本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.33204
カテゴリー
?
トレーニング・メニュー

質問者
よし[7329428]
投稿日時
2021/09/23 22:43
回答期限
2021/10/07 22:43
状態
    終了
不適切な質問として報告する
ペースを上げると心拍数が下がる?
ガーミン235jを装着し、1㎞毎にペースを1分/㎞程上げ下げして走ったのですが、ゆっくりの時の心拍が概ね150bpmだったのがペースを上げると130bpm位までストンと下がっていました。ペースを上げた2か所それぞれ同じ様に心拍数が落ちていたのでたまたま時計が緩んだというような訳でもなさそうです。ペースを上げれば心拍数も上がると思い込んでいたのですがこういうものなのでしょうか?それとも機器の異常か体の異常なのでしょうか?分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。


    4件中  1~4件目表示  
回答No.1
回答者
TAY[213235]
回答日時
2021/09/24 11:29:41
不適切な回答として報告する
     
心拍数が正確に測定できない理由としては、ベルトの緩みの他に、汗などでセンサーが滑ってしまうこと、またベルトをきつく締めすぎて血液循環を抑えてしまうことなどもあります。
ウォッチを動かすと下の肌が軽く引っ張られるようになる程度に締めるのが適度だそうです。
そして、走行中でもウォッチと肌との間に隙間ができるような動きがあると、正確に測定できないことがあります。
そこで、つける位置は「手首の裏(手のひら側)、手から遠いところ(手の付け根から10cmくらい離す)」がよいとのことです。
(手首の表だと、腕振りの時にどうしても隙間ができてしまうという)

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/09/24 11:43:33
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。
締め付けに関しましてはお書き頂いている様な感じで装着できていると思いますが、手首の表側に装着しておりました。ペースアップで腕振りが激しくなり隙間ができたという可能性が有りますね。
しばらく裏側に装着して様子を見てみたいと思います。


回答No.2
回答者
ken[8975796]
回答日時
2021/09/25 20:33:12
不適切な回答として報告する
     
こんばんは。
腕時計の心拍計は運動の強度管理には全く役に立たないと思いますよ。
ガーミンのinstinctと935を使ってますがどちらも心拍数が高く出すぎるのでwahooのticker fitを購入して時計に転送して使ってます。
ゆっくり走ったときに150なんてあり得るわけないでしょう。
全く気にされないか心拍数を参考に使われるのでしたら外付けの心拍計を買われることをおすすめします。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/09/26 13:57:03
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。私の場合はポラールの胸バンド式を使っていた時の方がもっと高く出ていたので個人差でしょうかね。wahoo参考にさせていただきます。情報ありがとうございました。

回答者からのコメント
回答日時
2021/09/26 16:09:42
不適切なコメントとして報告する
こんにちは。
胸バンドも使われてたんですね。
自転車やっててランニングも始めたので心拍計よりもパワーメーターを参考に使ってます。
ランニング用にはStrydと言うのが一番実用になりそうなのでそれを使ってます。
冬場は1時間維持できるパワーで30分かかる峠をパワーメーターの値を見ながら一定のパワーを維持して走ってます。
トレッドミルでも補正無しで走った距離を正確に計測してくれるので便利です。


回答No.3
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2021/09/26 09:40:09
不適切な回答として報告する
     
ガーミンの心拍数を測る機器は、腕時計の裏に着いているLEDによるものです。つまり、心臓の鼓動を直接測っているわけではありません。
LEDの強い光で皮膚の下を流れる血液の中の赤血球の動きを測り、独自の計算式から推測している心拍数です。

よく心拍数を手首で脈拍数から測りますよね。あれと原理は同じです。1分間に何拍指に圧を感じるかを数えます。ガーミンのLED式の心拍計は脈拍の圧を測れないので、血管内の血球の動きを見ているというわけです。

今回のウェーブ走では1km毎に1分ほどのペースの変動をしたそうですが、心拍数の変動はやや遅れて測定されます。さらに、この測定方法だとやはり不正確であったり、確実性がなかったりします。今回のようにペースを上げたときに脈拍(心拍数)数が下がるという事態が生じえます。
私もEペース走でキロ7~8分で走っていて、160bpmを超えたことが何度かあります。どうもペースが遅い方が不安定になるみたいです。まあ、それでも3kmほど走っていると安定してきますが。走り始めが不安定みたいです。正確に測定したいならば、最初の3kmくらいはアップで走り、そこからの記録を重視するのがよろしいかと思います。
または、もともとガーミンで販売している胸ベルト式の心拍計を使うことです。胸にベルトを巻き付けるので、圧迫感とわずらわしさはありますが、正確に測定できます。630Jを使っていた時は腕の心拍計がなかったので、胸ベルト式でした。これは直接心臓の鼓動を測定し、腕時計にブルートゥースで送信するので正確ですよ。

何事も頼り過ぎないで、ご自身の感覚を研ぎ澄ましていかれた方が大会でいい結果に結びつくと思います。1km毎のペースを測ってそれを追っても逆にイーブンペースで走り通せなくなります。アップダウンもありますしね。あくまでガーミンの記録は参考にしていかれることがいいと思います。余計なお世話でしょうが。。。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/09/26 14:06:15
不適切なコメントとして報告する
詳しいご回答ありがとうございます。
おっしゃる通りガーミンでの記録は目安程度に考えていたのですが、今回はちょっと想定外の挙動でしたので質問させていただいた次第です。
昨日・一昨日は徐々にペースを上げていく様にしてみたところ心拍数の計測値もペースに合わせ徐々に上がっていきうまく追従していたようです。身体の異常ではないようですし当面は数値はあまり気にしないで走っていきたいと思います。


回答No.4
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2021/09/27 14:19:14
不適切な回答として報告する
     
よしさん、ランナーズハートですね。素晴らしい。

高い負荷をかけても心拍数が下がるのは
おかしいのですが、そもそも150も低いです。
(220ー年齢)が目安です。このあたりの心拍数で
再度チャレンジすることをおすすめします。
(62歳ですが、追い込むと170を超えます)

何回かトライすることでガーミンの特徴を
つかめますので、取り組んでくださいませ。

    
質問者からのコメント
回答日時
2021/09/27 17:49:40
不適切なコメントとして報告する
回答ありがとうございます。
私も本来追い込むと170後半くらいまで上がってしまいます。今回は腕の振りでズレるか何かしたのでしょうね。
あくまでも数値は目安として深く考えすぎずに走っていこうと思います。
ありがとうございました。


    4件中  1~4件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋