本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

意外と大切、パワーの源「脂肪」

走るのに必要なエネルギーは、グリコーゲン(炭水化物を摂取することで体内に蓄えられる)だけではありません。ゆっくりジョギングや、LSD(エルエスディー=Long Slow Distance 長い距離をゆっくり走ること)の時にも、脂肪がエネルギーとして多く活用されます。

また、炭水化物は1gにつき4kcalのエネルギーとなりますが、脂肪は7kcalと高いため、ハードなトレーニングで消費カロリーが多い時は、脂肪の方が効率よくエネルギーを補給できるのです。しかし、もちろん脂肪の過度な摂取は、肥満や動脈硬化を招く危険もあります。

肉、魚、卵、牛乳などさまざまな食品に含まれる脂肪は、摂取過多になりやすい栄養素です。運動量が多くなる日中は、やや脂肪の多い食事をしても仕方ないとしても、夕食では、肉はシャブシャブにする、魚なら、脂質の多いサンマやサバは焼いて油を落とすか、マグロ、カツオの赤身、サケのような低脂肪のものを食べるといった気配りも必要です。

けれども、脂肪も大切な栄養素のひとつなのですから、全く排除するのではなく、上手くつきあっていくことが賢明です。たとえば、ビタミンA、D、Eは脂肪と一緒に摂取するとスムーズに吸収されます。小松菜、ほうれん草、ニンジンなどは、オリーブ油やエゴマオイル(シソの一種の油)といった血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす油で調理しましょう。

いずれにしても、脂肪は消化吸収に時間がかかるため、レース前は脂肪を控えた方がいいでしょう。

  • BSI