本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍


ランナーズ2018年10月号

サムネイル:ランナーズ2018年10月号

2018年08月22日発売
定価:780円

特集
至福の“ヘトヘト疲労”を味わう
35km走が、マラソン快走に効く?!
特集
第71回富士登山競走
完走率43.3%! 登頂者の「歓喜の瞬間」
特別企画
忘れていませんか?
足指力ってこんなにスゴイ!

特集ページ:至福の“ヘトヘト疲労”を味わう<br />35km走が、マラソン快走に効く?!

至福の“ヘトヘト疲労”を味わう
35km走が、マラソン快走に効く?!

最近「30km走に慣れてきた」「記録が停滞気味」という方に、35km走をご提案。マラソン快走に直結することはもちろん、走り終わった後には“至福の”「ヘトヘトに疲れた感覚」を味わうことができますよ。

特集ページ:第71回富士登山競走<br />完走率43.3%! 登頂者の「歓喜の瞬間」

第71回富士登山競走
完走率43.3%! 登頂者の「歓喜の瞬間」

標高差約3000m。過酷なレースを走り切ったランナーの歓喜の表情を掲載します。最高齢ランナーを含む完走者のトレーニングも紹介。

特集ページ:忘れていませんか?<br />足指力ってこんなにスゴイ!

忘れていませんか?
足指力ってこんなにスゴイ!

足底やひざの痛みが消えた、スピードがついて初サブスリー達成etc……。
足指を鍛えたり、ケアしたことで、結果を出したランナーたちのストーリーを紹介します。

特別企画

  • やっぱり今日も走ります

    「気分が乗らない」「脚が痛い」「暑さが」「仕事が」……。
    走らない理由が色々と頭をよぎっても、結局はシューズをはいて外に飛び出していく。そんな日常のランニングの醍醐味を、テレビマン、新聞記者、外科医、ワーキングマザーなどが綴ります。

連載

今月の川内家
敗軍の将、兵を綴る
サロマ湖100kmでの「代表が遠去かった残り10km」
文/川内鮮輝

山梨学院大学陸上競技部が挑む箱根駅伝
疾風勁草知(しっぷうにけいそうをしる)

文/上田誠仁

寝ても覚めてもサブスリー
毎週30~35km走を行っても、ヘトヘトにならない?!
滋賀マスターズ

谷川真理のハッキリ申します
脱・三日坊主にはこれ!
バランスボールで「続けられる」筋トレ

ランニングが家族の絆NEW
大塚(旧姓丹羽)なほ子さん(2014年ランナーズ表紙モデル)
「妊娠・出産で体重20kg増。練習をめぐって大喧嘩」

継続は力なりNEW
「39歳で2時間12分は、この練習を取り入れたから」
400m×8本インターバルと20分ファルトレク
実井謙二郎さん(アトランタ五輪代表)

走る仲間のひろば
「28時間マラソン」を主催するサブスリー畳店店主(P50)、本州縦断1521kmを走った書道家(P50)など今月もユニークなランナーが登場

日本を走ろう
「阿蘇の箱石峠」
写真/小野口健太

TOPRUNNER の週間健康「ランニング」日記
にしおかすみこさん(43歳) タレント
フルマラソン3時間5分35秒
「TV番組収録」後にスピード走!

ランニング人生の楽園
農業・孫との遊び・犬の散歩が「トレーニング」
大森康司さん(茨城県・65歳)

マイトレーニング
震災を乗り越えてびわ湖で2時間27分台のベスト
佐藤栄寿さん(宮城県・39歳)

今年こそトレイルを走る!
高低差約250m、展望台からの景色良し(茨城県)
写真・文/河原井司(カメラマン兼ライター)

ウルトラにっぽん
自称「いいかげんなランナー」は病気を超えてウルトラを走る
向山正一さん(埼玉県・63歳)
取材・文/植松二郎

マラソンの行方
『村社講平MEMORIAL BOOK』に見る
感動を伝え継ぐ貴重な作業
文/武田 薫(スポーツライター)

恩師への手紙
荒木宏太さん(トレイルラン世界選手権日本代表)
→上田誠仁先生
「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ」

高校陸上部訪問「希望の星」
練習では全員が「一番」を狙う
都大路返り咲きを目指す工業高校
茨城県立日立工業高等学校(茨城県)

藤原 新「マラソンランナーとして生きる」
トレッドミル「傾斜走」は心肺機能を追い込むのに“適”

ニッポン全国 俺の坂
「学問の神」を祀る尾長天満宮スタート
世界遺産「厳島神社」が拝めるゴール
山際将典さん(広島県・29歳)

科学と走るランニング
毎日走るより、2日に1日2部練習が効果的?!
文/髙倉久志(同志社大学助教)

在シドニー雑誌編集長・千葉征徳の
オーストラリアラン自慢!

8万人がエントリーするシドニー最大の
ランニングイベント「 City2Surf」

もっともっとスクワット
「80歳までサブフォー」が目標
柴崎和男さん(埼玉県・72歳)

バックナンバーを見る

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2018年11月号

    2018年11月号

    【特集】
    美女トレーナー推奨のV字腹筋って?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年10月号

    2018年10月号

    【特集】
    至福の“ヘトヘト疲労”を味わう
    35km走が、マラソン快走に効く?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年9月号

    2018年9月号

    【特集】
    苦しい手前の快適走で効果あり
    速くなるには、スピード走が絶対大切!

  • サムネイル:ランナーズ2018年8月号

    2018年8月号

    【特集】
    意志さえあれば必ずできる! 言い訳無用のサブフォー宣言

  • サムネイル:ランナーズ2018年7月号

    2018年7月号

    【連載拡大版】
    川内優輝、ボストンマラソン優勝(今月の川内家)

一覧へ

  • MCC
  • ランフォト
  • 2017ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI