本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍

ランナーズ最新号

ランナーズ2018年12月号

サムネイル:ランナーズ2018年12月号

2018年10月22日発売
定価:780円

特集
やっぱり大事なのは股関節&肩甲骨
今すぐできる「快走ポーズ」
特集
レース2週間前からは疲労を抜いて
元気にスタートラインに立つ
好評連載
谷川真理が行く
「ガチユル走」で脂肪がメラメラ燃える?!

特集

やっぱり大事なのは股関節&肩甲骨
今すぐできる「快走ポーズ」

特集ページ:やっぱり大事なのは股関節&肩甲骨<br />今すぐできる「快走ポーズ」

本誌でも何度も紹介してきましたが、やっぱりランナーに大切なのは、股関節と肩甲骨。フルマラソン2時間28分台の整形外科医・諏訪通久先生と、12人の市民ランナーが、とっておきの「快走ポーズ」(ストレッチやエクササイズ等)を披露してくれました。

特別企画

  • 日本新(2時間5分50秒)が生まれたシカゴマラソン

  • 山梨学院大は通過できた? 箱根駅伝予選会

    大迫傑選手が日本新記録を出した10月7日(日)のシカゴマラソンと、10月13日(土)に行われた箱根駅伝予選会の模様をお届けします。

  • 初の2時間1分台(世界新)が出たベルリンマラソン! 44年前の初開催時は、参加者わずか286人だった

    エリウド・キプチョゲ選手が2時間1分39秒の世界新記録を樹立したベルリンマラソン。
    世界最速レースの舞台裏や、誕生秘話まで、その魅力を余すところなく紹介します。

  • 世界遺産とITの国を2万3940人が走った

    エストニアの首都・タリンで行われた「タリンマラソン」を出走レポート。

  • AIMS 総会レポート
    世界のランニング大会が直面する4つの課題とは?

    マラソン大会のマーケティングでも「女性活躍」がキーワード?!

  • 編集部・行場が銀メダルを獲得 100km世界選手権1、2位は日本人!

    クロアチアで行われた100km世界選手権で日本人が男女とも団体優勝。「超強豪国」日本の代表として出場した編集部・行場がレポートします。

  • マラソン大会とITの今

    スマホ1台で、申込も練習も応援も、こんなに便利に! 世の中変わりました(シミジミ)。

おすすめ 書籍・DVD