本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍


ランナーズ2021年2月号

サムネイル:ランナーズ2021年2月号

2020年12月22日発売
定価:780円(税込)

特集
丸ごと一冊大特集!「2020年 ランニング界を振り返る」
特集
スペシャル対談「増田明美&NHK正籬聡副会長」
特集
大盛況「GPSお絵描きラン!!」

特集ページ:丸ごと一冊大特集!「2020年 ランニング界を振り返る」

丸ごと一冊大特集!「2020年 ランニング界を振り返る」

2020年は、新型コロナウイルスの影響により世界中で大会が中止に。
多くのランナーが「目標にしていた大会が中止になって残念」という気持ちに不安を抱いたことに間違いはありませんが、「GPSお絵描きランが活況」「オンライン大会は参加賞が超豪華」「月間走り込みに半年でのべ31万6716人が参加」「1521kmの本州縦断レースを15日間で完走」など、今年の『ランナーズ』は‶ランナーとして生きる人々〟の前向きさが感じられる誌面で溢れました。
そんな特別な1年を一冊丸ごと振り返る大特集です。

特集ページ:スペシャル対談「増田明美&NHK正籬聡副会長」

スペシャル対談「増田明美&NHK正籬聡副会長」

今年2月からNHK副会長を務める正籬聡さん(59歳)を増田明美さんがインタビュー。
コロナ禍で新たに見つけたランニングライフは「街ラン」でした!!
多忙な中、3時間9分の自己ベストを出した秘訣やコロナ禍でどのようにランニングライフが変わったのかを語ります。

特集ページ:大盛況「GPSお絵描きラン!!」

大盛況「GPSお絵描きラン!!」

新聞各紙も取り上げるなど、今、注目度急上昇なのが走った軌跡で描く「GPS お絵描きラン」。本誌1月号とRUNNETで作品を募ったところ2週間で計113作品が集まりました。大反響のGPSお絵描きラン展示会を誌上開催します。

特別企画

  • コロナ禍で大注目の「月間走り込み大会」

    大会がなくなり4月に急遽決まった「月間走り込みイベント(弊社主催)」。“今こそ!走ろうにっぽん”をテーマに参加者はエイプリルランの2万7219人から増えていき、4月からの参加のべ人数は31万6716人!10月に開催したオクトーバー・ラン&ウォークにスポットを当て参加者の声や全国スポーツタウン対抗戦の結果を紹介します。

  • 世界中の人が富士山を思いながら走った「富士山マラソン2020 TATTA RUN」

    今年の富士山マラソンはオンラインで開催、世界各国のランナー1万1776人が参加しました。富士河口湖町に設置した「リアルフィニッシュ」の様子や「富士山愛」にあふれる海外ランナーの写真とコメントを紹介します。

  • コロナ禍の今「私が大会を開催する!」

    イベント参加者募集サイト「moshicom」では市民ランナーやコーチがつくる小規模レースが増加中。「1000m全力走」や「動画生中継のトラックレース」など、コロナ禍で生まれた個性豊かな大会を紹介します。

  • 活況!海外マラソン!

    約1万5000人が完走した台湾の人気レースやアジアとヨーロッパを走るトルコのレースなど、今、世界で開かれているフルマラソンをレポートします。

  • 完走わずか67人!“コロナ禍”の福岡国際マラソン

    12月6日にコロナ後初の国内エリートフルマラソンとなる福岡国際マラソンが開催。
    このレースを完走した秋山太陽さんが出走者の目から見た今年の福岡国際マラソンを伝えてくれました。

  • 「コロナ禍のスポーツメーカー」
    アシックス社長が語る「デジタルがランニングの世界を推進していく」

    株式会社アシックス代表取締役社長COOの廣田康人さんにデジタルとランニングの繋がりについて話を聞きました。

  • コロナ禍のランニングコーチ
    数カ月で収入が100万円以上減…

    大会やイベントの中止が相次いだ2020年、ランニングコーチはどのように過ごしたのか、猪瀬祐輔コーチが綴りました。
    文/猪瀬祐輔(ランニングコーチ兼芸人)

  • 「マラソン完走はやっぱり最高!」

    千葉と長崎で開催されたTrial Marathon。久々のフルマラソンを完走した参加者のゴール写真を一挙掲載!

  • 大会はアイデアが盛りだくさん「オンラインマラソンは面白い!!」

    本誌おなじみ、ラジオパーソナリティーの若ちゃんこと若林順子さんが、現在熱中しているオンラインマラソンについて、その魅力を綴りました。

連載

鏑木 毅の「失敗に学んだ」NEW
「STAY HOME」で山を走れなかった2020年
25㎏の重りを背負って自宅の階段を上り下り
文/鏑木毅(プロトレイルランナー)

Dr.小宮周平の「ランニングは最強の健康法!」NEW
「世界同時不況の今こそ走ろう!」
文/小宮周平(管理医師・専属産業医)

鉄人「ガンツ」と超人「北田」の往復書簡NEW
2018年にサハラ砂漠1000kmマラソンを完走した北田さんと
今年「本州横断 青森~下関1521kmフットレース」を完走した
ガンツこと岩立さんの往復書簡を毎月誌上で公開!
文/岩立幸一(ガンツ)・北田雄夫

イタリアからの熱血ランニング便り
「ランナーの情熱は誰にも止められない!」
文/ジャンルーカ・ディ・メオ

報知新聞・竹内記者の「箱根ランナーたちの今」
「コロナに負けるな!大作戦」
特別な箱根駅伝へ挑む青山学院大学・原監督
文/竹内達朗

金哲彦のランニング談義
「行動手段としてのランニング」「大会の存在意義」
我々は新しいスポーツ文化に遭遇するかもしれない
文/金哲彦

TATTAサタデーラン
コロナ禍で始まった6月スタートの新レース。
日本全国の参加者から届いた写真を紹介します。

コロナ禍の競技マラソン
三密回避の新レーススタイルで日本の競技マラソンに再び活気を!
文/武田薫(スポーツライター)

RUNNET CHANNEL
コロナ禍で嵐の船出、ランネットチャンネル開局!
文/京谷和央(RUNNET

ニューヨークのランナーは今
ニューヨーカーにとっての
生き方の表現≒RUNを再確認した2020年
文/巖真弓

コロナ禍でレース開催
「子どもたちのために開催したトレイルレース」
「コロナで誕生した新レース『木ぐるぐる走』」

バックナンバーを見る

7,800円で本誌10年分が読み放題
ランナーズ+(プラス)メンバーズ募集中!

ランニング最新情報(本誌)が毎月届くことはもちろん、過去10年分の記事がデジタル版で読み放題!
さらに毎週末開催している「TATTAサタデーラン」走り放題や「知っ得」スペシャル動画&コラム毎月配信など
全サービス込みで年間7,800円!
超お得な「ランナーズ+(プラス)メンバーズ」入会をお待ちしています!

お申込みはこちら

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2021年2月号

    2021年2月号

    【特集】
    丸ごと一冊大特集!「2020年 ランニング界を振り返る」

  • サムネイル:ランナーズ2021年1月号

    2020年12月号

    【特集】
    プロランナー対談 鏑木毅×川内優輝
    「夢を追い続ける!」

  • サムネイル:ランナーズ2020年12月号

    2020年12月号

    【特集】
    「走る女は美しい」

  • サムネイル:ランナーズ2020年11月号

    2020年11月号

    【特集】
    オクトーバーランがやってきた!

  • サムネイル:ランナーズ2020年10月号

    2020年10月号

    【特集】
    増田明美さんロングインタビュー
    日本の若きアスリートに学んだ「ピンチはチャンス!」

一覧へ

  • MCC
  • .finisher
  • ランフォト
  • 2018ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI