本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

スポーツドクターとは

スポーツドクターとは何でしょうか。一般の医者とどのように違うのでしょうか。

ケガの治療をするという意味では、スポーツドクターも一般の医者も同じです。けれども、やはり実際には治療の取り組み方に差があるようです。

一般の医者にかかった場合、治療することが第一義と考えるケースが多いようです。つまり「ランニングを早く再開したい」というランナーの希望は二の次になったり、なかなか理解してもらえないようです。別に競技者じゃないんだから走らなくたっていいじゃないか、という態度の医者もいるとか。

そこで日本体育協会ではスポーツ医制度を1982年に発足させました。スポーツによって発生する障害の治療と予防を、専門的な知識と医療技術を持った医者が行うという趣旨からです。所定の講習を受け、単位を取得して初めて日本体育協会スポーツ科学研究所からスポーツ医として公認されるのです。

ランナーがケガをした場合、スポーツドクターにかかるのがいい理由は、スポーツによるケガの治療が豊富なこと、そのために故障箇所の発見も早く、適切な治療はもちろん、ランナーの立場に立ったアドバイスや指導が受けられることです。ドクター自身も走っている場合は、さらに身近なアドバイスが得られるはずです。

スポーツドクターにかかる時は、練習日誌を持参し、過去の故障状況、今回のケガに至った状況を説明できるようにしたいものです。

身近でスポーツドクターを探すには、スポーツ外来のある病院を探す、日本体育協会に問い合わせるなどの方法があります。さらに「日医ジョガーズ」という団体もあります。これは、走るお医者さんの会といったもので、加盟している医者は各地にいます。走るお医者さんなら、ランナーの気持ちもわかってくれるでしょう。

  • BSI