本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

脈拍数や心拍数を測る意味

走る前と走った後、脈拍をとっているランナーの姿を時折見かけますね。これには、体調をチェックする意味があります。過労、微熱、睡眠不足の状態は脈拍数に(心拍数にも)表れます。たとえば、朝起きた時の脈拍が、いつもより5、6拍/分高ければ、何らかのストレスにさらされているのかもしれません。自分の平常時の脈拍数を(心拍数も)知っておくといいでしょう。ここでは、脈拍数も心拍数も原理は同じだと考えてください。

トレーニングの効果を上げるためには、日常生活の強度を上回る運動をしなければなりません。そこで、そのトレーニングがどれくらいの運動強度であるかを知る方法のひとつに、心拍数があるのです。心拍数は、運動強度が高まるにつれて上昇します。

ウォーミングアップの段階では(ジョギングの場合)、110拍/分を目安に12~15分間。それから徐々に心拍数を上げていきます。主運動中の最大心拍数の目標は、年齢、体力などにより異なります。これについて、スポーツ医学の権威・マフェトン博士は、「180公式」を提唱しています。普通に健康な生活を送っている人の場合は「最大心拍数の目標=180―年齢」、つまり40歳なら140拍/分、60歳では120拍/分ということになります。しばらく体調が悪い時はこれから5拍をマイナスし、逆に体調が良い時は5拍プラスします。この心拍数を維持しながら走ると効果的なトレーニングができるというわけです。

クーリングダウンの段階では、徐々に心拍数を下げていき、ウォーミングアップと同じ時間をかけてトレーニング開始前の状態に戻していきましょう。

最近では、心拍数を測定するハートレイトモニターや、その機能を搭載したウォッチも市販されています。トレーニングに活用していけば、より効率的なランニングが展開できます。

※RUNNETの通販でも心拍数を測れるランニングウォッチの取扱いがあります。
RUNNET ショップ 心拍計

  • BSI