本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.33284
カテゴリー
? ?
コンディショニング /怪我

質問者
ニックネーム未登録[8737520]
投稿日時
2021/11/10 19:39
回答期限
2021/11/24 19:39
状態
    終了
不適切な質問として報告する
繰り返す腓骨筋腱炎と違和感
駅伝をやっている高校生の息子のことでご相談したいです。
9月始めに腓骨筋腱炎になり、10日間の休息後練習を再開、痛みがぶり返しました。
その後MRIをとったら腓骨筋腱の付着部分に水がたまっている、炎症が起きているのだろうということで、10月始めに炎症と痛み止めの注射を打ってもらい、2週間休息、少しずつ練習を再開し、今は集団走まではできていますが、スピード練習はやっていません。
今、痛みはないけれど、腓骨筋付着部のあたりに「違和感がある」と言います。
ちなみに違和感は、骨が出っ張っているような感じ、新しく骨ができたような感じ、という表現をします。
この先本格的に練習を再開し、また違和感から痛みに移行するんじゃないかと怖いそうです。
そこで質問なのですが、
1、腓骨筋腱炎、腓骨筋腱付着部炎、腓骨筋腱脱臼などされた方の体験をうかがいたいです。(どのように回復したか、インソールやサポーターを使った、なった原因など)
2、またこういった違和感は気にしすぎての違和感なのか、何か原因があるのか、痛みに移行することがあるのか、など幅広くうかがいたいです。

せっかく駅伝部に入ったのに、貧血で数ヶ月、腓骨筋腱炎で数ヶ月、インハイ、高校駅伝に参加もできず1年が過ぎようとしています。
来年、しっかり満足のいく練習ができるように支えてやりたいと思います。
皆様のお力を貸してください。


    4件中  1~4件目表示  
回答No.1
回答者
Supporter[6500608]
回答日時
2021/11/11 10:04:17
不適切な回答として報告する
     
炎症が起きている原因はおそらく足元の機能バランスの崩れからであろうと思われます
ランナーに多いとjは言われますが、魚市場などでの立ち仕事の方にも見られますが、足元のバランスを整えなおすことに出来るところがあれば問題解決できる思います

参考に海鮮事例などのあるブログの記事を紹介します、ご興味があればご覧ください

https://askel.tokyo.jp/?p=10549

足もとにバランスを本来の状態に戻さないまま足を休ませているだけでは本格的な改善に進みません
安静にしていれば炎症は静まりますが、炎症を引き起こす足の動きが変わっていなければすぐに再発すると思います

無理してがっばって足を壊す前にバランスの改善を試みられることをお勧めしたいです



    
質問者からのコメント
回答日時
2021/11/16 10:22:29
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。
おっしゃる通り、外側設置を気にしていて、それを改善しようと意識しすぎているのも原因の1つとしてありそうなんです。
バランス改善…長い目で見て取り組んでいかなきゃいけないですね。
ありがとうございます!


回答No.2
回答者
○○○パパ[9096338]
回答日時
2021/11/11 11:00:14
不適切な回答として報告する
     
始めまして 走歴7年の54歳の男性です。現在の走力は
ハーフ88分程度です と言っても高校時代は都大路を走り
(二年生で4区)卒業後は市民ランナーとして郡市対抗や
県代表として駅伝を走っていた競技歴が別に有ります。
また 引退していますが 一人娘は短距離選手として
全国中学、インターハイ、国体と出場していました。
さて 息子さんの状態を拝見すると 私が再び走り
始めてから 右足の外側足首踝の下に鋭い痛みがあり
病院にも行かず 3ヶ月間は週一のジョグと(回復の確認)
筋トレをひたすらしましたけど 年齢もあって完全には
痛みは取れず 騙し騙しで練習を重ねていったら
反対側の内側踝下にもう一つ 踝みたいな突起が出来ました
多分何らかの骨が出て 出来たと思います(それ自身は痛み無)
今も負加のかかる練習をすると鈍く痛みますが 走れない程
ではありません。 サポーターはあまり意味はなく かえって
邪魔です インソールは制作してみても良いでしょう
違和感は少し痺れた感じや少しひねった感じが続く様な
感覚ではないかと思います。若いので治る可能性が大ですが
やはり練習しながら様子を確認していきましょう
高校までの競技なら無理をするのも私にはわかります
本人の気持ちも大事にして 支えてあげて下さい。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/11/16 10:30:29
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。

〉高校までの競技なら無理をするのも私にはわかります
の一文にうるっときてしまいました。
都大路、走られてらっしゃったということは強高校でいらっしゃったのですね。
おっしゃる通り、サポーターは意味がないようで、今はインソールを作りに行き、ジョグをしています。
痛みはもうないのですが、また痛みが出てきたら、走れない状態に逆戻りしてしまうのが怖く、追い込んだ練習ができないみたいです。
高校時代はある程度故障とは付き合って行かねばいけないのかなと思うのですが、今までまったく故障がなかった分耐性がないのだと思います。
なんとか故障の恐怖から抜け出して伸び伸びやってくれたらと願うばかりです。



回答No.3
回答者
TAY[213235]
回答日時
2021/11/12 14:08:29
不適切な回答として報告する
     
ランナーが腓骨筋腱炎を経験することはよくあることであり、運動前のウォーミングアップ、運動後のクールダウンなどをしっかりと行い、適切なフォームで走るようにすることで予防が期待できます。
(足の外側に体重がかかりすぎている傾向があると、腓骨筋に痛みが出やすくなります)
また、走行時の衝撃を吸収するため、クッション性の高いシューズで、サイズもいつもより1cm大きめのものを使うのもよいでしょう。(ただし、靴の中で足が動かないように。また厚底シューズだと規定に引っかかることもあるので要確認です)
インソールは有効かも知れません。ただ、インソールなら何でもよいわけではなく、腓骨筋腱炎に特化したインソールを専門医で処方してもらう必要があります。
くるぶしの痛みを感じたら、マッサージをしましょう。筋肉よりは筋膜の炎症なので,ストレッチは多くの場合逆効果になります。しかし休息をとるのがやはり一番です。初期症状がどの程度の重症度かにもよりますが、完治するまで1ヶ月はかかるとみた方がよいでしょう。治りかけても本格的なトレーニングはせず、リハビリとしてチューブなどで足首、足底の筋トレをしましょう。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/11/16 10:35:06
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます。
おっしゃる通り、外側接地かつ、つま先接地なので、腓骨筋に負担がかかっているんですよね。
靴は、アシックスのダイナブラストを履いていて、そこに体のバランスを見て作っていただいたインソールを入れています。
筋膜の炎症なんですね!筋膜リリースなどケアにもしっかり取り入れていこうと思います。


回答No.4
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2021/11/12 19:50:43
不適切な回答として報告する
     
私自身はこのような炎症が起きて走れなくなったことはありませんが、聞いた話でお答えします。

腱炎や腱鞘炎に共通ですが、痛みの程度に応じて湿布やクリームを使いますが、腱炎や腱鞘炎には消炎鎮痛剤はあまり効果がありません。痛みが強ければ服用することもありますが、感染に弱い糖尿病やステロイドホルモンで眼圧の上がりやすい緑内障などがなければ、ケナコルトAなどの懸濁(けんだく)性ステロイドホルモンを少量、腱鞘内に注射すれば炎症や痛みが早く和らぎます。ステロイドホルモンは炎症を強力に抑えてくれます。よく「注射や痛み止めの飲み薬は一時的なものでしょう」と質問されますが、急性の炎症は治まればそれ以上注射や飲み薬を使わなくて済みます。結膜炎に目薬をさして治ればそれ以上目薬をささなくてよくなるのと同じです。早く炎症を抑えた方が楽です。ただし、ステロイドホルモンは腱や腱鞘の組織を弱くする副作用もあるので、同じ部位に何度も注射をしないように注意します。少なくとも2~3ヵ月以上間隔をあけて注射するようにします。

違和感についてですが、怪我をしたり、故障をしたりした後、違和感は当然あります。これは脳が記憶している「恐怖」のようなものと言えます。「また怪我をするのではないか」「痛みがぶりかえすのではないか」という恐怖です。もちろん、怪我や故障の原因となる骨棘ができてしまったことや筋肉の損傷があるなど、実際に痛みや違和感の原因があることも考えられます。レントゲン撮影やMRIなどで何も所見がないならば、脳が起こす「恐怖」による現象だと考えます。

それよりも、炎症が起きるほど、水がたまるほど、練習をしていることに疑問があります。部活動などでは科学的な根拠もなく顧問やコーチの方の経験で練習メニューを決めている場合があります。特に長距離では走る距離が多いほど長いほど、成績が伸びることがあり、どうしても練習が長くきつくなりがちです。しかし、息子さんはその練習量・練習の質では今の身体がついていけていないと思われます。集団走で後れを取りたくない。ついていけないと怒鳴られる。などで、無理をしていることが考えられます。人それぞれ個性が違うように、同じ練習メニューをこなすことが全てではありません。その子に合ったメニューを与えてくれる顧問やコーチが少ないことが原因でしょう。高校3年間では結果が出せないかもしれませんが、そこで終わりではありません。たとえ都大路を走れなくても、大学や実業団で走ることができれば、もっと大きな夢が持てるはずです。保護者としては、今だけでなく、将来を見据えて支えてあげてください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/11/16 10:41:50
不適切なコメントとして報告する
〉また怪我をするのではないか、痛みがぶりかえすのではないか、という恐怖です

まさにその通りのような気がします。どうしたら乗り越えられるのでしょうね。
練習に関しては、実はそこまでハードではない気がします。わりと自由度が高く、こんな息子を見捨てないでいてくださる監督なのでありがたいです。
でも息子自身が、インハイ予選に選ばれていたのに出られなかったことにショックを受け、そこからずっと空回りしている気がします。
焦らなくてもいいよ、とそっと寄り添ってあげたいです。
貴重なお話、ありがとうございます。

回答者からのコメント
回答日時
2021/11/16 22:18:14
不適切なコメントとして報告する
トラウマになると、走れなくなる危険があります。

奨学生の時に初めて走って楽しかったころの気分が戻るといいですね。高校の陸上部だと、トラックオンリーなのでしょうか?駅伝や一般のマラソン大会などにも出られるなら、気分転換に出場するのもいいかもしれません。ハーフマラソンや10km、5kmのレースもあります。また、毎月行われている、各地の月例会では老若男女が楽しみながら走る様子が見られます。原点である「走る楽しみ」を思い出せれば、きっとまた走れるようになります。

池井戸潤さんの『陸王』に出てくる、故障して陸王シューズを履いて復活する茂木裕人選手のように、結局は自分で乗り越えるしかないということです。『陸王』や、三浦しをんさんの書いた『風が強く吹いている』などを読んで気分展開というか、気持ちを奮い立たせるっていうのもありじゃないでしょうか?

勝手なことをずらずらと書いてしまいました。親としては何とか復活して走って欲しいと思いますよね。でも、最終的には本人がやりたいように、やりたいことを、最後まで自分の意志で行うってことでしょう。


    4件中  1~4件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋