本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

ランニングが身体に良い理由


私たちは休みなく呼吸することによって、空気中の酸素を体内に取り込んでいます。その酸素は、体内で脂肪や炭水化物(グリコーゲンやブドウ糖)を燃やしてエネルギーを作り出しているのです。こうして作り出されたエネルギーは、私たちが生きていくために使われます。脳も、神経も、内臓も、筋肉も、体内に酸素を取り入れなければ正常に働くことはできません。

したがって、人間が健康的に生活していくためには、体内にしっかり酸素を取り入れる必要があります。その能力の指標となるのが「最大酸素摂取量」で、これは<ml/kg/分>の単位で表されます。1分間に、体重1kgあたり、最大で何mlの酸素を取り入れられるかを表したものです。

ある研究によれば、1km7分ペースで移動するような強度の運動(これはゆっくり走るペースです)をしていると、40ml/kg/分の最大酸素摂取量を維持できることがわかっています。運動によって体内の酸素の必要量が高まるため、それを取り入れる能力が鍛えられるのです。

いきいきと活動的な生活を実現するための最低ラインは、30ml/kg/分以上と考えていいでしょう。これを維持するための1km7分というペースは、歩くのはちょっと大変。やはり、ごくゆっくり走るペースとなります。これが「走ると身体にいい」という理由のひとつなのです。

  • BSI