本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランナーズ賞

1994 RUNNERS AWARD 第7回ランナーズ賞

1994年 第7回ランナーズ賞受賞者

受賞者

佐々木功さん

佐々木功さん

1943年2月生まれ。佐々木功監督といえば思い出されるのがLSD(ロングスローディスタンス)だ。指導の成果は後に妻となった浅井えり子選手の活躍ぶりに如実に現れた。84年に著した「ゆっくり走れば速くなる」は初心者ランナーの格好の教本となり、どれほど多くの人が安全にランニングの世界に足を踏み入れ、豊かな走る喜びを獲得していったかは計り知れない。94年8月にガン告知を受け、その後闘病生活を続けていたが、95年3月13日、惜しまれながら逝去。享年52歳。

小野幹夫さん

1929年1月27日生まれ。山口100萩往還マラニック大会の最長種目250kmは、国内最長級のウルトラマラソン。主催者である小野さんは、大会開催に必要な地元自治体、警察署、チェックポイントとしてお願いする各地の民間食堂やボランティアの手配など、ほとんど1人で行う。関係する自治体は14市町村、一市町村につき、その数10カ所以上だ。最近の100kmマラソンがスピード化、競技化するのに対し、あくまで「マラニック」の名前にこだわり、参加者が話をしながら楽しく走れる大会を目指している。山口県熊毛郡在住。

小野幹夫さん

ランナーズ賞とは

  • 2016年 第29回受賞者

  • 2015年 第28回受賞者

  • 2014年 第27回受賞者

  • 2013年 第26回受賞者

  • 2012年 第25回受賞者

  • 2011年 第24回受賞者

  • 2010年 第23回受賞者

  • 2009年 第22回受賞者

  • 2008年 第21回受賞者

  • 2007年 第20回受賞者

  • 2006年 第19回受賞者

  • 2005年 第18回受賞者

  • 2004年 第17回受賞者

  • 2003年 第16回受賞者

  • 2002年 第15回受賞者

  • 2001年 第14回受賞者

  • 2000年 第13回受賞者

  • 1999年 第12回受賞者

  • 1998年 第11回受賞者

  • 1997年 第10回受賞者

  • 1996年 第9回受賞者

  • 1995年 第8回受賞者

  • 1994年 第7回受賞者

  • 1993年 第6回受賞者

  • 1992年 第5回受賞者

  • 1991年 第4回受賞者

  • 1990年 第3回受賞者

  • 1989年 第2回受賞者

  • 1988年 第1回受賞者