本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

大会レポート

Team R2 出走レポート

Team R2メンバー
2月19日「京都マラソン2017」(レポーター:藤井 ちひろさん)
フィニッシュ後、平安神宮の鳥居と一緒に

京都マラソン2017に出走しました。

8時55分に車椅子の部、9時にフルマラソンとペア駅伝の部がスタートします。

朝は気温が低く、一部路面が凍っているところもあったそうですが、スタートすると10℃くらいまで上がり、途中は汗ばむほどでした。

西京極総合運動公園をスタートし前半からアップダウンが続きます。この前半にムリをすると、15kmくらいで早くも全身に疲労が出てきてしまいます。「どこまで坂続くの……」と、まわりから聞こえてきたのが印象的でした。

一見つらそうなコースにも思えますが渡月橋をはじめ、送り火の五山、仁和寺、植物園、鴨川など、いくつもの観光地を堪能できるのです!そしてゴールは平安神宮と観光名所に囲まれた贅沢なコースです。
エイドにもトマトやみかんのほかに、酢こんぶや生八ツ橋など、京都らしさが盛り込まれています。

今回の目標は、「昨年の順位(女子総合6位)を上回る」「自己ベスト更新」でしたが両方達成することも、思い描いていたレース展開もできず3時間5分49秒(女子総合12位)という結果でした。

感謝の気持ちとたくさんの声援に応えるため、笑顔でゴールできましたが、ゴール後は悔しさと、応援してくれていた方々に申し訳ないという気持ちが込み上げ、涙が止まりませんでした(沿道からもランナーからもR2頑張れ!とたくさん声を掛けてもらい、力になりました)。

ケガを理由にこの2カ月は月間100kmくらいしか走れていなかったので、マラソンはそんなに甘くないと改めて実感しました。来年も出場できたら、この悔しさを晴らしたいと思います!

観光名所と京のはんなりした応援に囲まれて走るレース、みなさんも一緒に目指してみませんか?

大会の風景

京都マラソンでは、環境に配慮した様々な取り組みを実施。その一環として、「スタート会場等での防寒衣類の回収」が行われていました。リユース・リサイクルしたい衣類をスタート直前まで着用でき、回収した衣類はリユース・リサイクルされます。父の不要なフリースを着ました!

京都マラソンでは、環境に配慮した様々な取り組みを実施。その一環として、「スタート会場等での防寒衣類の回収」が行われていました。リユース・リサイクルしたい衣類をスタート直前まで着用でき、回収した衣類はリユース・リサイクルされます。父の不要なフリースを着ました!

スタート前の応援客席にて。ここに入るには厳しいセキュリティチェックがあります

スタート前の応援客席にて。
ここに入るには厳しいセキュリティチェックがあります

いよいよスタートです! 1万7,000人のランナーがスタート!

いよいよスタートです!
1万7,000人のランナーがスタート!

おしゃれスポット北山通りです!

おしゃれスポット北山通りです!

友達が大声で応援してくれました

友達が大声で応援してくれました

ゴールは笑顔で! たくさんの応援に囲まれてゴールしました

ゴールは笑顔で!
たくさんの応援に囲まれてゴールしました

目標達成ならず。悔しさで涙が止まりませんでした

目標達成ならず。悔しさで涙が止まりませんでした

ラン仲間と一緒に。レース中も折り返しですれ違い、励ましてもらいました!

ラン仲間と一緒に。レース中も折り返しですれ違い、励ましてもらいました!

前日のランナー受付会場です。あちこちに京都らしさが!

前日のランナー受付会場です。あちこちに京都らしさが!

ランナー受付会場には「おこしやす広場」があり、ブースがたくさん出ています

ランナー受付会場には「おこしやす広場」があり、ブースがたくさん出ています

コースを一望できるオブジェで、レースのシミュレーション!

コースを一望できるオブジェで、レースのシミュレーション!

エントリー会場には2011年の「今年の漢字」も展示されていました。東日本大震災から1年後の3月11日が第1回京都マラソンだったこともあり、復興支援もテーマのひとつとなっているようです

エントリー会場には2011年の「今年の漢字」も展示されて
いました。東日本大震災から1年後の3月11日が
第1回京都マラソンだったこともあり、復興支援も
テーマのひとつとなっているようです

参加賞はBUFF(左上)です。多くのランナーが装着して走っていました!

参加賞はBUFF(左上)です。
多くのランナーが装着して走っていました!

大会HP: http://www.kyoto-marathon.com/

藤井 ちひろ 公式Facebookページ: https://www.facebook.com/Run.TeamR2.Chihiro.F/

次回のレポートをお楽しみに!

Team R2 大会レポート一覧へ

Team R2 TOPへ戻る


ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント