本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍


ランナーズ2020年9月号

サムネイル:ランナーズ2020年9月号

2020年07月22日発売
定価:780円(税込)

特集
2020年内「フルマラソン」開催します!
特集
海外マラソンは年内開催を続々表明
「日本の大会も諦めないで!!」
特集
週イチ継続、今夏のモチベーション維持法
「平日1kmちょっぴり頑張る走!」

特集ページ:2020年内「フルマラソン」開催します!

2020年内「フルマラソン」開催します!

「フルマラソンを走らないまま、2020年内を終えられない!」
と思っているランナーの皆さん
9月22日(火・祝)の札幌を皮切りに日本全国30会場で開催する
「トライアルマラソン」、
10月31日(土)8時に一斉スタートする
「2020日本全国TATTAフルマラソン」をご案内!
両大会ともに一生涯語り継ぐことができる
「特別な2020年、完走メダル」を授与します。
詳しくは、下記の大会HPへ

特集ページ:海外マラソンは年内開催を続々表明<br>「日本の大会も諦めないで!!」

海外マラソンは年内開催を続々表明
「日本の大会も諦めないで!!」

「参加者全員がコロナの検査を受け、1000人ずつのウエーブスタートにする(ハンブルクマラソン)」「マラソンが誕生したギリシャでパンデミック終息後の2020年にマラソンが再スタートするだろう(アテネクラシックマラソン)」など、海外のマラソンは開催を続々表明しています。
日本の大会もイチ早く再開されることを願って医師、大学研究者、大会主催者、政治家ランナーがWITHコロナの時代の大会運営を本音で語り合いました。

特集ページ:週イチ継続、今夏のモチベーション維持法<br>「平日1kmちょっぴり頑張る走!」

週イチ継続、今夏のモチベーション維持法
「平日1kmちょっぴり頑張る走!」

ランナーズ編集部が提案する今夏のモチベーション維持法は「週イチ継続、平日1kmちょっぴり頑張る走」です。
今企画には自粛期間中に「普段のジョギング中に1kmちょっぴり頑張る走を始めました!」というランナーが複数登場します。
実践した方には編集部から「よく頑張りましたで賞」を授与します。

特別企画

  • 今こそ自然を走ろう!「生きる力が湧いてくる」

    「1930年代のヨーロッパでは自然の中のランニングが社会的に尊重されていた」と語る山西先生と「ロンドンは街中に大きな公園があったが、日本には少ない。今は新宿御苑の芝生を裸足で走っている」と語る読売新聞デスクの近藤記者の対談。
    今こそ、楽しみながら自然の中を走りませんか?

  • 再録 岩本能史コーチの
    フルマラソンがもう一度速くなる「30」のスイッチ

    フォームのコツなど「今日からできる」取り組みや練習メニュー満載!
    レースの予定が立てづらい今だからこそ、新しいことにチャレンジしてみては?
    ユニークなノウハウを伝授する岩本能史コーチの「ランニング半生」も紹介。
    ※2011年弊社発刊の著書を一部編集して再録しています

  • 武田薫の「マラソン日本の近代史」

    太平洋戦争から東京五輪へ
    1950年結成「オリンピック・マラソンで優勝する会」
    文/武田薫

  • 67歳・谷義夫のサブスリーランナー「勝利への道」

    昨年のいわて盛岡シティマラソンで2時間56分39秒をマーク。
    「見えるところに目標を貼る」「練習は単純なほど良い」「坂ダッシュ、筋トレ、ジャンプは必須」など、最年長サブスリーランナーの谷義夫さんが掲げる速くなるための5つの心得を紹介します。

連載

金哲彦のランニング談義
マラソン開催には、ルールの変更が、
再開後には、ランナーの振る舞いの変化が必要
文/金哲彦

<短期新連載> コロナ禍で憂鬱なランナー日記
第4回 「あー、早くいつもの大会に出たいなあ!」
文/白土修さん

イタリアからの熱血ランニング便り
思い出の山を走って祝った結婚記念日
「今年も帰ってこれた!」
文/ジャンルーカ・ディ・メオさん

ひとり旅の君へ
白いマスクで街を走るのは
なんて不自然なんだろう
文/高石ともや

私の流儀は仕事もマラソンも全力!
5月末の「週末ひとりTATTAマラソン」
朝6時30分にゴールした“優勝者”は教師!
文教大学付属中学校・高等学校 入試広報部副部長
千葉悟さん(40歳)

日本全国ランナーのニュース&トピックス
・各地で小規模レース再開、参加者からレポート続々
・1kmダッシュ3分43秒! スーパー小3女子登場
・野生動物が目の前に! ケニアを走るレンジャーマラソン
・今年は中止でも……。サロマ湖ウルトラ「当日」に現地で走った

股関節はランナーの命
街中の坂、階段、歩道橋を積極的に走る
「シティトレイル」で股関節に刺激を!
宮川浩太さん(36歳)

諏訪通久先生の「脚の痛みは努力の証」
富士登山競走完走33回のベテラン登場
しかし、お尻の痛みで34回目に暗雲(?)

ランニング人生の楽園
富士山の麓で高原野菜を栽培
年間10レース以上に出場
佐野芳晴さん(山梨・65歳)

妻(夫)がライバル
「夫婦ランナー対決」

フルマラソン対決を続ける貨物船船長の
戸井康之さん、麻里子さんご夫妻
ハンデは40分。その理由は?
文/東海林美佳

ランナー山西哲郎のウオーキング賛歌
最終回 旅人になり大地を歩む
文/山西哲郎

岩本能史「薀蓄(うんちく)」の食歴書
人間の味覚は「魚醤」が発達させた!?
24時間走の世界選手権前は必ずベトナム料理!

豊岡示朗の知っ得 マラソンサイエンス
女性はマラソン後半、失速しにくい
理由は「冷静なペース判断力」に長けているから! ?
文/豊岡示朗

バックナンバーを見る

走る仲間のひろば、投稿募集しています!

月刊ランナーズの読者投稿ページ「走る仲間のひろば」では、ランナーの皆様からの投稿を募集しています。
ちょっと変わった大会の出走記、わたしが考えたアイデアトレーニング、勤め先の企業内ランニングクラブ、大会で見かけたランニング界の有名人など、ランニングに関することなら何でもけっこうです。
あなたの体験談、想いを、ランナーズに届けてください!

投稿フォームはこちら

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2020年9月号

    2020年9月号

    【特集】
    2020年内「フルマラソン」開催します!

  • サムネイル:ランナーズ2020年8月号

    2020年8月号

    【特集】
    2020年はスマホで大会参加!
    「TATTA サタデーラン」毎週開催します

  • サムネイル:ランナーズ2020年7月号

    2020年7月号

    【特集】
    特別な2020年は
    「週末ひとりフルマラソン」

  • サムネイル:ランナーズ2020年6月号

    2020年6月号

    【特集】
    総力特集“新型コロナ”
    「ランナーは、負けない!」

  • サムネイル:ランナーズ2020年5月号

    2020年5月号

    【特集】
    ランナーはコロナに負けない!
    ~「中止」「無返金」大会殿に、一言申す!~

一覧へ

  • MCC
  • .finisher
  • ランフォト
  • 2018ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI