本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

ランニングの疲れを取るツボ

筋肉は、疲労すると弾力性がなくなり、硬くなる傾向にあります。それを和らげるのに効果的なのが「ツボ刺激(ツボ)」です。ツボを探す目安は、押すと痛い、気持ちがいい、あるいは他と違う感触がするという箇所です。ツボを押すポイントは、親指をツボに対し垂直に力が加わるように当て、当てた親指にゆっくり力をいれて2、3秒止め、ゆっくり力を抜いていきます(5~10回繰り返す)。押す力は、気持ちよく感じる程度とし、力を入れ過ぎないのがポイントです。以下、ランニングの疲れを取るツボを紹介します。

1.大腿部のツボ
●風市(ふうし)
「気をつけ」の姿勢で立った時に中指が当たるところ。腸脛靭帯という太い靭帯の中にあり、大腿部側面の疲労に有効。

●血海(けっかい)
膝蓋骨(お皿の骨)の内側縁の延長線上、膝蓋骨から3寸(指4本分)上のところ。内側広筋という筋肉の上にある。大腿部前面、特に、ひざ関節付近の疲労に有効。

●箕門(きもん)
血海から6寸(指4本分×2)上。大腿直筋と縫工筋という筋肉の間にある。大腿部前面の全体的な疲労に有効。


2.ひざ関節部のツボ
●委中(いちゅう)
ひざの真裏で、ひざを曲げた時にしわがよる部分があるが、その真ん中。ひざ関節、大腿部、下腿部、いずれの疲労にも有効。

3.下腿部
●足三里(あしさんり)
脛骨(すねの骨)を下からすり上げてきて止まるところの2寸(指3本分)外側。前脛骨筋という筋肉の中にあります。下腿部前面及び足関節部の疲労に有効。

●承山(しょうざん)
アキレス腱からふくらはぎの筋肉に移る中央のくぼみ。腓腹筋という筋肉の下縁にある。下腿部の疲労に有効。

  • BSI