本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.26904
カテゴリー
?
健康

質問者
さわちゃん[6898343]
投稿日時
2017/11/10 11:21
回答期限
2017/11/24 11:21
状態
受付中    
不適切な質問として報告する
精神疾患の克服
55歳男性です。

2007年からランニングをしておりましたが、2012年に入ると仕事が多忙で走らなくなりストレスも重なり年末にうつ病に罹患。症状としては、不眠・食欲と性欲の減退でした。2013年頭から休職し抗うつ剤を服用しながら自宅療養しましたが一向に改善しませんでした。
しかし、2015年4月からどうにか有酸素運動(最初はゆっくりとしたウォーキングを10分程度しかできませんでしたが)を始めたところわずか3カ月でまず食欲回復の兆しが現れ、徐々に運動量も増やすことができ(ジョギングに移行)症状も改善して行きました。
2016年春からは完全にランニングを再開させ、レース参戦を視野に練習を増大(月間走行距離200km超)。9月に抗うつ剤が断薬となり、うつ病を完治させることができました。
治ってから「脳を鍛えるには運動しかない」(ジョンJレイティ著・NHK出版)という本に出会い、有酸素運動はうつ病などの精神疾患全般の改善・予防に有効であることを知り、私が経験したことは理に適っていたのだと、府に落ちた次第なのです。
本著にはランニングによって精神疾患が改善した具体事例も複数記載されており、再発防止の観点もありランニングを優先して生涯続けていこうと考えていますが、如何せん、私の身近に同様の経験をした人がおらず、正直「本当なのか?」と不安に思う側面があります。

そこで皆様にお伺いいたします。
ランニングによって精神疾患や神経症状(うつ病・統合失調症・各種依存症など)を克服した経験をされた方はおられますでしょうか?


ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋