると次のトレーニングにつながりますね。
大変参考になりました。ありがとうございます。


回答No.12
回答者
しげ[8260859]
回答日時
2018/04/19 19:11:50
不適切な回答として報告する
     
回答の前に、ひとえにランニングタイツといっても春夏物と冬物に分かれ作っているメーカーは多いので、
夏物のランニングタイツを用意するのが前提として答えさせていただきます。

まず、速乾性のシャツ・パンツ・タイツで走ること。基本のように聞こえますが、
やはり用意するとしないとでは快適さに大きな差が生まれます。
できればランニングシューズも通気性のいいタイプをそろえられるといいでしょう。

帽子に関しては可能なら前田だけではなく後ろにも唾がついているものがお勧めです。
後ろからの直射日光を避けられるのがその理由です。
バイザーもいいですが、できれば帽子の方がより夏を快適に走れます。
ないなら、ダサくてもタオルを首にかけるのも◎。この時、水でタオルを冷やしておくと暑さが和らぎます
(首の周りは大きな血管があるのでそこを冷やすとある程度涼しくなる)

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/20 23:53:39
不適切なコメントとして報告する
しげさん、こんばんは。

基本的に間違っていました。薄着にはしていたものの冬物と春夏物を分けていませんでした。特にタイツと帽子は非常に失敗でした。それと首周りの冷却ですね。
アドバイスありがとうございました。


回答No.13
回答者
syuidasya[6395810]
回答日時
2018/04/19 20:40:54
不適切な回答として報告する
     
beagleさん、こんにちは。走歴9年フルのベストタイム2時間59分の38歳男ランナーです。
暑い時期は早朝ランニングをオススメします。気温は比較的低いときに走ることができます。
恰好については、ランニングシャツにランニングパンツのみです。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/21 00:03:10
不適切なコメントとして報告する
syuidasyaさん、こんばんは。

速いですね!サブスリーですか。
やはり早朝ランですね。今年の夏は早起きして頑張ります。
ありがとうございました。


回答No.14
回答者
TAKA3[8059251]
回答日時
2018/04/21 08:43:38
不適切な回答として報告する
     
beagleさん、はじめまして!
直射日光は避けられませんが、日影が多いコースを選ぶとか、早朝日の出前の時間帯を選ぶとか、生活に合わせて走りやすいコンディションでジョグした方が良いです。
バイザーではなくキャップが良いと思います。これは必須ですね。
タイツはかなり暑さを感じると思います。僕は使いませんが、露出部は日焼け止めクリームを塗ります。30分のジョグでも結構日焼けします。あとは、ドライ系のシャツで少しでもべたつかない服装と、僕はアームカバーもします。水分塩分補給は小まめに行ってください!

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/22 15:26:55
不適切なコメントとして報告する
TAKA3さん、はじめまして。

大切な塩分補給を思い出させていただいてありがとうございます。実は水分補給は小まめに行っていたのに多量の汗をかいた為ミネラル分が不足して脱水状態になったことがあるんです。今年の夏も暑そうなので気を付けて走ります。
アドバイスありがとうございました。


回答No.15
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2018/04/22 10:31:47
不適切な回答として報告する
     
はっちゃんと言います。走歴25年、月間200から300km走っている50歳代男性ランナーです。
 私は厳冬期のレースか、冬期の寒い日の練習でしかタイツは使用しませんが、一般的なことなら答えられると思います。
 まず、人間は汗を出し、その汗が乾くときに「気化熱」を奪うことで体温を下げます。つまり、汗が乾きにくい高い湿度の日などは熱中症にかかりやすいです。さらに、着ているものですが、木綿は汗を吸収するのはよいのですが、繊維の中に水分をためてしまい乾きにくい。化繊は繊維に吸収力はないですが、その断面に筋をいれるなどの工夫で汗を吸い上げ表面から空気中に発散します。つまり、最近の化繊でできた服は吸汗性・速乾性が高いというわけです。また、同じ気温でも、日向と日陰では皮膚が感じる暑さが違います。服を着る、帽子をかぶることで、人工的に日陰を作れば涼しく感じるし、サングラスをするとまぶしくないので、同じように涼しく感じます。意外に感じるかもしれませんが、砂漠の国の写真などを見ると、ターバンを巻いて、マントのような、毛布のような服装の人ばかりです。あのような国では気温が40度以上ですから、体温の方が低く、むしろ外気を服の中に入れないような服装なのです。
 というようなことから総合すると、これからの暑い季節に走るには、まず時間帯を選ぶということが一番だと思います。一日で一番気温が低くなるのは太陽が出る直前です。日の出前後を走る時間帯とすると真夏でも走れます。もしくは日が落ちてからの夜ランです(私はもっぱら夜ですが)。服装は、日焼けするのが嫌なら、なるべく肌を出さない長袖、ロングタイツ、帽子(サンバイザーの方が頭部から別を逃がします)にサングラス、どうしても出てしまう肌には日焼け止めとなります。もちろん、高機能長袖Tシャツとロングタイツになります。タイツは脱ぎ着るのが面倒なので、手軽に暑い日でも走りたい場合は、大きな大会に出るトップランナーのように、タンクトップとランパンになるでしょう。これなら公園で水を浴びても、走っているうちにすぐに乾きます。ランシャツ、ランパンは早朝ランや夜ランでも重宝します。こまめに汗を拭くタオル、水分補給もこまめにしないと『脱水』が怖い。のどが渇く前に少し飲むようにしましょう。
 とまあ、こんな感じでしょうか。参考にあれば幸いです。それでも楽しいラン生活を送ってください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/22 15:45:41
不適切なコメントとして報告する
はっちゃんさん、はじめまして。

大変詳しくアドバイスしていただき、ありがとうございます。
衣類は吸湿速乾性の高いものを選び、涼しい時間帯に楽しんで走りたいと思います。


回答No.16
回答者
かぎちゃん[7148471]
回答日時
2018/04/23 18:18:50
不適切な回答として報告する
     
夏はタイツははきませんね。帽子は絶対にかぶります。走る時刻は朝が絶対にいいですね。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/23 19:40:59
不適切なコメントとして報告する
かぎちゃんさん、こんばんは。

日差しを避けて涼しく走りたいと思います。アドバイスありがとうございました。


回答No.17
回答者
FUNRUN[7119442]
回答日時
2018/04/27 11:52:45
不適切な回答として報告する
     
はじめまして。真冬のレースが大好きで暑いのが苦手で、自分も暑さ対策に試行錯誤しています。
春のハーフでは毎度レース後軽い熱中症になっています。
タイツ類は一切はきません。はかない方が涼しいです。短パン素足で少しでも生地の面積を小さくして日焼け止めを塗ります。レースでは短パンにゲイターです。
キャップも被りません。日差しがきつい時はサンバイザーとサングラスで頭がぼーっとするのを防ぎます。
夏の灼熱のロードはつらいので、山でトレイルランニングなどいかがでしょう?登り始めは暑いけど木陰は涼しいしのんびり山を駆けるだけでもとてもよい練習になります。ご参考までに。

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/27 21:24:36
不適切なコメントとして報告する
FUNRUNさん、はじめまして。

山でのトレイルランニングは新鮮なご意見でした。日陰の多いコースを選ぶというアドバイスは頂いていたのですが、思い切って山ですね。中途半端な田舎に住んでいるので公園よりも山の方が多いかも・・。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。


回答No.18
回答者
内股女子[6546274]
回答日時
2018/04/27 12:42:09
不適切な回答として報告する
     
beagleさんこんにちは! 1回に15キロほど走るアラフォーランナーです。
ウェアについて暑い時期の普段のランは風通しをよくすることを心がけます。
だからタイツ、アームカバーなし。大会の参加賞のTシャツは意外と乾きにくいものが多い。
お勧めは山用のシャツです。少々お値段がはりますが、汗をかいてもサラっとしてすぐ乾く。
頭は直射日光と日差し防止のため風通しのよいキャップをかぶります。
あと紫外線防止のためサングラスも。
給水用のボトル用のウェストポーチはマストアイテムです。小まめに給水して、熱くて仕方ないときは
その水を頭からかぶります。
私もこのネタ興味津々なので他の方のご意見楽しみにしてます!

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/27 21:34:52
不適切なコメントとして報告する
内股女子さん、こんばんは。

アームカバーはいつも悩んでいました。直射日光を避けるために使った方が涼しいのか、無い方が涼しいのか。やっぱり使うと暑いですよね。
涼しく走る事もとても参考になってありがたかったですが、皆さん色々工夫して頑張って走っているんだなあと感じて私も頑張ろうと思えて大変ありがたかったです。
ありがとうございました。


回答No.19
回答者
裸の王様[285211]
回答日時
2018/04/28 17:00:06
不適切な回答として報告する
     
はじめまして。
当方、年齢58歳 自己ベストは2回目のフルマラソン(東京2008)3時間24分26秒、ハーフ1時間32分10秒(仙台国際2008)10㎞は42分00秒、5㎞は20分14秒です。2016-17全日本マラソンランキング記録は別府大分毎日マラソンで3時間26分07秒、フルマラソン出場11年間で18回、うちサブ3.5が12回、サブ3.5+数秒~数十秒が5回、初フル4時間03分が1回で、今期のレースは2/4別府大分毎日マラソン3時間28分50秒、2/25東京マラソン3時間28分50秒、11年間のうち病気による療養で延べ2年半のブランクがあります。(タイムはいずれもグロスタイム)

暑い日のランニング、特に7月~9月はどうにもならない陽射しの強さと路面の熱さに参ります。
当方、東京なのですが、近年の夏は道東でも普通に35℃を超えるので夏場の練習には一工夫必要です。

立っているだけでも倒れそうな酷暑の中、「快適」に走るのは難しいのが現状です。

でも夏場にしっかり走り込んでおかないと、「地脚が出来上がっていない」状態でマラソンシーズンを迎えることになり、トップシーズンへの走力向上に支障をきたします。フルマラソンに向けたロング走も「上っ面の当座走り」になってしまうので「夏を制する者はすべてを制す」つもりで夏場に距離を踏んでおく必要性は定説かと思います。

ウエアリングですが、当方の場合、夏は極力薄着…ランパン・ランニングシャツで走っています。
タイツを場に履いたことはありません。
直射日光を避けられるかもしれませんが、暑さが半端ではないので…

ロードは直射日光の厳しさに加え、路面温度50℃~60℃も普通とのことで、下から熱気が吹きあがる暑さで熱中症になる危険が高いため、陽射しが強い日は直射日光を浴びずにすむよう木陰のある公園の周回コースで練習します。

180分走とか30㎞走などの練習を、レースペース+60秒/km~+90秒/kmで実施するのですが、周回ですからとてもとても屈託です。でもロードの暑さに比べたら走りやすいので仕方ないです。

キャップは汗と塩で頭部がぐちゃぐちゃになり鬱陶しくなるので、木立・日陰のあるコースを走るときはキャップなしで走ります。

陽射しがさほどなくロードに出ても大丈夫な日はキャップ着用で走りますが、この数年の酷暑は、夏場のロードに出られず日陰のある公園周回が多いです。

あとサングラスとペットボトルホルダーは必須ですね。



    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/28 21:06:57
不適切なコメントとして報告する
裸の王様さん、こんばんは。

詳しくアドバイスしていただき有り難うございます。出来るだけ日陰のあるコースを選んで走ります。
ありがとうございました。


回答No.20
回答者
batty[213637]
回答日時
2018/04/28 18:20:50
不適切な回答として報告する
     
beagleさん、こんにちは。
私は38才男ランナーです。
夏場のランニング、確かに快適に走りたいものですよね。
私は速乾、そしてUVカットのアームカバーとタイツを履いて走ります。
一番不快なのが、汗で靴がビショビショになることなので、汗が靴に降りないように工夫しています。
首には水を含ませると冷感のする、ネッククーラーを巻いています。
帽子とサングラスは必須です。
夏場は辛いですが、夏場の練習こそがレベルアップのポイントなので、一緒に頑張りましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2018/04/28 21:30:59
不適切なコメントとして報告する
battyさん、はじめまして。

UVカットの素材だと少し涼しいかもしれませんね。早速メッシュでUVカットのランニングキャップを購入したので教えて頂いた走り方を参考にしてこの夏は頑張ります。秋の大会では自信を持って走る事ができるように頑張ります。
ありがとうございました。


    20件中  1~20件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋